この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2023 年 10 月 1 日)をもってデータ処理が停止されます。

[GA4] 管理画面でのイベントの変更と作成

サイトまたはアプリのコードを変更することなく、既存のイベントに基づいてイベントを変更または新規作成する

イベントを作成、変更する方法は 2 つあります。

  • コード内で Google タグ マネージャーまたは API(gtag.js や Firebase など)を使用する
  • 設定の際に、アナリティクスの [設定] > [イベント] オプションを使用する

この記事では、アナリティクスの設定でイベントを変更、作成する方法について説明します。アナリティクスで作成されたすべてのイベントは、既存のウェブサイトおよびアプリのイベントに基づきます。イベントを変更したり、作成したりする理由として、一般的には次のようなものがあります。

  • 複数のプロパティとデータ ストリームの間で同じイベント名を使用してレポートを簡略化する
  • 測定エラーの原因となっている、イベントの名前、条件、パラメータの入力ミスを修正する
  • 既存のイベントに基づいて新しいイベントを作成し、特定の条件でトリガーする
  • イベントのスコープを絞り込み、コンバージョンとして扱うよう設定する
Google アナリティクス管理画面でイベントを作成または変更する前に、ウェブサイトのコードまたは Google タグ マネージャー コンテナにイベントがまだ存在していないことを確認してください。すでに存在するイベントを作成した場合、そのイベントがトリガーされた回数が重複してカウントされます。
アナリティクスでイベントを変更したり作成したりするには、編集者の役割が必要です。
この記事の内容:

イベント設定オプション

アナリティクスの [設定] > [イベント] ページには、既存のイベントを使用するオプションがあります。この既存のイベントには、アナリティクスで提供される自動収集イベント、測定機能の強化イベント、推奨イベントのほか、組織内のユーザーが作成した、またはサードパーティが作成したカスタム イベントが含まれます。

イベントの変更と作成には次のような違いがあります。

  • [イベントを変更] を選択すると、既存のイベントが上書きされます。条件とパラメータの追加、変更、削除ができます。
  • [イベントを作成] を選択すると、既存のイベントから新しいイベントが作成されます。既存のイベントのパラメータをコピーして、新しい条件とパラメータを追加できます。また、アナリティクスで既存のイベントから作成したイベントを編集することもできますが、その場合は [イベントを作成] フローではなく、[イベントを変更] フローから編集を行います。編集方法については、アナリティクスで作成したイベントを変更するをご覧ください。
他のユーザーから提供されたイベントを変更する場合は、予期しない結果が生じる可能性があるため十分に注意してください。たとえば、特定のページにスコープを絞るために Google から提供された page_view イベントを変更すると、他のページからデータは収集されなくなります。変更するのではなく、page_view イベントに基づいて新しいイベントを作成すると、元のイベントは変更されません。

イベントを変更または作成するには、以下を指定します。

  • 一致する条件。既存のイベント名と、イベントのトリガー条件などが該当します。たとえば、特定のウェブページで発生するスクロール イベントをキャプチャしたいとします。この場合、ページの名前が一致する条件になります。
  • パラメータ設定。アナリティクスから自動的に送信されるパラメータや、コードまたはアナリティクスに追加されたカスタム パラメータなどが該当します。詳しくは、イベント パラメータについての記事をご覧ください。

また、[設定] > [イベント] ページと [設定] > [コンバージョン] ページでも、新規イベントと既存のイベントをコンバージョンとして扱うよう設定することができます。コンバージョンの扱い方に関する詳しい手順については、コンバージョン イベントのセットアップと管理をご覧ください。

制限事項

アナリティクスで設定されたイベントには次のような制限があります。

  • 変更および作成されたイベントは、過去のデータには適用されません。
  • 変更できる既存のイベント数は最大 50 件、既存のイベントに基づいて作成できるイベント数は最大 50 件です。
  • 変更が有効になるまで 1 時間以上かかります。
  • クライアント サイドでの変更は、処理を行うためにデータがアナリティクスに送信される前に実行されます。
  • 変更されたイベントは、イベントの変更リストに表示されている順序で実行されます。
  • 変更されたイベントの処理は、作成されたイベントの処理の前に行われます。
  • 作成されたイベントを並べ替えることはできません。
  • gtag.js を使用する場合は、items 配列のパラメータ(item_branditem_nameitem_id など)に基づいてカスタム イベントを作成、変更することはできません。

動画を見る

次の動画では、アナリティクスでイベントを作成、変更する方法を紹介しています。

動画の作成日以降に、Google アナリティクスの左側のナビゲーションが更新されました。このページで説明する手順を代わりに参照してください。

Create Events in Google Analytics 4 properties

 

Edit Events in Google Analytics 4 properties

ご希望の言語で動画の字幕を表示する方法

上記は英語の動画です。自動字幕を使用すると、ご希望の言語に翻訳されます。

  1. 動画の再生を開始します。
  2. クローズド キャプションをオンにするには、[CC] をクリックします。
  3. 設定アイコン 設定 をクリックします。
  4. [字幕] をクリックし、[自動翻訳] をクリックします。
  5. 言語を選択します。

イベントを作成する

既存のイベントから新しいイベントを作成する理由の 1 つは、スコープを絞り込むためです。たとえば、ユーザーがサイトで任意のページを表示すると page_view イベントがトリガーされます。特定のページを表示したユーザーを個別にトラッキングしたい場合は、page_view イベントから新しいイベントを作成し、ユーザーが該当ページを表示したときにイベントを呼び出すようにします。

アナリティクスでイベントを作成するには、まずベースとなる既存のイベントを決めます。次に、既存のイベントで使用しているパラメータを確認します。最後に、新しいイベントをトリガーする条件を選択し、他のデータをキャプチャするパラメータを追加するかどうかを決定します。

ヒント: Google が提供するイベントのパラメータを確認するには、イベントに関するドキュメントをご覧ください。自分自身または組織内の他のユーザーが作成したイベントに関連付けられているパラメータを確認する場合は、リアルタイム レポートに移動してください。[イベント名ごとのイベント発生数] 表で、イベントをクリックして詳細を表示します。EVENT PARAMETER KEY 列には、そのイベントのすべてのパラメータが一覧表示されます。

イベントの命名規則

新しいイベントの名前は、次のルールに従い選択します。

  • イベント名では大文字と小文字が区別されます。たとえば、my_eventMy_Event は、2 つの異なるイベントになります。
  • イベント名の先頭は英字にする必要があります。英数字とアンダースコアのみ使用できます。スペースは使用できません。
  • 予約済みの接頭辞とイベント名を使用することはできません。

    予約済みの接頭辞とイベント名
    このリストはすべてを記載しているわけではなく、定期的に更新される可能性があります。予約された接頭辞または名前を使用しようとすると、エラー メッセージが表示されます。

    ウェブ

    接頭辞

    • _(アンダースコア)
    • firebase_
    • ga_
    • google_
    • gtag.

    イベント名

    • app_remove
    • app_store_refund
    • app_store_subscription_cancel
    • app_store_subscription_convert
    • app_store_subscription_renew
    • first_open
    • first_visit
    • in_app_purchase
    • session_start
    • user_engagement

    モバイル(Android と iOS)

    接頭辞

    • _(アンダースコア)
    • firebase_
    • ga_
    • google_
    • gtag.

    イベント名

    • ad_activeview
    • ad_click
    • ad_exposure
    • ad_query
    • ad_reward
    • adunit_exposure
    • app_background
    • app_clear_data
    • app_exception
    • app_remove
    • app_store_refund
    • app_store_subscription_cancel
    • app_store_subscription_convert
    • app_store_subscription_renew
    • app_update
    • app_upgrade
    • dynamic_link_app_open
    • dynamic_link_app_update
    • dynamic_link_first_open
    • error
    • firebase_in_app_message_action
    • firebase_in_app_message_dismiss
    • firebase_in_app_message_impression
    • first_open
    • first_visit
    • in_app_purchase
    • notification_dismiss
    • notification_foreground
    • notification_open
    • notification_receive
    • notification_send
    • os_update
    • session_start
    • session_start_with_rollout
    • user_engagement

イベントの作成手順

既存のイベントからイベントを作成するには:

  1. 左側のパネルで [設定] をクリックし、[イベント] を選択します。
  2. [イベントを作成] をクリックします。
  3. プロパティに複数のデータ ストリームがある場合は、データ ストリームを 1 つ選択するよう求められます。
  4. [作成] をクリックします。
  5. [カスタム イベント名] に、イベントの命名規則に準拠する新しいイベントの名前を入力します。
  6. [一致する条件] の [] に、このイベントのベースとなる既存のイベントの名前を入力します。
  7. [条件を追加] をクリックして、新しいイベントをトリガーする条件を指定します。
  8. [ソースイベントからパラメータをコピー] チェックボックスをオンにして、元のイベントと同じパラメータを使用します。たとえば、page_view が送信されたら新しいイベントをトリガーし、新しいイベントで page_view と同じパラメータを使用したい場合は、このチェックボックスをオンにします。
  9. ソースイベントからパラメータをコピーする場合は、パラメータ値に加える変更を指定します。たとえば、page_view イベントが「確認」という page_title とともに送信されるたびに新しいイベントがトリガーされ、その新しいイベントで page_title の値を変更したい場合は、その変更する値をここで指定します。

[] セクションでは、一般的なユースケースで一致する条件パラメータ設定を指定する方法を例示します。

イベントを変更する

既存のイベントを変更すると、そのイベントは上書きされます。他のユーザーから提供されたイベントを変更するときは、注意が必要です。イベントを変更する前に、既存のイベントで使用しているパラメータを確認し、イベントの変更方法を決めてください。

ヒント: Google が提供するイベントのパラメータを確認するには、イベントに関するドキュメントをご覧ください。自分自身または組織内の他のユーザーが作成したイベントに関連付けられているパラメータを確認する場合は、リアルタイム レポートに移動してください。[イベント名ごとのイベント発生数] 表で、イベントをクリックして詳細を表示します。EVENT PARAMETER KEY 列には、そのイベントのすべてのパラメータが一覧表示されます。
以降のセクションでは、次の方法について説明します。

変更手順

既存のイベントを変更する手順は次のとおりです。
  1. 左側のパネルで [設定] をクリックし、[イベント] を選択します。
  2. [イベントを変更] をクリックします。
  3. プロパティに複数のデータ ストリームがある場合は、データ ストリームを 1 つ選択するよう求められます。
  4. [作成] をクリックします。
  5. [変更の名前] で、加える変更に固有の説明(「pub_article の名前を publish_article に変更」など)を入力します。
    [変更の名前] はイベントの変更リストに表示されるため、変更内容がわかる文を入力しましょう。たとえば、変更されたイベントの順序を並べ替える必要がある場合には、変更されたイベントが依存するイベントを名前に含めると、順序を簡単に変更できます。
  6. [一致する条件] の [] に、変更する既存のイベントの名前を入力します。
  7. 変更されたイベントをトリガーする追加条件を入力するには、[条件を追加] をクリックします。
  8. [パラメータの変更] で、適用する変更を指定します。たとえば、以下の例では、イベント名を「publish_article」に変更するよう指定しています。その他の例
    パラメータの変更
    パラメータ 新しい値
    event_name publish_article
  9. [保存] をクリックします。
修正は過去のデータには適用されません。保存した変更が収集した新しいデータに適用されるまでには、時間がかかることがあります。その他の制限事項をご覧ください。

イベントの変更を並べ替える

イベント変更は、変更リストに表示される順序でデータに適用されます。相互依存する修正がある場合は、この順序が重要となります。

たとえば、[修正 1] でイベントの名前を変更し、その新しい名前を基に [修正 2] で別のイベントを作成する場合、修正を [修正 1] > [修正 2] の順に実行する必要があります。リストに含まれる変更が順不同になっている場合、修正 2 は失敗します。

イベントの変更を並べ替えるには:

  1. 左側のパネルで [設定]、[イベント] の順にクリックします。
  2. [イベントを変更] をクリックします。
  3. プロパティに複数のデータ ストリームがある場合は、データ ストリームを 1 つ選択するよう求められます。
  4. [イベントの変更] パネルで、[並べ替え] をクリックします。
  5. 必要に応じて、変更をリスト内で別の位置にドラッグします。
  6. [適用] をクリックします。

アナリティクスで作成したイベントを変更する

アナリティクスで作成したイベントを変更する手順は次のとおりです。
  1. 左側のパネルで [設定] をクリックし、[イベント] を選択します。
  2. [作成] をクリックします。
  3. [カスタム イベント] 表で、変更するイベントを選択します。
  4. [設定] にカーソルを合わせ、編集アイコンをクリックします。
  5. 必要に応じて、条件とパラメータを調整します。
  6. [保存] をクリックします。

既存のイベントの名前を変更する

 以下の例は、イベントの名前を pub_article から publish_article に変更する方法を示したものです。この変更後に収集されたすべてのデータについては、pub_article の代わりに publish_article がレポートに表示されます。

コンバージョンとして扱うよう設定されたイベントの名前を変更すると、そのイベントはコンバージョンではなくなります。イベント パラメータを変更しても名前を変更しなければ、そのイベントはそのままコンバージョンとして扱われます。

イベントを変更する

変更の名前

pub_article を publish_article に変更する

一致する条件
パラメータ 演算子
event_name 次と等しい pub_article

パラメータの変更
パラメータ 新しい値
event_name publish_article

既存のイベントからイベントを作成する

条件に基づいてイベントをトリガーする必要があるものの、既存のイベントを変更したくない場合は、新しいイベントを作成します。 

たとえば、ユーザーがウェブサイトで 1 つの記事を最後までスクロールすると、既存の article_scroll イベントがトリガーされるとします。商品ページ(product.html)のスクロールについて個別のレポートを作成する場合は、新しい product_scroll イベントを作成するとよいでしょう。新しいイベントのトリガー後に収集されたすべてのデータについては、article_scrollproduct_scroll の両方がレポートに表示されます。

イベントを作成する

カスタム イベント名

product_scroll

一致する条件
パラメータ 演算子
event_name 次と等しい article_scroll
page_location 次を含む(大文字と小文字を区別しない) product

値に基づいてイベントをトリガーする

新しいイベントのトリガーとして使用する既存のイベントまたはパラメータを特定します。

値が 100 ドル以上の purchase イベントが送信されるたびに、「large_purchase」というカスタム イベントを作成するとします。

  1. カスタム イベントの名前として「large_purchase」と入力します。
  2. 一致する条件を入力します。
  3. 元のイベントのパラメータを新しいイベントにコピーします。

カスタム イベント名

large_purchase

一致する条件
パラメータ 演算子
event_name 次と等しい purchase
value 次の値以上 100

パラメータ設定

 ソースイベントからパラメータをコピー

この例では、purchase イベントの値が 100 以上の場合、元の purchase イベントはそのまま残り、新しい「large_purchase」イベントも記録されます。

パラメータの変更

変更手順またはアナリティクスで作成したイベントを修正するの説明に沿ってイベントを開き、イベント パラメータ値を変更、コピー、削除します。

パラメータ値を変更する

イベント パラメータ値を変更するには、[パラメータ] でパラメータを選択し、[新しい値] に使用する値を入力します。たとえば、level_name の値を「Scary dungeon」に変更するには、level_name パラメータを選択して、新しい値を入力します。

パラメータの変更
パラメータ 新しい値
level_name Scary dungeon

パラメータ値をコピーする

パラメータの値は別のパラメータの値で置き換えることができます。置き換えを行うには、新しいパラメータの名前を二重の角かっこ([[]])で囲んで [新しい値] に入力します。

パラメータの変更
パラメータ 新しい値
level_name [[other_parameter]]

たとえば、スペルが間違っている(level_name ではなく lvl_name)パラメータを使ってイベントが実装されているとします。これを修正するには、まずスペルミスのあるパラメータを正しいパラメータにコピーします。

パラメータの変更
パラメータ 新しい値
level_name

[[lvl_name]]

イベント パラメータを削除する

必要のないパラメータは削除できます。その場合、パラメータ値を空白に設定します。

パラメータの変更
パラメータ 新しい値
[[lvl_name]]  
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false
false