この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2023 年 10 月 1 日)をもってデータ処理が停止されます。

[GA4] URL 生成ツール: カスタム URL でキャンペーン データを収集する

トラフィックを呼び込んだキャンペーンを特定するためのパラメータを URL に追加する

参照リンクや広告キャンペーンで使用しているリンク先 URL にキャンペーンのパラメータを追加すると、どのキャンペーンがトラフィックを呼び込んでいるかがわかります。ユーザーが参照リンクをクリックすると、URL パラメータがアナリティクスに送信され、トラフィック獲得レポートにパラメータ値が表示されるようになります。

この記事の内容:

パラメータ

URL には、次のパラメータを追加できます。

  • utm_id: キャンペーン ID。キャンペーンの費用データをアップロードするときと同じ ID を使用します。
  • utm_source: 参照 URL を識別します(Google、ニュースレター 4、屋外広告など)。
  • utm_medium: マーケティング メディアを識別します(CPC、バナー、メールなど)。
  • utm_campaign: 商品、スローガン、プロモーション コードを識別します(spring_sale など)。
  • utm_term: 検索広告キーワード
    utm_term は現在、Google アナリティクス 4 プロパティのレポートには含まれていません。
  • utm_content: クリエイティブを区別します。たとえば、行動を促すフレーズのリンクが、メールのメッセージの中に 2 つある場合は、utm_content を使用して別々の値を設定し、どちらが効果的か判断できます。
    utm_content は現在、Google アナリティクス 4 プロパティのレポートには含まれていません。

それぞれのパラメータに値を割り当てる必要があります。それによって、パラメータと値の各ペアにキャンペーン関連の情報が含まれるようになります。

たとえばサマーセール キャンペーンの場合は、次のようにパラメータと値のペアを使うことができます。

  • utm_source = summer-mailer: サマーセール用のメール キャンペーン経由のトラフィックを識別
  • utm_medium = email: メール キャンペーンとアプリ内キャンペーン経由のトラフィックを識別
  • utm_campaign = summer-sale: キャンペーン全体のトラフィックを識別

これらのパラメータを使用すると、カスタム キャンペーンの URL は次のようになります。

https://www.example.com/?utm_source=summer-mailer&utm_medium=email&utm_campaign=summer-sale

URL にパラメータを追加する際は、どのようなケースでも utm_sourceutm_mediumutm_campaign を使用する必要があります。

URL 生成ツール

パラメータと値は手動で URL に追加できます。または、プラットフォームごとに用意された次の URL 生成ツールを使って URL を生成し、パラメータを追加することもできます。

  • ウェブサイトへのリンク: キャンペーン URL 生成ツールを使用します。
  • Android アプリ広告: Play キャンペーン URL 生成ツールを使用します。

    この機能を使用するには Firebase 向け Google アナリティクス SDK を使用する必要がありますが、SDK に変更を加える必要はありません。
  • iOS アプリ用広告: iOS キャンペーン URL 生成ツールを使用します。

    この機能を使用するには Firebase 向け Google アナリティクス SDK を使用する必要がありますが、SDK に変更を加える必要はありません。
重要:Android アプリを宣伝する場合は、Play キャンペーン URL 生成ツールを使用します。iOS アプリを宣伝する場合は、iOS キャンペーン URL 生成ツールを使用します。それ以外の場合は、キャンペーン URL 生成ツールを使用する必要があります。

手動設定

カスタム キャンペーンを手動で設定する場合は、疑問符を使用して URL とパラメータを区切ります。また、パラメータと値のペアは等号(=)でつなげ、それぞれのペアをアンパサンド(&)で区切ります。たとえば次のようになります。

https://www.example.com/?utm_source=email_campaign&utm_medium=email&utm_campaign=summer-sale

URL にパラメータを追加する順番に決まりはありません。ただし、パラメータの値では大文字と小文字が区別されます(たとえば、utm_source=googleutm_source=Google は異なります)。

URL の例

  • http://www.example.com/?utm_source=exampleblog&utm_medium=referral&utm_campaign=summer-sale
  • http://www.example.com/?utm_source=newsletter1&utm_medium=email&utm_campaign=summer-sale
  • http://www.example.com/?utm_source=newsletter1&utm_medium=email&utm_campaign=summer-sale&utm_content=toplink

カスタム キャンペーンのデータを確認する方法

[集客] > [トラフィック獲得] レポートで、セッション参照元 / メディア、セッション、メディア、セッション参照元、セッション キャンペーンを確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false