疑問符(?)、プラス記号(+)、アスタリスク(*)

疑問符(?)

疑問符(?)は、直前の文字が 1 回だけ出現する、または 1 回も出現しない場合に一致します。

たとえば、10? は次と一致します。

  • 1
  • 10

最後のセクションに 1 桁か 2 桁の数字がある IP アドレスと一致します。

たとえば、216\.239\.32\.\d\d? は次と一致します。

  • 216.239.32.2
  • 216.239.32.34

この例で使用されているバックスラッシュは小数点をエスケープし、\d は任意の数字と一致します。

プラス記号(+)

プラス記号(+)は、直前の文字が 1 回以上繰り返す場合に一致します。

たとえば、10+ は次と一致します。

  • 10
  • 100
  • 1000
  • 以下同様

最後のセクションに 1 桁以上の数字がある IP アドレスと一致します。

たとえば、216\.239\.32\.\d+ は次と一致します。

  • 216.239.32.2
  • 216.239.32.34
  • 216.239.32.567

この例で使用されているバックスラッシュは小数点をエスケープし、\d は任意の数字と一致します。

アスタリスク(*)

文字の後のアスタリスクは、直前の文字が 0 回以上繰り返される場合に一致します。

たとえば、10* は次と一致します。

  • 1
  • 10
  • 100
  • 1000
  • 以下同様

最後のセクションに 1 桁以上の数字がある IP アドレスと一致します。

たとえば、216\.239\.32\.\d* は次と一致します。

  • 216.239.32.2
  • 216.239.32.34
  • 216.239.32.567

この例で使用されているバックスラッシュは小数点をエスケープし、\d は任意の数字と一致します。

直前の項目以外も一致する必要がある場合は、アスタリスクとドット(.*)を組み合わせます。ドットは直前の任意の項目と一致し、アスタリスクはその項目を 0 回以上繰り返します。この組み合わせを使うと、行頭と行末に同じ文字を含むすべての文字列(URI など)に一致します。行頭と行末の間に文字が何文字あってもかまいません。たとえば、/mens/.*html は次と一致します。

  • /mens/shirts/oxford.html
  • /mens/shirts/oxford/shortsleeve.html
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。