参照ドメインにフィルタを適用する

Google アナリティクスのデータから、スパム行為によるトラフィックに関するデータを減らします。
参照トラフィックは、他のドメインのリンクなど、他のソースからサイトにアクセスしたトラフィックのセグメントです。アナリティクスでは、サイトに集まったトラフィックがどこから来たのかを自動的に検出し、そのサイトのドメイン名を参照トラフィックとしてレポートに表示します。

フィルタを使用すると、指定したドメインを参照元とするトラフィックを除外することができます。この方法で参照を除外した場合、対象ドメインのウェブサイトから発生したすべてのヒットが Google アナリティクスのトラフィックに含まれなくなります。これにより、正規のヒットデータからスパム行為に該当するヒットに関するデータが除外される、というメリットがあります。参照除外フィルタを適用すると、お客様が指定したフィルタ パターンと、[キャンペーンのソース] ディメンション内のヒットの値が照合されます

参照ドメインへのフィルタ適用は、プロパティ単位の参照除外機能とは異なります。フィルタを適用すると、対象ドメインからのトラフィックに起因するヒットが除外され、こうしたヒットから発生したセッションが記録されなくなります。一方、参照の除外では、除外したソースを参照元とするヒットはノーリファラーとして処理されます。

特定の参照を除外する

  1. ビューに新しいフィルタを作成する手順に従います。
  2. [フィルタの種類] を [カスタム] に設定します。
  3. フィルタの種類のメニューで、[除外] を選択します。
  4. [フィルタ フィールド] を [キャンペーンのソース] に設定します。
  5. 除外する参照ドメインを含むフィルタ パターンを入力します(例: some-spam-site.com)。

複数の参照を除外する

複数の参照を除外する場合は、[フィルタ パターン] 欄に正規表現を入力します。以下に例を示します。

例:

example\.com|secondexample\.com|.*spammysubdomain\.com
 

上記の例では、パイプ記号 | が「or」演算子として使用されています。これにより、example.com または secondexample.com または .*spammysubdomain.com が除外されることになります。フィルタ パターンの末尾にはパイプ記号を入力しないでください。末尾にパイプ記号があると、すべての参照元が除外されます。

関連資料

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。