角かっこ「[ ]」とハイフン「-」

角かっこ「[ ]」

角かっこを使用すると、一致条件を文字セットで指定できます。

文字セットを角かっこで囲った正規表現は、文字セットの中の 1 文字に一致します。

たとえば、正規表現「PART[123]」で一致する文字列は次のとおりです。

  • PART1
  • PART2
  • PART3

この正規表現は次の文字列には一致しません。

  • PART12
  • PART23
  • PART123

ハイフン「-」

ハイフンと角かっこを組み合わせると、一致条件を文字範囲で指定できます。

たとえば、すべての大文字の英字に一致するには、「[A-Z]」を指定します。

すべての数字に一致させるには、「[0-9]」を指定します。

上記の例のすべての PART(部品)番号に一致する正規表現は次のとおりです。

[A-Z]+[0-9]+

  • [A-Z](すべての大文字の英字に一致)
  • +(1 回以上の繰り返し)
  • [0-9](すべての数字に一致)
  • +(1 回以上の繰り返し)
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。