Search Console の概要

アナリティクスの Search Console レポートを使うと、オーガニック検索トラフィックの掲載結果に関する情報を確認できます。ユーザー検索クエリのようなデータや、お客様のサイトの URL が検索結果に表示された回数(表示回数)だけでなく、直帰率や e コマースのコンバージョン率のようなクリック後のデータも確認することができます。このデータを組み合わせて活用することで、サイトを改善して、今まで以上に収益性の高いトラフィックを実現することができます。

この記事の内容:

Search Console レポートを確認する

Search Console レポートを確認するには:

  1. Search Consoleサイトを追加し、所有権を確認します。
    Search Console を初めて使用する場合は、サイトに Search Console を追加して、アナリティクスの SEO レポートに表示する検索クエリデータを収集する必要があります。
  2. アナリティクスで SEO レポートを設定します。

SEO レポートを表示するには:

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. 目的のビューに移動します。
  3. [レポート] を開きます。
  4. [集客] > [Search Console] を選択します。

ディメンションと指標

Search Console のデータは Google アナリティクスのセグメントに対応していません。Search Console のレポートにセグメントを適用すると、アナリティクスの指標は分割されますが、Search Console の指標は分割されず、値 0 が返されます。

レポートには、以下の Search Console およびアナリティクスのディメンションと指標が表示されます。

ディメンション

  • 検索クエリ
  • ランディング ページ
  • デバイス

指標

集客

  • 表示回数(Search Console)
  • クリック数(Search Console)
  • クリック率(Search Console)
  • 平均掲載順位(Search Console)
  • セッション(アナリティクス)

行動

  • 直帰率(アナリティクス)
  • ページ / セッション(アナリティクス)

コンバージョン

  • e コマースのコンバージョン率(アナリティクス)
  • トランザクション数(アナリティクス)
  • 収益(アナリティクス)

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
独自の学習プログラムを選択する

Google アナリティクス 4 を最大限に活用するための新しいリソースをご確認ください(google.com/analytics/learn)。新しいウェブサイトには、動画、記事、ガイド付きフローが含まれ、Google アナリティクスの Discord、ブログ、YouTube チャンネル、GitHub リポジトリへのリンクも記載されています。

今すぐ学習を始める

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
16081225152160301663
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
69256