IAB 透明性と同意に関するフレームワーク v2 および Google アナリティクス

IAB 透明性と同意に関するフレームワーク(TCF)はオープン標準の技術フレームワークです。ウェブサイト、広告主、および広告代理店は TCF を利用して、ウェブページのユーザーの同意を取得、記録、更新できます。Google アナリティクスでは TCF バージョン 2 を統合し、gtag.js や Google タグ マネージャーを使用しているユーザーの広告向けの機能を管理します。

実装

TCF サポートを有効にするには、次の window プロパティを true に設定します。

window['gtag_enable_tcf_support'] = true

この window プロパティは、gtag() を呼び出す前に、TCF サポートを有効にする各ページに設定する必要があります。このプロパティが設定されていない場合、またはプロパティが false に設定されている場合は、TCF サポートは有効になりません。

目的

TCF のコンテキストでの「目的」とは、データを処理するための定義済みインテントを指します。Google タグ マネージャーまたは gtag.js を使用して実装した Google アナリティクス タグのうち、TCF サポートが有効になっているタグは、同意文字列を含むリクエストを次の方法で処理します。

目的 説明 目的が拒否された場合に生じる Google アナリティクスへの影響
1 デバイスに情報を保存またはアクセスする Google アナリティクスでは広告関連の Cookie を作成したり、使用したりできません。Google シグナルの機能(リマーケティング、ユーザー属性、インタレスト カテゴリなど)では、同意を得ていないユーザーのデータは蓄積されません。
3 パーソナライズド広告のプロファイルを作成する Google アナリティクスへのヒットには、npa=1 パラメータが設定されます。

npa=1 が設定されたイベントは広告のパーソナライズの対象にならないため、リマーケティング ユーザーリストの評価には使用されません。オーディエンス リストに追加済みのユーザーは影響を受けません。
7 広告のパフォーマンスを測定する allow_google_signals は false に設定されます。

Google アナリティクスでは広告関連の Cookie は使用されません。Google シグナルの機能(リマーケティング、ユーザー属性、インタレスト カテゴリなど)では、同意を得ていないユーザーのデータは蓄積されません。
9 マーケット リサーチを適用してオーディエンス分析を生成する allow_google_signals は false に設定されます。

目的 7 と同じです。
10 商品の開発と改善を行う allow_google_signals は false に設定されます。

目的 7 と同じです。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。