検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

サイトの速度について

 

「サイトの速度」カテゴリのレポートには、コンテンツの読み込み速度や応答速度が表示されます。これらのレポートを参照して改善を要する領域を特定したり、その後の改善状況を確認したりできます。

「サイトの速度」カテゴリのレポートでは、以下の 3 種類の反応時間を測定します。

  • サイト上でサンプルに設定したページビューの表示時間。複数のディメンションを基準にデータを表示し、さまざまな観点からページの読み込み速度を確認できます(ブラウザ別、国別など)。これらのデータはページ速度レポートに表示されます。
  • トラッキングの対象にしている個々のクリック、イベント、ユーザー操作の実行速度または読み込み時間(画像の表示時間やボタンのクリックの反応時間など)。[ユーザー設定速度] レポートで参照できます。
  • ブラウザがドキュメントを解析し、ユーザーの操作が可能になるまでの時間。このデータを参照するのに追加の設定は必要ありません。このデータは、[ページ速度] レポートの [DOM 速度] サブタブで参照できます。
この記事の内容:

サイトの速度に関するデータを表示する

ページ速度レポートと速度についての提案レポートにデータを表示するときは、トラッキング コードを変更しないでください。カスタム速度] レポートを使用するには、そのための設定が必要になります。デベロッパー ガイドの説明に従ってください。

サイトの速度のレポートを表示するには:

  1. Google アナリティクス アカウントにログインします。
  2. 目的のビューを表示します。
  3. [レポート] タブを選択します。
  4. [行動] > [サイトの速度] の順に選択します。

ページ速度レポート

ページ速度レポートでは、個々のページのパフォーマンスを詳細に分析できます。このレポートは、次のタブとサブタブで構成されています。

  • エクスプローラ: 各種のプライマリ ディメンションとセカンダリ ディメンションを基準とするページ データ
    • 利用状況: ページビュー数や直帰率などの操作に関する基本的な指標
    • 技術: ネットワークとサーバーに関する指標
    • DOM 速度: ドキュメント解析に関する指標
  • 分布: さまざまな指標の時間バケット
  • 地図表示: 各種のプライマリ ディメンションとセカンダリ ディメンションを基準とする地域データ
    • 利用状況: ページビュー数や直帰率などの操作に関する基本的な指標
    • 技術: ネットワークとサーバーに関する指標
    • DOM 速度: ドキュメント解析に関する指標

速度についての提案レポート

お客様のサイトを最適化するための提案が表示されます。これらの提案を参考にして、ページの読み込み速度を改善してください。ページの改善案を表示する方法は次のとおりです。

  1. [行動] > [サイトの速度] > [速度についての提案] で、最適化するページの [PageSpeed の提案] 列にあるリンクをクリックします。[ページの表示速度の分析] ページが開きます。
  2. 左側のナビゲーションで、ページの改善につながる提案のリンクをクリックします。その提案がサイトに対して表示された理由と、提案の実行方法が表示されます。

多くのウェブページには、広告のような動的コンテンツ(ページを読み込むたびに異なるコンテンツが表示される)が含まれます。そのため、Google アナリティクスに表示されるページのスコアや提案事項は、PageSpeed レポートと若干異なることがあります。

[PageSpeed の提案] 列に [ヘルプ] と表示される場合は、指定 URL のページを分析できなかったことを示しています。しばらくしてから、もう一度お試しください。問題が解決しない場合は、次のような理由が考えられます。

  • [ビュー設定] の [ウェブサイトの URL] セクションで設定したホスト名がウェブサイトの有効なホスト名ではない。
  • サイトの速度についての提案レポートに表示されている URL がウェブサイトの有効な URL ではない。
  • 複数のサブドメインをトラッキングしていて、使用しているホスト名が複数ある。
  • ビューフィルタを設定していて、URL が書き換えられている。
  • ページへのアクセスに認証が必要である。

レポートの提案を実行するための技術的な情報をはじめ、PageSpeed ツールによる分析と最適化についてはデベロッパー向けガイドをご覧ください。

PageSpeed スコアは、ページの読み込み速度をどの程度改善できるかを示しています。このスコアが高いほど改善の余地が少なく、スコアが低ければ改善の余地が残っているといえます。つまり、スコアは速度の指標ではなく、速度の改善の余地を示すものですのでご注意ください。

スコアが 100 の場合、ページの分析は完了していますが、改善の提案はありません。スコア列に [None] と表示されている場合は、ページの分析中にエラーが発生しました。後ほどレポートを作成して、分析が完了しているかどうかを確認できます。スコアの欄がすべて空白の場合や、スコアが表示されている数がわずかしかなく、通常よりも少ない場合、タイムアウトが発生している可能性があります。

カスタム速度レポート

カスタム速度レポートでは、画像、動画、ボタンなど、個々のリソースのパフォーマンスを詳細に解析できます。このレポートのタブは以下のとおりです。

  • エクスプローラ: さまざまなプライマリ ディメンションとセカンダリ ディメンションを基準とするリソース データ
  • 分布: さまざまな指標の時間バケット
  • 地図表示: さまざまなプライマリ ディメンションとセカンダリ ディメンションを基準とする地域データ

注意事項

  • サイトの速度をトラッキングしてもサイトの直帰率に影響することはありません。
  • サイトの速度のトラッキングは、HTML5 Navigation Timing インターフェース対応のブラウザか、Google ツールバーがインストールされたブラウザでのみ実施できます。該当する主なブラウザには、Chrome、Firefox 7 以降、Internet Explorer 9 以降、Android 4.0 以降のブラウザと、Google ツールバーがインストールされた Internet Explorer の以前のバージョンなどがあります。
  • なお、ページの平均読み込み時間の計算方法が 2011 年 11 月に変更され、リダイレクト時間が含まれるようになりました。これにより、サイトのリダイレクト数や頻度によっては、サイト全体のページの読み込み時間が増加する場合があります。また、データを期間で比較する場合は、2011 年 11 月より前のデータにはリダイレクト時間が含まれていない点にご注意ください。
  • 2011 年 11 月 16 日頃から、多くのサイトでページの平均読み込み時間が増加しました。こうした数値の増加は実際のサイトの速度の問題ではなく、Firefox の Navigation Timing の実装(ナビゲーション開始の計算方法)におけるバグによるものです。このため、Firefox で表示されたページについては、平均リダイレクト時間とページの平均読み込み時間の値が高くなります。この問題を修正した Firefox 9 は 2011 年 12 月 10 日にリリースされ、その後 1 か月以内に自動アップデートが実施されました。問題が修正されるまでの間にページの読み込み時間が増加した場合は、「ブラウザ」ディメンションのデータを確認することで Firefox のバグによるものかどうかを判断できます。
  • デフォルトでは、ユーザーの 1% をサンプリングしたデータプールを基に、ページ速度の指標データが算出されます。サイトの速度のサンプリング レートを指定する方法については、トラッキング コード リファレンスをご覧ください。
  • サイトの速度レポートの以前のバージョンでは、トラッキング コードを変更して _trackPageLoadTime を追加する必要がありました。この廃止された関数を呼び出しているサイトでは、依然として 10% のサンプリング レートで速度データが収集されますが、この呼び出しは将来的に無視され、デフォルトの 1% までサンプリング レートが引き下げられる予定です。サンプリング レートを引き上げる場合は、トラッキング コードに setSiteSpeedSampleRate() を追加することをおすすめします。

関連資料

google-developers-svg

カスタム速度(analytics.js)

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。