[UA→GA4] Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクスのイベントの違い

Google アナリティクス 4 のデータモデルは、イベントとイベント パラメータを中心に構成されています。Google アナリティクス 4 のデータ収集は主にイベントに基づき、通常、パラメータが含まれます。

この記事では、ユニバーサル アナリティクスから Google アナリティクス 4 への移行に不可欠なイベントに関する考慮事項について説明します。

まず、ユニバーサル アナリティクスのトラッキングから説明します。

ユニバーサル アナリティクスのデータ収集モデル

ユニバーサル アナリティクスでは、収集されたデータの基本単位は「ヒット」と呼ばれます。ヒットとは、基本的にはユーザー操作を記録するためにアナリティクス サーバーに送信される記述子のまとまりです。

ユニバーサル アナリティクスでは、ページビューとイベントという 2 つのヒットタイプがよく使用されます。デフォルトのトラッキング スニペット(gtag.js または analytics.js)は、ページビュー ヒットを自動的に送信します。Google タグ マネージャーでは、Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクスのデフォルトのタグタイプである「ページビュー」がデフォルトのトラッキング タイプとなります。

ユニバーサル アナリティクスで記録する他のほとんどのユーザー操作(動画再生回数、ファイルのダウンロード、ウィジェットのクリック数など)については、イベントを生成する必要があります。ユニバーサル アナリティクスでイベント トラッキングを実装している場合は、操作に使用できる 3 つの記述子、イベント カテゴリ(動画など)、イベント アクション(進行状況など)、イベントラベル(75% など)におそらく馴染みがあるでしょう。

これらの指定フィールドに加えて、カスタム ディメンションや値などの記述子を追加できます。たとえば、カスタム ディメンションの動画のタイプには、企業、教育、プロモーションなどの値を設定できます。

Google アナリティクス 4 のデータ収集モデル

Google アナリティクス 4 は、さまざまな種類のイベントをベースにしています。Firebase 向け Google アナリティクスでは、より柔軟で個別のデータ収集のパラダイムを提供しています。

Firebase 生成元

Firebase は、Android および iOS モバイルアプリの開発やマーケティングを促進することを目的とした一連のサービスです。Firebase の特長の 1 つは Firebase 向け Google アナリティクスで、一般的には Firebase アナリティクスと呼ばれます。アプリのパフォーマンスを測定して、アプリのマーケティング、ターゲティング、最適化に使用するオーディエンスを作成できます。

ページビューはモバイルアプリとは無関係なため、Firebase 向け Google アナリティクスは当初からイベントとイベント パラメータのパラダイムに基づいています。ユニバーサル アナリティクスでイベント カテゴリ、イベント アクション、イベントラベルを使用してトラッキングしている同じ動画操作に対して、video_progressイベントのvideo_titlevideo_percent をイベント パラメータとして使用すると、Firebase 向け Google アナリティクスでトラッキングできるようになります。

ウェブサイトとアプリの間で統合されたレポート

Google アナリティクス 4 では、Firebase アナリティクスで導入されているのと同じイベントとイベント パラメータのパラダイムを使用します。

すでに Android または iOS アプリを Firebase でトラッキングしている場合は、Firebase プロジェクトを Google アナリティクス 4 プロパティと即座に同期できます。モバイルアプリで新しいトラッキングを設定する必要はありません(ただし、追加操作や分類をトラッキングする場合は例外です)。

ウェブサイト向け Google アナリティクス 4 への移行では、主に既存のユニバーサル アナリティクス トラッキングを(自動また手動で)再度作成し、Firebase/Google アナリティクス 4 のスキーマのデータを収集します。

ユニバーサル アナリティクスのトラッキングを Google アナリティクス 4 にマッピングすると、次のようなメリットがあります。

  • 意味のあるデータ: Google アナリティクス 4 のスキーマは、各パラメータが特定の関数に応じて命名されるため、(ユニバーサル アナリティクスのような、一般的なイベント ディメンションとは違い)、より本質的な意味をもちます。
  • データの説明における柔軟性が向上: 最大 25 個のパラメータ(event_name を含む)を使用できるため、各操作より柔軟に説明できます。
  • 単一の分類: Google アナリティクス 4 では、ウェブ、Android、iOS の各データ ストリームで同一のトラッキング分類を使用し、クロス プラットフォームの有意な統合レポートを作成できます。

詳しくは、ユニバーサル アナリティクスを Google アナリティクス 4 にマッピングするをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false
false