検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

概要

ウェブテストの管理画面

テスト設定は、画面に表示される手順に沿って行うほか、新しく導入された Experiments API を使用しても行えます。

ウェブテストの主要な機能として、テスト設定ウィザード、テストリスト、テストごとの個別レポートが用意されています。テストのデータは、Google アナリティクスのビューでも参照できます。

テスト設定ウィザード

テストをまだ作成していない場合は、ウェブテストを開いた時点で、テスト設定ウィザードの概要ページが表示されます。このページからテストを作成するには、[テストを開始] をクリックします。

テストを既に作成している場合は、ウェブテストを開くとテストリストが表示されます。

このページからテストを作成するには、[テストを作成] をクリックします。

概要ページとテストリストのどちらを使用する場合でも、表示される設定ウィザードに従って次の 4 つの手順を行ってください。

  1. テストの目的を選択する

    コンバージョン数を改善したい場合はその目標、掲載結果を改善したい場合はその指標と、テスト対象のトラフィックの割合を選択します。

  2. オリジナルのページとパターンのページを特定する

    テストするオリジナルのページとそのパターンのページ(10 パターンまで)の URL をそれぞれ入力します。

  3. オリジナルのページにテストコードを追加する

    テストでは主に Google アナリティクスのトラッキング コードを使用しますが、テスト用のコードも追加する必要があります。ページのソースコードの取り扱いに慣れておらず、サポートが 利用可能な場合は、ウェブテスト内からメールでコードをサポート担当者に送信できます。



    [次のステップ] をクリックすると、オリジナルのページとパターンのページが正常に機能しているかどうかの確認が行われます。
  4. 設定を確認してテストを開始する
    設定を確認してから、テストを開始します。

テストの設定時には、入力したすべての情報が自動的に保存されるので、いつでも設定を中止し、必要に応じて再開できます。テストの設定を再開するには、リストを開いてテスト名をクリックします。

テストリスト

最初のテストを作成した後は、ウェブテストを開いたときにテストリストが表示されるので、すべてのテストの概要をすばやく確認できます。

テストリストで確認できる内容は次のとおりです。

  • テストに関する重要な通知
  • 実施中のテスト
  • テストの結果(成果の高いページが特定されたかどうか)
  • テストの開始日
  • テストの終了日

このページでは、新しいテストの作成と既存のテストの検索を行うことができます。

テストのレポート

リスト内のテストをクリックすると、そのテストの詳細なレポートが表示されます。

レポートの内容は次のとおりです。

  • テストのステータス
  • テスト対象ページの成果
  • テストの結果(他のページより明らかに成果の高いページが存在するかどうか)

テストに対し、次の操作を行うこともできます。

  • テストを停止する
  • テストページを表示するユーザーの割合を変更する
  • テストの変更内容に関するメールの通知先を変更する
  • 特定のページを無効にする

 

次のステップ

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。