Dimensions and metrics

[GA4] ユーザーに関する指標を理解する

Google アナリティクスがユーザーに関する指標を使ってユーザーを分類するさまざまな方法

Google アナリティクスには複数のユーザー指標が用意されています。ユーザー指標を使うと、ウェブサイトまたはアプリを訪れるユーザーの数をさまざまな方法で把握できます。

主な相違点

サイトまたはアプリにアクセスしたユーザーの数を定義するのに使用される、主なユーザー指標は次のとおりです。

  • 「合計ユーザー数」: 指定した期間にサイトまたはアプリにアクセスしたユーザーの合計数。
  • 「アクティブ ユーザー数」(または単に「ユーザー」): 指定した期間にサイトまたはアプリを利用したユーザーの数。
  • 「新規ユーザー数」: 指定した期間にサイトまたはアプリにアクセスしたユーザーのうち、過去にサイトまたはアプリにアクセスしたことがないユーザーの数。
  • 「リピーター」: 指定した期間にサイトまたはアプリにアクセスしたユーザーのうち、過去にサイトまたはアプリにアクセスしたことがあるユーザーの数。

なお、すべての新規ユーザーがアクティブであるとは限らないため、新規ユーザー数がアクティブ ユーザー数を超える可能性があります。ただし、新規ユーザー数とアクティブ ユーザー数が合計ユーザー数を超えることはありません。

詳細な比較

各ユーザー指標の定義を次の表に示します。

指標 概要 データ入力の方法

合計ユーザー数

指定した期間にイベントをトリガーしたユニーク ユーザーの数。

この指標は自動的に入力されます。

新規ユーザー数

指定した期間に first_open イベントまたは first_visit イベントがログに記録された、新しいユニーク ユーザーの数。

この指標は自動的に入力されます。

アクティブ ユーザー数

(レポートでは「ユーザー」)

指定した期間にサイトまたはアプリを利用したユニーク ユーザーの数。

エンゲージメント セッションが発生するか、アナリティクスで以下の情報が収集されると、アクティブ ユーザーとして認識されます。

この指標は自動的に入力されます。

リピーター

指定した期間に、過去のセッションを 1 回以上開始したユニーク ユーザーの数。過去のセッションがエンゲージメント セッションだったかどうかは関係ありません。

この指標は自動的に入力されます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー