この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ヘルプセンターのユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。

[GA4] イベントの作成とオーディエンス トリガーの違い

この記事では、アナリティクスでウェブサイトやアプリの解析を行う際に、イベントを作成することとオーディエンス トリガーを作成することの違いについて解説します。

イベントの作成オーディエンス トリガーの技術面における主な違いは、次の表のとおりです。  

  イベントの作成 オーディエンス トリガー
データのスコープ

イベント

ユーザー、セッション、またはイベント
使用数の制限

既存イベントの編集 50 件まで、カスタム イベントの作成 50 件まで

収集件数にも制限あり(例: 各ユーザー 1 日あたり 10 万イベントまで)

プロパティにつきオーディエンス トリガー 20 個まで(プロパティあたりのオーディエンス数は最大 100 個)
計算のタイミング クライアント サイドで計算(データが Google アナリティクスに送られる前に計算) データ処理中、ユーザーがオーディエンスに登録された、またはオーディエンスへの登録を更新された時点で計算(データが Google アナリティクスに送られた後に計算)
Chrome DevTools の [Network] タブでの表示有無 あり(クライアント サイドで計算されるため) なし(クライアント サイドではなく、データ処理中に計算されるため)
gtag.js / Firebase SDK への依存 あり なし(Measurement Protocol / データ インポートによって動作可能)
パラメータ / 値の変更 あり なし

 


 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false