MCF チャネル(MCF チャネル グループ)について

マルチチャネル(MCF)レポートで使用されるチャネルについて説明します。

マルチチャネル(MCF)レポートでは、各チャネルはトラフィックの流入元(参照元)です。MCF チャネル グループは既定のラベルセットで、レポートで表示するチャネルまたはチャネル グループに各ラベルが適用されます。

この記事の内容:

MCF チャネルの定義

MCF チャネル グループでは以下のチャネルラベルが定義されており、これらはレポートの既定ラベルとして使用されます。チャネルの定義では大文字と小文字を区別しません。

チャネル 説明
Display メディアが "display" または "cpm" の接点。広告配信ネットワークが content に設定されている Google 広告の接点も含まれます
Paid Search Google 広告の検索ネットワークまたはその他の検索エンジン由来で、メディアが "cpc" または "ppc" のトラフィック 
Other Advertising "cpc",、"ppc"、"cpm"、"cpv"、"cpa"、"cpp"、"affiliate" のメディアのタグが設定されているセッション(Paid Search は除外)
Organic Search 任意の検索エンジンでの無料検索からのトラフィック(メディアが "organic" の場合)
Social Network 約 400 のソーシャル ネットワークのうちいずれかからのトラフィック(広告としてタグが設定されていない場合)
Referral ソーシャル ネットワーク以外のウェブサイトからのトラフィック
Email "email" メディアのタグが設定されているセッション
Direct ウェブサイトの URL をブラウザに入力したか、ブックマークからサイトにアクセスしたユーザーによるセッション(参照元が "(direct)"、メディアが "(not set)" または "(none)" の場合)
(unavailable) または (other) どのチャネルの定義にも一致しないセッション

 

デフォルト チャネル グループでは、キャンペーン マネージャー、ディスプレイ&ビデオ 360、検索広告 360 のディメンションを使用できません。ただし、自分で作成したカスタム チャネル グループでは、これらのディメンションを使用できます。

データの表示方法の選択

「アシスト コンバージョン」レポートと「コンバージョン経路」レポートでは、MCF チャネル グループ(上記の表のラベル)、独自のカスタム チャネル グループ、参照元、参照元 / メディア、その他のオプションに基づいてデータを表示できます。この表示は、レポートの表の上にあるプライマリ ディメンションで切り替えます。

  • [MCF チャネル グループ] では、上記の表に示すラベルに基づいてチャネルを整理できます。
  • [チャネル グループ] を選択すると、独自のラベルをチャネル グループとして定義できます。
  • [参照元]、[参照元 / メディア]、[メディア]、または [その他] プルダウン リストの項目を選択すると、参照元、メディア、キーワード(該当する場合)、キャンペーン(該当する場合)に基づいてチャネルを表示できます。たとえば、example.com からの参照はレポートに次のように表示されます。
    • 参照元: example.com
    • メディア: referral
    • 参照元 / メディア: example.com/referral

関連資料

MCF チャネル グループの詳細と独自のラベルを定義する方法については、MCF チャネル グループを作成、使用するをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。