[GA4] トラフィック ソースのディメンション、手動タグ設定、自動タグ設定について

トラフィック ソースのディメンションは、トラフィックの発生元(google、baidu、bing などの参照元)と、ユーザーがサイトやアプリにアクセスしたきっかけ(オーガニック、クリック単価、メールなどのメディア)、およびそのトラフィックを誘導するために使用した特定のマーケティング活動(キャンペーン、クリエイティブ フォーマット、キーワードなど)に関する情報を示します。

アナリティクスでは、リンク先 URL に手動でタグを設定するか、アナリティクスと広告プラットフォームの統合を作成し、そうした統合で利用できる自動タグ設定機能を使って、トラフィック ソースのデータを収集することも可能です。

手動タグ設定と自動タグ設定のどちらを使用する場合も、レポートとデータ探索およびオーディエンスとセグメント ビルダーで、パラメータおよびパラメータ値がディメンションおよびディメンション値として表示されます。

手動タグ設定

アナリティクスとさまざまな広告プラットフォーム(Google 広告、ディスプレイ&ビデオ 360、検索広告 360 など)の統合を作成しない場合は、UTM パラメータを使って広告のリンク先 URL に手動でタグを設定して、基本的な一連のトラフィック ソース ディメンションを収集できます。

パラメータ ディメンション
utm_source

手動の参照元

ユーザーの最初の手動の参照元

セッションの手動参照元

utm_medium

手動のメディア

ユーザーの最初の手動のメディア

セッションの手動メディア

utm_campaign

手動キャンペーン名

ユーザーの最初の手動キャンペーン名

セッションの手動キャンペーン ID

utm_term

手動キーワード

セッションの手動キーワード

最初のユーザーの手動キーワード

utm_content

手動コンテンツ

セッションの手動コンテンツ

最初のユーザーの手動コンテンツ

utm_source_platform

手動参照元プラットフォーム

セッションの手動参照元プラットフォーム

ユーザーの最初の手動参照元プラットフォーム

utm_creative_format

クリエイティブのフォーマット

セッションのクリエイティブ フォーマット

最初のユーザーのクリエイティブ フォーマット

utm_marketing_tactic

マーケティング戦術

セッションのマーケティング戦術

最初のユーザーのマーケティング戦術

utm_creative_formatutm_marketing_tactic は、現在 Google アナリティクス 4 プロパティのレポートには含まれていません。

手動タグ設定を使用する場合は、以下の例のように、リンク先 URL の各パラメータの値を指定します。

http://www.example.com/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=summersale

URL は、アナリティクスの URL 生成ツールを使って作成できます。

手動タグ設定と自動タグ設定を同時に使用している場合、参照元やメディアなどのトラフィック分類ディメンションでは、自動でタグ設定された値が使用されます。手動広告コンテンツと手動キーワードのディメンションには、utm_content と utm_term の値を手動でタグ設定した値が使用されます。

詳しくは、utm パラメータと URL 生成ツールの仕組みについてをご覧ください。

自動タグ設定

Google アナリティクスのプロパティをさまざまな広告プラットフォームと統合する場合は、それぞれの統合に実装されている自動タグ設定機能を使用できます。自動タグ設定では、プラットフォーム固有のディメンションを使用できるほか、手動タグ設定よりも多くのディメンションを使用できます。

クロスチャネルのユーザー獲得データを把握するには、参照元、セッションの参照元、最初のユーザーの参照元などのクロスチャネル ディメンションを使用することをおすすめします。これにより、検索広告 360 の参照元、検索広告 360 のセッションの参照元、検索広告 360 の最初のユーザーの参照元など、プラットフォーム固有のディメンションを使用して、特定の広告プラットフォームのユーザー獲得データを分析できます。

以下のリストでは、アナリティクスと広告プラットフォームを統合する際に自動タグ設定によって提供されるディメンションを示しています。

以下のディメンション名は、ディメンション名のルートを構成しています。完全なディメンション名の形式は以下のとおりです。

[スコープ] [リンクされたサービス] [ディメンション]

例: セッションの Google 広告の広告キャンペーン(スコープ = セッション、リンクされたサービス = Google 広告、ディメンション = キャンペーン)

Google 広告

Google 広告パラメータを使って自動タグ設定が行われた URL には、GCLID パラメータが含まれます。自動タグ設定には、イベント、セッション、ユーザー スコープが追加された以下のディメンションが用意されています。

  • Google 広告のアカウント名
  • Google 広告の広告グループ ID
  • Google 広告の広告グループ名
  • Google 広告の広告ネットワーク タイプ
  • Google 広告の広告キャンペーン
  • Google 広告のお客様 ID
  • Google 広告のキーワード テキスト
  • Google 広告クエリ

キャンペーン マネージャー 360

キャンペーン マネージャー 360(CM360)パラメータを使って自動タグ設定が行われた URL には、GCLID パラメータが含まれます。自動タグ設定には、イベント、セッション、ユーザー スコープが追加された以下のディメンションが用意されています。

  • CM360 アカウント ID
  • CM360 アカウント名
  • CM360 広告主 ID
  • CM360 広告主名
  • CM360 キャンペーン ID
  • CM360 キャンペーン名
  • CM360 クリエイティブ フォーマット
  • CM360 クリエイティブ ID
  • CM360 クリエイティブ名
  • CM360 クリエイティブ タイプ ID
  • CM360 クリエイティブ タイプ名
  • CM360 クリエイティブ バージョン
  • CM360 デフォルト チャネル グループ
  • CM360 メディア
  • CM360 プレースメントの課金形態
  • CM360 プレースメント ID
  • CM360 プレースメント名
  • CM360 レンダリング ID
  • CM360 サイト ID
  • CM360 サイト名
  • CM360 ソース
  • CM360 参照元 / メディア

ディスプレイ&ビデオ 360

ディスプレイ&ビデオ 360 のパラメータを使って自動タグ設定が行われた URL には、DCLID パラメータと GCLID パラメータ、またはその一方が含まれます。自動タグ設定には、イベント、セッション、ユーザー スコープが追加された以下のディメンションが用意されています。

  • ディスプレイ&ビデオ 360 広告主 ID
  • ディスプレイ&ビデオ 360 広告主名
  • ディスプレイ&ビデオ 360 キャンペーン ID
  • ディスプレイ&ビデオ 360 キャンペーン名
  • ディスプレイ&ビデオ 360 クリエイティブ フォーマット
  • ディスプレイ&ビデオ 360 クリエイティブ ID
  • ディスプレイ&ビデオ 360 クリエイティブ名
  • ディスプレイ&ビデオ 360 デフォルト チャネル グループ
  • ディスプレイ&ビデオ 360 エクスチェンジ ID
  • ディスプレイ&ビデオ 360 エクスチェンジ名
  • ディスプレイ&ビデオ 360 広告掲載オーダー ID
  • ディスプレイ&ビデオ 360 広告掲載オーダー名
  • ディスプレイ&ビデオ 360 広告申込情報 ID
  • ディスプレイ&ビデオ 360 広告申込情報名
  • ディスプレイ&ビデオ 360 のマーケティング戦術
  • ディスプレイ&ビデオ 360 メディア
  • ディスプレイ&ビデオ 360 パートナー ID
  • ディスプレイ&ビデオ 360 パートナー名
  • ディスプレイ&ビデオ 360 サイト ID
  • ディスプレイ&ビデオ 360 サイト名
  • ディスプレイ&ビデオ 360 参照元
  • ディスプレイ&ビデオ 360 参照元 / メディア

重要: YouTube でキャンペーンを配信していない場合は、トラフィック ソースが適切に関連付けられるように、拡張アトリビューションは有効にしたままで YouTube の自動タグ設定を無効にすることをおすすめします。YouTube の自動タグ設定と拡張アトリビューションの両方が有効になっていると、ディスプレイ&ビデオ 360 でディスプレイ キャンペーンのトラフィックが Google 広告のトラフィックとして記録されるためです。

検索広告 360

検索広告 360 パラメータを使って自動タグ設定が行われた URL には、GCLID パラメータが含まれます。自動タグ設定には、イベント、セッション、ユーザー スコープが追加された以下のディメンションが用意されています。

  • 検索広告 360 広告グループ ID
  • 検索広告 360 広告グループ名
  • 検索広告 360 キャンペーン ID
  • 検索広告 360 キャンペーン名
  • 検索広告 360 クリエイティブ フォーマット
  • 検索広告 360 デフォルト チャネル グループ
  • SA360 エンジン アカウント ID
  • SA360 エンジン アカウント名
  • 検索広告 360 エンジン アカウントの種類
  • 検索広告 360 キーワード
  • 検索広告 360 クライアント センター(MCC)アカウント ID
  • 検索広告 360 クライアント センター(MCC)アカウント名
  • 検索広告 360 のマーケティング戦術
  • 検索広告 360 のメディア
  • 検索広告 360 のクエリ
  • 検索広告 360 の参照元
  • 検索広告 360 の参照元 / メディア

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
15986874194034762383
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true