この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。現在もユニバーサル アナリティクス プロパティをご利用の場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日にデータの処理が停止されます(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2024 年 7 月 1 日)。

[GA4] 維持率レポート

維持率トピックでは、ユーザーがウェブサイトかモバイルアプリを最初に訪問した後に、エンゲージメントを行った頻度と期間を確認できます。また、初回訪問後に新たに発生した収益に基づいて、ユーザーの価値を判断することもできます。

維持率レポートへのアクセス

維持率レポートにアクセスするには、左側のナビゲーションで [レポート] > [維持率] をクリックします。トピックが表示されない場合は、管理者がナビゲーションからトピックを削除した可能性があります。

新規ユーザーとリピーター

新規ユーザーは、サイトまたはアプリに初めてアクセスしたユーザーです。リピーターは、サイトまたはアプリを過去に利用したことがあるユーザーです。Google アナリティクスでは、管理画面で選択したレポート用識別子に基づいてユーザーが識別されます。

コホート別のユーザー維持率

[コホート別のユーザー維持率] のグラフでは、サイトまたはアプリのユーザー維持率をコホート別に確認できます。コホートは、一定の基準でグループ化されたユーザーの集まりです。この場合のコホートはユーザーの獲得(初回アクセス)日です。

グラフには、コホートごとに 1 本ずつ、最大 3 本の折れ線が表示されます。「1 日目」の折れ線は、初回アクセスの翌日にサイトまたはアプリに再度アクセスしたユーザーの割合を示します。「7 日目」と「30 日目」の折れ線は、サイトまたはアプリに 7 日後と 30 日後に再度アクセスしたユーザーの割合をそれぞれ示します。

たとえば、10 月 1 日に 4 人のユーザーがサイトにアクセスしたとします。10 月 2 日に 3 人のユーザーが再度アクセスした場合、10 月 1 日の「1 日目」の折れ線は 75% になります。10 月 8 日に 2 人のユーザーが再度アクセスした場合、10 月 1 日の「7 日目」の折れ線は 50% になります。10 月 31 日に 1 人のユーザーが再度アクセスした場合、10 月 1 日の「30 日目」の折れ線は 25% になります。

次のグラフは、サイトに再度アクセスしたユーザーの割合が、8 月 30 日は 5.8%、9 月 5 日は 0% だったことを示しています。このデータから、そのサイトまたはアプリはユーザーを適切に維持できていないことがわかります。

コホート別のユーザー維持率のグラフ(データポイント: 8 月 29 日)

コホート別のユーザー エンゲージメント

[コホート別のユーザー エンゲージメント] のグラフは、サイトまたはアプリに初めてアクセスしたユーザーが、その後のエンゲージメントに費やした時間の平均を示します。この場合のコホートはユーザーの獲得(初回アクセス)日です。

グラフには、コホートごとに 1 本ずつ、最大 3 本の折れ線が表示されます。「1 日目」の折れ線は、初回アクセスの翌日にサイトまたはアプリでユーザーが費やした時間の平均を示します。「7 日目」と「30 日目」の折れ線は、最初のアクセスから 7 日後と 30 日後にサイトまたはアプリをユーザーが利用した時間の平均を示します。

次のグラフは、ユーザーがサイトで費やした時間の平均が、8 月 30 日は 1 分 47 秒、9 月 5 日は 0 分だったことを示しています。このデータから、そのサイトではユーザーを適切に維持できていないことがわかります。もしユーザーがサイトに何かしらの有用性を見出していれば、7 日後のエンゲージメントは上昇していたでしょう。

コホート別のユーザー エンゲージメントのグラフ(データポイント: 8 月 29 日)

ユーザー維持率

このグラフには、最初の 42 日間に再度サイトまたはアプリにアクセスしたユーザーの割合が日別に表示されます。ユーザーが初めてアクセスした日のユーザー維持率を 100% としています。日ごとにユーザー数が減少するにつれて、ユーザー維持率は減少します。

ユーザー エンゲージメント

[ユーザー エンゲージメント] のグラフには、最初の 42 日間に再度サイトやアプリにアクセスしたユーザーの平均エンゲージメント時間が表示されます。アナリティクスでは、リピーターによる平均エンゲージメント時間のみが集計されます。

ライフタイム バリュー

[ライフタイム バリュー] のグラフは、新規ユーザーからの最初の 120 日間の平均収益を示しています。このグラフを使用して、新たに発生した収益に基づいてユーザーの価値を判断できます。たとえば、あるユーザーがシャツを購入し、次の週にズボンを購入したとします。ライフタイム バリュー(LTV)には、両方の購入が含まれるため、そのユーザーを獲得したことによる全体的な成果を知ることができます。

さらに、コホートデータ探索ユーザーのライフタイムのデータ探索手法を使用して、ユーザー維持率を調べます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
69256
false
false