この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2023 年 10 月 1 日)をもってデータ処理が停止されます。

アナリティクスで新しいウェブサイトの設定を行う(ユニバーサル アナリティクス)

この記事では、アナリティクスで新しいウェブサイトのデータ収集を始める際の設定手順(ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用する場合)を説明します。ユニバーサル アナリティクスはアナリティクスの以前のバージョンで、測定対象はウェブサイトのみです。「UA-」で始まるトラッキング ID が必要な場合は、この記事の手順に沿って設定します。
以下の手順を慎重に行ってください。以下の手順で示すように、必ず [詳細オプションを表示] をクリックして [ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成] のスイッチをオンにします。この操作を行わないと、Google アナリティクス 4 プロパティが作成されます。

アナリティクス アカウントを作成する

はじめに、アナリティクスのアカウントを作成します(まだお持ちでない場合)。すでにアカウントがあり、今回のウェブサイト用に別アカウントを作成する必要がない場合は、プロパティの作成へ進んでください。たとえば、既存のアカウントとは別のビジネスのウェブサイトを扱う場合は、別アカウントを作成するとよいでしょう。

  1. 管理ページの [アカウント] 列で、[アカウントを作成] をクリックします。
  2. アカウント名を入力します。データ共有設定を変更して、Google と共有するデータを指定します。
  3. [次へ] をクリックして、アカウントに最初のプロパティを追加します。

プロパティを作成する

  1. 上記の「アナリティクス アカウントを作成する」の手順からの続きである場合は手順 2 に進み、それ以外の場合は、次の手順を行います。
    • 管理ページの [アカウント] 列で、正しいアカウントが選択されていることを確認します。次に、[プロパティ] 列で [プロパティを作成] をクリックします。
  2. プロパティの名前(「例: XX会社のウェブサイト」など)を入力し、レポートのタイムゾーンと通貨を選択します。ユーザーがウェブサイトにアクセスた曜日がユーザーのタイムゾーンで火曜日であったとしても、選択したタイムゾーンでは月曜日だった場合、このアクセスは月曜日に発生したものとして記録されます。
    • 夏時間を採用しているタイムゾーンを選択した場合、アナリティクスで自動的に時間調整が行われます。夏時間による調整を行わない場合は、グリニッジ標準時を選択してください。
    • タイムゾーンの変更は、それ以降に収集されるデータのみに反映されます。既存のプロパティのタイムゾーンを変更すると、データが一定になったり急増したりしたように見えることがありますが、これはタイムゾーンの切り替えによる時差の関係によるものです。なお、設定の変更がサーバーで処理されるまでのわずかな期間は、レポートデータが変更前のタイムゾーンで処理されることがあります。
  3. [詳細オプションを表示] (プロパティ設定項目の下にあります)をクリックします。
  4. [ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成] のスイッチをオンにします。
  5. ウェブサイトの URL を入力し、プロトコル(http または https)を選択します。
    ほとんどのドメインホストでは、UTF-8 文字列を使用した URL のみがサポートされています。UTF-8 文字列を使用するか、ドメイン名に記号や非 UTF-8 文字(キリル文字など)が含まれる場合は punycode を使用するようにしてください。コード変換が必要な場合は、punycode converter(ピュニコード コンバータ)をお試しください。
  6. この時点で、以下のいずれかを作成してください。
    • Google アナリティクス 4 プロパティとユニバーサル アナリティクス プロパティの両方。このオプションを選択すると、以下のことを行えます。
      • ユニバーサル アナリティクス プロパティと並行してデータを収集する、Google アナリティクス 4 プロパティが設定されます。サイトに Google アナリティクス 4 プロパティ用のタグを追加すれば、両方のプロパティでデータを収集できます。プロパティの切り替えは、プロパティ セレクタまたは管理ページで行うことができます。
      • 2 つのプロパティ間に接続が確立され、後でユニバーサル アナリティクス プロパティの設定を Google アナリティクス 4 プロパティに移行することができます。
        各プロパティの識別方法: ステップ 2 でプロパティに「Example」という名前を付けた場合、ユニバーサル アナリティクス プロパティは「Example(UA-1234567)」、Google アナリティクス 4 プロパティは「Example - GA4(98765432)」という名前になります。
    • ユニバーサル アナリティクス プロパティのみ。ユニバーサル アナリティクス プロパティのみを使用する場合は、このオプションを選択します。
      「UA-」で始まるトラッキング ID が必要な場合は、このオプションを選択してください。
  7. [次へ] をクリックし、ビジネスに関する情報を入力します。
  8. [作成] をクリックします。

アナリティクスの利用規約とデータ処理の修正条項に同意して、[終了] をクリックします。

データ収集を設定する(例: サイトにグローバル サイトタグを追加する)

ウェブサイト作成ツールまたは CMS でホストされるウェブサイト(WordPress、Shopify など)にグローバル サイトタグを追加する

ユニバーサル アナリティクス プロパティのみを設定した場合(GA4 のプロパティは設定しなかった場合)、「UA-」のトラッキング ID を、ウェブサイト作成ツールで提供される Google アナリティクス トラッキング ID 欄に貼り付けます。

ただし、GA4 プロパティとユニバーサル アナリティクス プロパティの両方を設定した場合は、下記の手順に沿ってグローバル サイトタグ全体を、ウェブサイト作成ツールで提供されるカスタム HTML 欄に貼り付けます。これにより、GA4 プロパティとユニバーサル アナリティクス プロパティの両方でデータを確認できるようになります。一方、ウェブサイト作成ツールに「UA-」ID を提供しただけの場合は、ユニバーサル アナリティクス プロパティでのみデータを確認できます。

  1. 「グローバル サイトタグ(gtag.js)」を探します。アナリティクスのページタグは、セクション全体がコードで構成され、以下のコードから始まります。
    <!-- Global Site Tag (gtag.js) - Google Analytics -->
    そして、以下のコードで終わります。
    </script>

CMS のカスタム HTML 機能を使って、Google アナリティクスのページタグ全体をコピーしてウェブサイトに貼り付けます。

リアルタイム レポートで、データを受信していることを確認します。

ウェブサイト作成ツール / CMS カスタム HTML を追加する方法
Blogger 手順
Cart.com 手順については Cart.com のサポート窓口にお問い合わせください
HubSpot 手順
Magento 手順
One.com 手順については One.com のサポート窓口にお問い合わせください
Salesforce(Demandware) 手順については Salesforce のサポート窓口にお問い合わせください
VTEX 手順については VTEX のサポート窓口にお問い合わせください
Weebly 手順

データ収集が開始されるまでに最大で 30 分かかる場合があります。その後、リアルタイム レポートで、データを受信していることを確認できます。

グローバル サイトタグをウェブページに直接追加する

ウェブページの HTML コードを編集する作業です。ご自身で以下の手順を行えない場合は、ウェブ開発を担当されている方に依頼してください。

  1. 「グローバル サイトタグ(gtag.js)」を探します。アナリティクスのページタグは、セクション全体がコードで構成され、以下のコードから始まります。
    <!-- Global Site Tag (gtag.js) - Google Analytics -->
    そして、以下のコードで終わります。
    </script>
  2. アナリティクスのページタグ全体をコピーして、ウェブサイトの各ページの <head> の直後に貼り付けます。

データ収集が開始されるまでに最大で 30 分かかる場合があります。その後リアルタイム レポートを参照すれば、データが届いていることを確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false
false