ウェブ トラッキング コードの設定を確認する

データが収集され、レポートに表示されていることを確認します。

ウェブ トラッキング コードが正しく機能しているかどうかわからない場合は、次のいずれかの方法でご確認いただけます。

この記事の内容:

リアルタイム レポートを確認する

リアルタイム レポートは、サイトの現在のアクティビティを確認できるレポートです。このレポートにデータが含まれていれば、トラッキング コードによって正常にデータが収集され、Google アナリティクスに送信されています。

リアルタイム レポートの [概要] と [行動] では、特定のページ(タグ付けしたページ)のアクティビティを確認できます。サイトに含まれるページのなかにトラッキング コードを追加していないものがある場合は、タグ付けしたページのデータがトラッキング コードによって送信されているかどうか、[概要] レポートや [行動] レポートで確認することができます。これらのレポートでは、特にアクティブなページのアクティビティのみが表示されるため、網羅的な確認はできませんが、トラッキング コードが正しく機能しているかどうかを判断する役には立ちます。

リアルタイム レポートは次の手順で表示できます。

  1. Google アナリティクス アカウントにログインします。
  2. トラッキング コードを設定したページのいずれかのビューを開きます(トラッキング コードをウェブサイトに追加したばかりの場合、ビューが 1 つしかない可能性があります)。
  3. [レポート] を開きます。
  4. [リアルタイム] > [サマリー] または [リアルタイム] > [行動] をクリックします。
[行動] > [サイト コンテンツ] レポートを使うと、リアルタイム レポートには表示されていないページを確認することができます。ただし、リアルタイム レポート以外で使用するデータの処理には 24~48 時間かかります

Google Tag Assistant を使って設定を確認する

Google Tag Assistant は、Google アナリティクス タグ(トラッキング コード)が正しく呼び出されているかどうかを確認できる Chrome ブラウザの拡張機能で、無料でお使いいただけます。このツールを使えば、サイトにおけるユーザーの行動を記録して、そのなかで送信されたあらゆるヒット(ページビュー)に関するレポートを表示し、送信されたヒットに関するエラーが発生していないかを確認することができます。

下の画像は、Tag Assistant で表示されたエラーの例を示します。

Google Tag Assistant Recordings のエラーと警告
Google Tag Assistant Recordings の [Alerts] セクション

Tag Assistant レポートの例はこちらでもご確認いただけます。

さらに詳しくは、Google Tag Assistant のインストールとユーザー行動の記録に関する記事をご確認ください。

 

トラッキング コードの設定に関するトラブルシューティング

アナリティクス アカウントにデータが表示されない場合や、セッション数が大幅に減少している場合は、こちらのトラブルシューティングをお試しください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。