この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2023 年 10 月 1 日)をもってデータ処理が停止されます。

[GA4] e コマースデータ探索ソリューション

データ探索を作成して e コマースデータを確認する

ウェブサイトまたはアプリで e コマース イベントを設定すると、e コマース購入レポートを使って e コマースのデータを参照できます。編集者以上の権限があれば、レポートをカスタマイズして、追加のディメンションと指標を表示することもできます。

Google アナリティクス内でデータをさらに深く調べる(例: 購入の目標到達プロセスを調べる)場合は、さまざまなデータ探索の手法を使用できます。この記事では、e コマースのデータのさまざまな側面を探索するための、おすすめの方法をご紹介します。

: この記事で挙げられている例は、Google アナリティクスのデモ用アカウントに基づいています。このアカウントにアクセスできることを確認してから、以下の手順を行ってください。

購入の目標到達プロセスのパフォーマンス

購入の目標到達プロセスを作成すると、ユーザーがどの時点で購入手続きを放棄したかを確認できます。たとえば、アカウントへのログインが要求される最初のステップで多くのユーザーがプロセスを放棄してしまう場合、手続きを簡素化するために、ゲストとして決済するオプションを追加するか、既存の Google または Twitter のアカウントでログインできるようにすることを検討してください。

プロセス上のどのポイントでも、放棄率が高い場合は技術的な問題が発生している可能性もあります。たとえば、ユーザーが別のアカウントでログインした場合、OpenID 認証を受け入れる際に問題が発生します。あるいは、ページの読み込み時間が過度に長い、といったシンプルなケースも考えられます。

放棄の理由が明確でない場合は、ユーザビリティ テストを実施してください。

ステップ

1. 新しい目標到達プロセスデータ探索を作成します。

目標到達プロセスデータ探索のテンプレートから始めます。

  1. GA4 - Google Merchandise Store デモプロパティを選択します。
  2. 左側のナビゲーションで [探索] をクリックします。
  3. [新しいデータ探索を開始する] で [目標到達プロセスデータ探索] をクリックします。

2. 購入の目標到達プロセスにステップを追加します。

まず、このデータ探索に必要ではないステップを削除します。

  1. [タブの設定] で、各ステップの横にあるアイコン Clear. をクリックします。
  2. [ステップ] の横にある編集アイコン 編集 をクリックします。
  3. [ステップ 1] の横に「購入手続きの開始」と入力します。
  4. [新しい条件を追加] プルダウンをクリックし、[begin_checkout] を選択します。
  5. [AND] をクリックします。
  6. [ステップ 2] の横に [お支払い情報を追加] と入力します。
  7. [新しい条件を追加] プルダウンをクリックし、add_payment_info を選択します。
  8. [ステップ 3] の横に「配送情報を追加」と入力します。
  9. [新しい条件を追加] プルダウンをクリックし [add_shipping_info] を選択します。
  10. [ステップ 4] の横に「購入」と入力します。
  11. [新しい条件を追加] プルダウンをクリックし、[購入] を選択します。
  12. [適用] をクリックします。

3.(省略可)データ探索にデータを追加する

目標到達プロセスの下にある表で国ごとの内訳を確認するステップは次のとおりです。

  1. [タブ設定] で [内訳] にある Clear. をクリックします。
  2. [国] ディメンションを [ディメンション] から [内訳] にドラッグします。
: 購入手続きの目標到達プロセス内の前のステップを完了せずに購入の目標到達プロセスのステップを完了したユーザーの数を測定するには、オープン型の目標到達プロセスデータ探索を作成します。たとえば、ユーザーが 1 回のセッション中にカートに何かを追加してから、その後のセッションで購入を完了するために戻ってきた場合、目標到達プロセスでは、ユーザーが購入手続きに再度入ったとカウントされます。

プロモーションの掲載結果

プロモーションが表示された頻度と、それらのプロモーションの表示回数とクリック数が収益に与えた影響を測定できます。このセクションで説明するデータ探索では、アイテム プロモーションの表示回数の推移が表示されますが、ディメンションと指標を使用して、よりカスタマイズされたデータ探索を作成することもできます。

ステップ

1. 新しい自由形式のデータ探索を作成します。

自由形式のテンプレートを使って始めます。

  1. GA4 - Google Merchandise Store デモプロパティを選択します。
  2. 左側のナビゲーションで [探索] をクリックします。
  3. [新しいデータ探索を開始する] で、[自由形式] をクリックします。

2. 「プロモーション」のディメンションと指標を使用できるようにします。

必要なディメンションと指標はデフォルトでは利用できないため、追加する必要があります。

  1. [変数] で、[ディメンション] の横の 追加アイコン。 をクリックします。
  2. [アイテム プロモーション名] チェックボックスをオンにします。
  3. [インポート] をクリックします。
  4. [変数] で、[指標] の横の 追加アイコン。 をクリックします。
  5. [アイテム プロモーションの表示回数] チェックボックスをオンにします。
  6. [インポート] をクリックします。

3.ディメンションを追加して、ビジュアル表示を変更します。

  1. [アイテム プロモーション名] ディメンションを [内訳] にドラッグ&ドロップします。
  2. [アイテム プロモーションの表示回数] 指標を [値] にドラッグ&ドロップします。
  3. [タブの設定] で [折れ線グラフ] を選択します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false
false