検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Help us improve Analytics Education. Tell us how you like to learn!

モバイルアプリ アナリティクスの実践的な設定手法

Firebase Analytics と Google アナリティクス 360 の用途の違いを理解します。

この記事を読み終わってから、モバイルアプリ向けアナリティクスを設定してください。手順については、こちらをご覧ください。

この記事の内容:

Firebase Analytics と Google アナリティクスの違い

Firebase は、モバイルアプリの開発のためのプラットフォームで、iOS と Android のアプリを構築する際に活用すると Google サービスがより使いやすくなります。Firebase Analytics は Firebase SDK に付属しているため、Google アナリティクスをご利用になる場合でも Firebase Analytics を使用することをおすすめします。

  • アプリ専用の企業の場合: Firebase Analytics をご利用ください
  • ウェブサイトのみを運営する企業の場合: Google アナリティクスをご利用ください
  • アプリとウェブサイトの両方を運営する企業の場合: Firebase Analytics と Google アナリティクスの両方をご利用ください

Firebase を Google アナリティクスに接続すると、Google アナリティクスの管理画面で Firebase アナリティクス レポートを確認できるようになります。

Firebase Analytics と Google アナリティクス 360 の違い

Firebase Analytics Google アナリティクス 360
イベントベースのデータ収集モデル(アプリ専用) スクリーンビュー / ページビュー ベースのデータ収集モデル
無制限、無料のイベント レポート 容量制限あり、ウェブサイトやアプリからアナリティクス 360 に送信されたすべてのデータに課金
Firebase の統合機能、Google のモバイル開発プラットフォーム 単体のアナリティクス サービス、Google アナリティクス 360 スイートの一部
「初回起動」、アプリ内購入、その他のキーイベントの自動測定 デベロッパーが、明示的にスクリーンビュー トラッキングを開始したり、手動でアプリのイベントをインストルメント化したりする必要がある
複数のアプリの統合なし プロパティの統合(ウェブとモバイルアプリの両方のプロパティの統合)
アナリティクス 360 SLA 対象外 アナリティクス 360 SLA 対象

Google アナリティクスの実践的な設定手法

Google アナリティクスをご利用になる場合は、次のガイドラインに従うと、正確なデータ収集とアカウントの最適な構成管理がしやすくなります。なお、一部のガイドラインは当てはまるケースが限られます。

  • 異なるアプリはそれぞれ別のプロパティでトラッキングします。
    データが意図せずして統合されないよう、個々のアプリはそれぞれの専用プロパティで個別のトラッキング ID を使ってトラッキングします。同じプロパティでトラッキングするアプリの数が限定されていれば、アカウントの制限に達しにくくなり、データのサンプリング処理を回避できます。
  • プラットフォームが異なる同一アプリは、別々のプロパティでトラッキングします。
    異なるプラットフォームを対象に同一アプリを開発した場合は(例: Android 向け MyApp と iOS 向け MyApp など)、プラットフォームごとに個別のプロパティでアプリをトラッキングします。データをまとめて確認したい場合は、AdMob アカウントを作成してロールアップ プロパティをご利用ください。そのうえで、新しいビューを設定すれば、Google アナリティクスのレポート内で掲載結果のデータを整理、比較することができます。
  • エディションの異なるアプリは、機能の類似性に基づいてトラッキングします。
    エディションの異なるアプリ(例: MyApp のオリジナル エディションとスペシャル エディションなど)は、同じプロパティでトラッキングしても別のプロパティでトラッキングしてもかまいません。プロパティを分けるかどうかは、エディション間の類似性とレポートの最終的な目標に基づいて、次の方法で判断してください。
    • 機能や動作が大きく異なるエディションは、別々のプロパティでトラッキングします。 これにより、関連性のないデータが誤って比較や統合の対象となる事態を防ぐことができます。
    • 類似性の高いエディションは、同じプロパティでトラッキングします。 これにより、アナリティクス レポートでデータを統合したり、直接比較したりできます。
  • バージョンの異なるアプリは、同じプロパティでトラッキングします。
    既にトラッキングしているアプリの別バージョンは、Google アナリティクスで自動的に認識されるため、新バージョンをリリースするたびに新しいプロパティを作成する必要はありません。たとえば、MyApp オリジナル エディションのバージョン 1 とバージョン 1.5 は、同じプロパティでトラッキングします。そして、アプリの古いバージョンと新しいバージョンを比較する際には、「アプリのバージョン」レポートを使用します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。