キャレット(^)

キャレットを使用すると、後ろに隣接する文字が文字列の先頭である場合に一致します。

たとえば、「^St」が一致する文字列は次のとおりです。

  • Start here
  • Stand here
  • Stop here

一方、「^St」が一致しない文字列は次のとおりです。

  • 1 Start here
  • 2 Stand here
  • 3 Stop here

上の 3 つの例は、数字とスペースで始まり、「St」で始まっていません。

このような正規表現は、特定の URI に一致するセグメント、フィルタ、目標ステップを作成する際に使用できます。たとえば、特定のページ ディレクトリのデータを抽出するには、次のような正規表現を使用できます。

  • ^/mens/(www.example.com/mens/ に一致)
  • ^/womens/(www.example.com/womens/ に一致)
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。