[GA4] モデル比較レポート

さまざまなアトリビューション モデルでコンバージョンに対する貢献度の変動を分析します。

[モデル比較] レポートを使用して、マーケティング チャネルの評価に各アトリビューション モデルがどのように影響するかを比較します。

この記事の内容:

使用可能なアトリビューション モデル

アトリビューション モデルとは、販売やコンバージョンに至った広告の貢献度をコンバージョン経路のタッチポイントにどのように割り振るかを決めるルールのことです。詳しくは、利用可能なアトリビューション モデルをご覧ください。

レポートの使用方法

レポートにアクセスする

  1. Google アナリティクスで、左側の [広告] をクリックします。
  2. [アトリビューション] > [モデル比較] に移動します。

期間とコンバージョン イベントを選択する

まず、右上の日付選択ツールのプルダウン メニューから期間を選択します。次に、レポートの左上にあるプルダウン メニューから、1 つ以上のコンバージョン イベントを選択します。デフォルトでは、すべてのコンバージョン イベントが選択され、レポートにまとめて表示されます。

注: アトリビューション レポートには、2021 年 6 月 14 日以降のデータが含まれます。

フィルタを追加する(省略可)

レポートには、すべてのユーザーのデータが表示されます。特定のユーザーのグループのデータを表示するには、左上の [フィルタを追加] をクリックします。

次のようなフィルタを設定できます。

  1. 特定のキャンペーンにフィルタを設定し、そのメディア イニシアティブで、アトリビューション モデルによって各タッチポイントにどのように価値が割り当てられているかを把握できます。[一致] フィルタを作成し、[集客] で [ユーザー キャンペーン] を選択し、ディメンションの値としてキャンペーン名を選択します。
  2. 特定の地域にフィルタを設定し、アトリビューション モデルによって、各地域のさまざまなイニシアチブを基準に、タッチポイントにどのように価値が割り当てられているのかを把握できます。[一致] フィルタを作成し、[ユーザー] で [地域] をクリックし、対象のディメンション値を選択します。
  3. デバイス カテゴリにフィルタを設定し、さまざまなデバイスでのパフォーマンスを把握できます。[一致] フィルタを作成し、[デバイス] で [デバイス カテゴリ] を選択してから、ディメンションの値として、[パソコン]、[モバイル]、[タブレット] を選択します

データを表示するディメンションを選択する

データ表には、デフォルトのチャネル グループ ディメンションごとのデータが表示されます。プルダウンを使用して、[参照元/メディア]、[参照元]、[メディア]、または [キャンペーン] ごとのデータを表示できます。  

比較するアトリビューション モデルを選択する

[アトリビューション モデル(間接)] 列のプルダウンを使用して、比較するアトリビューション モデルを選択します。

レポートをカスタマイズする

レポートに表示する内容を変更するには、[比較データを編集] をクリックします。[レポートをカスタマイズ] パネルで、フィルタを追加したり、レポート期間を変更したりできます。

フィルタ

レポートにはすべてのユーザーのデータが表示されます。フィルタを編集または追加するには、フィルタ名をクリックします。

レポート期間

デフォルトは「コンバージョン期間」です。

  • コンバージョン期間: 指定された期間内にコンバージョンに至る前のルックバック ウィンドウで発生したすべての広告イベントの貢献度が反映されます。これらの広告イベントは、指定された期間より前に発生する可能性があります。
  • インタラクション期間: 指定した期間内に発生したすべての広告イベントの貢献度が反映されます。指定した期間の後にコンバージョンが発生する可能性があります。

レポートを共有、ダウンロード、エクスポートする

右上の [このレポートを共有] をクリックすると、表に表示されているデータを共有、ダウンロード、エクスポートできます。

データを把握する

データ表には、デフォルトのチャネル グループ ディメンションごとのデータが表示されます。チャネルごとに、選択したアトリビューション モデルによって算出された 2 つの指標が表示されます。

  • コンバージョン: 選択したディメンションに起因するコンバージョンの数
  • 収益: 選択したディメンションに起因する収益

[変化率] 列には、各アトリビューション モデルで、コンバージョン数や収益がどの程度増減しているかが割合で表示されます。

ラストクリック型のアトリビューション モデルでは過小評価されているチャネルやキャンペーンを確認するには、まず次のような比較が有効です。

  • 「クロスチャネルのラストクリック」モデルと、「クロスチャネルのファースト クリック」モデルを比較して、ユーザーがコンバージョン経路に入る起点になっているのに過小評価されているキャンペーンを特定します。ウェブサイトやアプリで、より多くの新規顧客を獲得したい場合は、この比較が有効です。
  • 「クロスチャネルのラストクリック」モデルと「クロスチャネル線形」モデルを比較し、コンバージョン経路全体でユーザーをアシストしているのに過小評価されているキャンペーンを特定します。コンバージョン経路全体でユーザーとの接点を保つことを重視する場合は、こうした比較が役立ちます。

貢献度を割り当てられないディメンション

アナリティクスでは、データが見つからない、利用できないなどの理由で、ディメンション値を表示できない場合もあります。コンバージョンや収益に対する貢献度の精度を維持するため、レポートには次の 1 つ以上の値が表示されることがあります。

定義
(未設定) [(未設定)] とは、選択したディメンションについて情報が得られていないときに、アナリティクスで使用されるプレースホルダ名です。たとえば、手動でタグが設定された URL には、キャンペーン、参照元、メディアなどのパラメータがない可能性があります。
未割り当て

[未割り当て] は、イベントデータに一致するその他のチャネルルールがない場合に使用される値です。

ノーリファラー

[ノーリファラー] は、コンバージョンに対する貢献度を割り当てる経路のデータがない場合に使用される値です(データのインポートなど)。

アトリビューション不能 選択したディメンションに、貢献度を割り当てることができません。
(その他) [(その他)] は、基数制限が生じている集計行に使用される値です。詳細
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false
false