この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ヘルプセンターのユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。

[GA4] 非サンプリング データ探索(ベータ版)

非サンプリング データを探索して、結果の精度を高めます。

Google アナリティクス 360 のユーザーは、非サンプリング データをリクエストして、最大 150 億件のイベントを含むデータ探索を作成できます。これにより、データ探索の精度が向上し、標準のデータ探索では表示されない分析情報を明らかにできます。

この記事の内容:

非サンプリング データ探索をリクエストする

: 非サンプリング データ探索は、Google アナリティクス 360 の GA4 プロパティでのみご利用いただけます。また、非サンプリング データをリクエストするには、現在のデータ探索の結果をサンプリングする必要があります。最後に、非サンプリング データを利用できるのは、サポートされている手法に限られます。詳しくは制限事項のセクションをご覧ください。
  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. 左側のナビゲーションで [探索] を選択します。
  3. 新しいデータ探索を作成するか、既存のデータ探索を編集します。
  4. 目的の分析情報を見つけるために、データ探索を設定します。
  5. データ探索の設定が完了したら、右上の [データ品質] をクリックします。
    ヒント: 結果が現在サンプリングされている場合、データ品質アイコンは赤または黄色になります。サンプリングされていない場合、データ品質のアイコンは緑色になります。
    サンプリング レートを示し、非サンプリング データの結果をリクエストするためのリンクを含む、データ品質に関するダイアログ
  6. [非サンプリング データの結果をリクエスト] をクリックします。
  7. [続行] をクリックします。
    : プロパティには、リクエストするのに十分なトークンが必要です。

    使用可能な割り当てとリクエストに必要なトークン数を表示する、[非サンプリング データの結果をリクエスト] に関するダイアログ

この後の手順

非サンプリング データ探索をリクエストすると、新しいタブが開きます。ここに、非サンプリング データの結果が表示されます。非サンプリング データのリクエストが完了すると、このタブへのリンクが記載されたメールが届きます。データが準備できている場合は、ページを更新して、このタブにデータを表示することもできます。

非サンプリング データのリクエストは通常 30 分未満で完了しますが、すべてのユーザーからのシステムに対する全体的な需要によっては、それ以上かかる場合もあります。

リクエストのメタデータを示し、[結果を表示] ボタンを備えた「非サンプリング データの結果の準備完了」を通知するメール

トークン

非サンプリング データ探索をリクエストすると、「トークン」が消費されます。

  • Google アナリティクス 360 の各 GA4 プロパティでは、プロパティごとの 1 日あたりのトークンの割り当てが 300 に設定され、そのプロパティを使用するすべてのユーザーで共有されます。
  • これらのトークンを使用して、任意の数のデータ探索で、1 日あたり合計 150 億件のイベントをプロパティごとにクエリできます。
  • 割り当ては、太平洋時間の午前 0 時にリセットされます。

非サンプリング データ探索をリクエストすると、残りの割り当て(100 の単位に切り捨て)と、リクエストに必要なおおよそのトークン数が表示されます。

保留中のリクエストの最大数は、プロパティの割り当てによって許可された数です。各リクエストは個別に処理されます。

ヒント: 自分で使用したよりも、残りのトークンの割り当てが少ないと考えられる場合は、他のユーザーがそのプロパティのトークンを使用している可能性があります。非サンプリング データの結果を含むデータ探索は、プロパティ内のすべてのユーザーと共有されます。そのため、[データ探索] ホームページで共有されているデータ探索のリストで、これらのリクエストを行っているユーザーを確認できる場合があります。
: 特定のリクエストで使用されるトークンの数を制限するために、使用するトークンの数を調整することはできません。たとえば、100 億件のイベントを返すリクエストを行うときに、残りのトークンが 90 億件分しかない場合は、90 億件の結果のみをリクエストすることはできません。データ探索の期間を調整して、リクエストするイベントの数を減らしてください。それ以外の場合は、割り当てが更新されるまで待ってから、リクエストを送信する必要があります。

非サンプリング データ探索の使用例

6 か月分のデータを探索する場合に、各月に含まれるイベントが 10 億件を超え、6 か月全体のデータでは 150 億件を超えてしまうとします。解決策として、非サンプリング データのタブを月ごとに作成できます。

最初に、タブ 1 で基となるデータ探索を開始します。日付を 1 月に設定し、このデータ探索の非サンプリング データの結果をリクエストします。結果が必要な月ごとにこの手順を繰り返します。月のみを変更して、リクエストする月ごとに 1 つの非サンプリング データの結果を取得するようにします。

標準のデータ探索と非サンプリング データ探索の違い

標準のデータ探索(データ探索ワークスペース使用時のデフォルトの結果)では、クエリに使用されるデータの量に応じて、サンプリング データまたは非サンプリング データのどちらがリクエストされるかが決まります。

明示的に非サンプリング データがリクエストされた Google アナリティクス 360 プロパティのデータ探索は、次の重要な点で標準のデータ探索とは異なります。

非サンプリング データ探索はリアルタイムではない

結果が数秒で表示される標準のデータ探索とは異なり、非サンプリング データの結果が準備できたことを通知するメールを待つ必要があります。

非サンプリング データ探索は読み取り専用である

非サンプリング データ探索は編集できません。リクエスト後に、ディメンションと指標の編集と変更、ビジュアル表示の変更、フィルタの追加と削除、データに基づいたセグメントとオーディエンスの作成、期間の変更などを行うことはできません。ただし、データ探索名とタブ名の変更、新しいタブの追加は行えます。

非サンプリング データ探索はデータのスナップショットである

非サンプリング データ探索は静的で、時間の経過やプロパティへの変更が原因でデータが変化することはありません。たとえば、データ削除のリクエスト、新しいカスタム ディメンションとカスタム指標の追加、イベントの変更などによってデータ探索が影響を受けることはありません。

非サンプリング データ探索は一時的なものである

非サンプリング データの結果のタブは、リクエストしてから 50 日が経過すると自動的に削除されます。このデータを保持するには、サポートされているいずれかの形式(Google スプレッドシート、CSV、PDF など)にエクスポートしてください。

非サンプリング データ探索はプロパティと共有される

非公開のデータ探索で非サンプリング データの結果をリクエストした場合、そのデータ探索はプロパティと共有されます。データ探索をもう一度非公開にするには、非サンプリング データの結果のタブを削除して、分析を共有停止として指定します。

非サンプリング データ探索の制限事項

  • 非サンプリング データ探索は、Google アナリティクス 360 のみの機能です。
  • 非サンプリング データ探索は、クエリで 10 億件を超えるイベントが返される場合のみ使用できます(Google アナリティクス 360 プロパティでは、最大 10 億件の非サンプリング イベントを返すクエリを行えます)。
  • 非サンプリング データの結果をリクエストできるのは、現在の結果がサンプリングされた場合のみです。
  • 各プロパティで 1 日に最大 150 億件のイベントをリクエストできます。
  • ユーザー ライフタイムの手法では、非サンプリング データ探索はサポートされていません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false