この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。現在もユニバーサル アナリティクス プロパティをご利用の場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日にデータの処理が停止されます(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2024 年 7 月 1 日)。

[GA4] Search Console との統合

ウェブサイトのオーガニック検索結果をアナリティクスで分析する
この記事では、ウェブサイトの所有者を対象に、アナリティクスを Search Console と統合する方法について説明します。

Search Console と統合すると、自社のサイトのオーガニック検索結果をアナリティクスで分析することができます。たとえば、検索結果でのサイトのランキングや、クリックに結びついたクエリ、そうしたクリックがサイトでのユーザーの行動につながった経緯(より多くのユーザーにアプローチしたランディング ページや、コンバージョンに至ったユーザー数など)などを分析できるようになります。

この統合をアナリティクスで行うには、Google アナリティクス 4 のウェブデータ ストリームと Search Console のウェブサイト プロパティをリンクします。Search Console からリンクを作成することもできます。

レポート

統合により、Google アナリティクス 4 プロパティで次の 2 つの新しいレポートを使用できるようになります。

  • Google オーガニック検索クエリ: 検索クエリと、リンクされた Search Console プロパティに関連する Search Console 指標が表示されます。Search Console のディメンションごとにデータの詳細を確認できます(アナリティクスのディメンションごとに確認することはできません)。データは Search Console でも確認することが可能です。
  • Google オーガニック検索トラフィック: ランディング ページと、関連する Search Console およびアナリティクスの指標が表示されます。国やデバイスのディメンションごとにデータの詳細を確認できます。

これらのレポートに表示されるデータについての詳細

Search Console では、過去 16 か月間のデータが保持されます。そのため、アナリティクスのレポートにも、最大 16 か月分のデータが表示されます。

Search Console のデータは、Search Console に収集されてから 48 時間後に、Search Console とアナリティクスでご利用いただけるようになります。

レポートに関する注意事項

Search Console のレポートのコレクションはデフォルトで非公開になっています。コレクションは、左側のペインの [ライブラリ] に表示され、そこから公開できます。

Search Console の指標と組み合わせることができるのは、Search Console のディメンションと、以下のアナリティクス ディメンションのみです。

  • ランディング ページ
  • デバイス

Search Console のレポートには、Search Console とアナリティクスのリンクを作成する際に選択したウェブデータ ストリームのデータが表示されます。リンクを削除し、別のウェブデータ ストリームを使用する新しいリンクを作成した場合、新しいリンク用に選択したウェブ ストリームがレポートのすべての期間で使用されます。

Search Console のレポートは現在、期間グラフに対応していません。

制限事項

  • ウェブデータ ストリームは、1 つの Search Console プロパティにのみリンクできます。
  • Search Console プロパティは、1 つのウェブデータ ストリームにのみリンクできます(同じ Search Console プロパティを 1 つのユニバーサル アナリティクス プロパティにリンクすることも可能です)。
  • Google アナリティクス 4 プロパティには、Search Console プロパティにリンクされたデータ ストリームを 1 つのみ設定できます。

データの可用性

アナリティクスで取得可能な Search Console データは、ウェブデータ ストリームの作成日と、Search Console でサイト確認が完了した日時によって異なります。

  • ウェブデータ ストリームを作成してサイト確認を完了した場合、サイト確認以降にデータが利用可能になります。
  • サイト確認を完了してからウェブデータ ストリームを作成した場合、そのデータ ストリームの作成日以降にデータが利用可能になります。

要件

データの収集

Google アナリティクス 4 プロパティと Search Console プロパティで同じ一連のウェブページのデータが収集されていることを確認してください。

アクセス許可

リンクを作成するには、Google アナリティクス 4 プロパティの編集者のロールを持ち、Search Console プロパティの確認済みオーナーであることが必要です。 所有権の確認は、リンクの設定中に行うことができます。 詳しくは、サイトの所有権を確認するをご覧ください。

リンクを削除するには、Google アナリティクス 4 プロパティの編集者ロールが必要です。

リンクを作成する

  1. [プロパティ] 列の [サービス間のリンク設定] で [Search Console とのリンク] をクリックします。
  2. リンクの表で [リンク] をクリックします。
  3. 1 つ以上の Search Console プロパティの確認済みオーナーである場合は、[管理する Search Console プロパティにリンク] の行で、[アカウントを選択] をクリックし、プロパティをリンクするアカウントを選択します。
  4. [確認] をクリックします。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. サイトのウェブデータ ストリームを選択します。
  7. [次へ] をクリックし、設定を確認および送信します。

Search Console のリンクは変更できません。リンクに変更を加える必要がある場合は、既存のリンクを削除してから新しいリンクを作成する必要があります。

関連資料

詳しくは、Looker Studio Search Console コネクタSearch Console データ向け Looker Studio レポート テンプレートをご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
69256
false
false