ページ解析と標準以外の文字を含む URL

ページ解析では、ビューの [ウェブサイトの URL] オプションを使用して、ページ解析レポートを実行するサイトのページを特定します。ウェブサイトの URL に標準 UTF-8 文字ではない文字(キリル文字など)を使用していると、ビューを作成する際にその URL を使用することはできません。標準以外の文字が含まれる URL を入力すると、アナリティクスからエラーが返されます。

ページ解析を使用する際にウェブサイトの URL に標準 UTF-8 以外の文字を含める場合、ビューの作成時に URL の Punycode 変換を行う必要があります。ページ解析では、Punycode 変換後の URL を使用してページを正しく特定できますが、実際の URL はレポートに表示される URL です。

標準以外の文字を含む URL を Punycode に変換するには、こちらと同様の Punycode コンバーターをご利用ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。