ユーザー層

訪問/セッション数

「訪問数/セッション数」ディメンションの算出方法を確認します。

ウェブ ディメンションの「訪問数」とアプリ ディメンションの「セッション数」の仕組みを理解するには、まず、アナリティクスでのセッション数のカウント方法を理解する必要があります。

ユーザーがコンテンツを利用すると、そのユーザーが新しいセッションを開始するたびに加算されるカウンターが適用されます。たとえば、ユーザー A が 1 月に初めてコンテンツを利用すると、そのユーザーのセッション カウントが 1 になります。そのユーザーが 2 月に再び訪問すると、セッション カウントが 2 になり、その後も訪問のたびにカウントが増えていきます。

ディメンションの訪問/セッション数では、1~60 の範囲のヒストグラムを使用します。このヒストグラムはリピートの回数や間隔レポートだけで使用されるもので、各セッションがカウント数に応じてヒストグラムに集計されます。たとえば、1 月分のリピートの回数や間隔レポートを表示すると、ユーザー A のセッションは 1 の行に含められます(1 回目の訪問に当たるセッションが指定期間内に 1 件あったため)。2 月分のリピートの回数や間隔レポートを表示すると、ユーザー A のセッションは 2 の行に含められます(2 回目の訪問に当たるセッションが指定期間内に 1 件あったため)。

ユーザー A によるコンテンツの利用が、指定期間内に 2 回に及ぶこともあるでしょう。その場合は、セッション数が当てはまる各行でセッションがカウントされます。

内容の理解を深めるため、ユーザー、セッション、日付の関係を下の表にまとめましたので、ご覧ください。

日付 ユーザー カウント
1 月 ユーザー A
ユーザー B
1
2
 
2 月 ユーザー B
ユーザー C
3
1
 
3 月 ユーザー A
ユーザー B
ユーザー C
2
4
2

2 月分のデータのユーザー数が表のとおりであれば、訪問/セッション数の分布は次のようなヒストグラムで表されます。

  • 訪問/セッション数 1: 1
  • 訪問/セッション数 2: 0
  • 訪問/セッション数 3: 1

同様に、3 月分のレポートでは、訪問/セッション数の分布が次のようなヒストグラムで表されます。

  • 訪問/セッション数 1: 0
  • 訪問/セッション数 2: 2
  • 訪問/セッション数 3: 0
  • 訪問/セッション数 4: 1

同様に、2 月と 3 月分のレポートでは、訪問/セッション数の分布が次のようなヒストグラムで表されます。

  • 訪問/セッション数 1: 1
  • 訪問/セッション数 2: 2
  • 訪問/セッション数 3: 1
  • 訪問/セッション数 4: 1

この場合は、訪問/セッションの総数がユニーク ユーザー数を上回りますが、これはリピートの回数や間隔レポートではユニーク ユーザー数よりセッション数に焦点が当てられるためです。