検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

概要

ウェブテストとクローキング

クローキングとは、ユーザーに表示するウェブページとは異なるページを検索エンジンに提示し、検索インデックスでのランキングを不正操作する行為のことです。

ウェブテストなどのテスト ツールを適正に使用している場合は、Google でクローキングと見なされることはありません。

テストは、建設的な姿勢で実施することをおすすめします。ウェブページを最適化すると、コンバージョンの増加だけでなく、最も必要とされる情報の迅速な表示にもつながるため、広告主様にもユーザーにもメリットがあります。テストがクローキングと誤解されないよう、次の一般的なガイドラインに従うことをおすすめします。

  • パターンのページでは、オリジナルのページのコンテンツの趣旨を受け継ぐ必要があります。オリジナル コンテンツの意図やユーザーに与える印象が変わらないようにしてください。

  • ソース コードは常に最新の状態を維持します。十分なデータが集まり次第テストは終了となるので、その後はテスト ページのソース コードを更新し、成果が高いと判明した各種要素の組み合わせをすぐに反映するようにしてください。

サイトが Google のウェブマスター向けガイドラインに違反している場合や、虚偽内容の記載や不正行為が確認された場合、Google ではそのサイトに対して適切な措置を講じる権限を有しています。たとえば、サイトのオリジナルのページに、ユーザーに表示されるコンテンツとは関連のないキーワードが詰め込まれている場合は、そのサイトをインデックスから削除することができます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。