検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

第三者配信に関する要件

2015 年 9 月に Chrome プラグイン データセーバー機能が公開されました。これを受けて、今後クリエイティブの作成には、Flash ではなく HTML5 をご使用いただくようお願いしております。Flash 広告では自動的に広告が一時停止する問題が確認されているため、HTML5 で広告を作成することで、掲載結果の低下、リーチの縮小といった問題を防ぐことができます。AdWords では、2016 年 6 月以降、Flash クリエイティブをアップロードできなくなりました。6 月より前にアップロードされた Flash クリエイティブは、2017 年 1 月に配信が停止されます。

第三者配信プログラムは、Google が認定した一部の広告主様や代理店様のみご利用いただけます。このポリシーで特に指定されていない限り、第三者によるタグに関連付けられるすべての広告は、Google AdWords のイメージ広告のポリシーに準拠する必要があります。

Google ディスプレイ ネットワークで広告を掲載するかピクセル トラッキング(ビーコン)を使用している広告主様は、次に該当する場合、このポリシーに準拠していただく必要があります。

  • 第三者による広告配信プログラムに参加している
  • 第三者配信を使用している
  • リサーチ ベンダーを利用している
  • 第三者配信事業者である
  • リサーチ ベンダーである

お客様を担当する Google アカウント マネージャーがいる場合は、お問い合わせフォームを通じて AdWords アカウントへの第三者実装をリクエストしていただけます。担当の Google アカウント マネージャーがいない場合に第三者実装のサポートを依頼するには、リクエスト フォームにご記入ください。

Google ディスプレイ ネットワークの要件(AdWords 利用)

すべて展開   すべて折りたたむ

AdWords の技術仕様

標準バナー広告
第三者広告配信の標準バナーにおける技術仕様と広告
ユニットサイズ:
  • 120×600
  • 160×600
  • 200×200
  • 240×400
  • 250×250
  • 250×360
  • 300×250
  • 300×600
  • 300×1050
  • 320×50
  • 320×100
  • 336×280
  • 468×60
  • 580×400
  • 728×90
  • 930×180
  • 970×90
  • 970×250
  • 980×120
ファイル形式:
  • 画像: JPG / JPEG、PNG、GIF
  • HTML5:
    • 画像ファイル形式
      • GIF
      • JPG / JPEG
      • PNG
      • SVG
    • 動画ファイル形式:
      • MP4(必須)
      • WebM
      • Ogg
    • その他のファイル形式
      • CSS
      • JavaScript

読み込み要件

  • 初期読み込みサイズ:
    • 初期読み込み時間を最短にするには、150 KB 以下にすることをおすすめします。
    • ユーザー エクスペリエンスの観点から、初期読み込みでは必要最小限の容量のアセットを圧縮して使用することをおすすめします。
    • ユーザーの操作によらず開始した読み込みの合計サイズ*: 最大 2.2 MB
    • *ユーザーの操作によらず開始した読み込みの合計サイズには、初期読み込みとそれ以降の読み込み(またはポライトロード)が含まれます。
  • ユーザー操作による読み込みのサイズ:
    • インタラクションごとに最大 10 MB
    • パフォーマンスを考慮し、合計読み込みサイズを 2.2 MB 以下にすることをおすすめします。
  • ユーザーの操作性を妨げないよう、第三者配信広告を表示する際、ユーザーのパソコンの CPU 使用率が 40% を超えないようにしてください。CPU 使用率が高くなる一般的な原因としては、継続的なアニメーション表示、負荷の高いアニメーション構成、30 秒の制限を越えるアニメーションなどがあります。広告で Flash を使用している場合は、Windows のタスク マネージャー機能を使用して、CPU 使用率の制限を満たしているかどうかをご確認ください。

アニメーションの長さ:

  • ホスト側で開始する動画の最大再生時間: 30 秒
  • ユーザーがクリックで開始する動画の最大再生時間: 4 分

クリエイティブ

  • 下記の「エキスパンド広告ユニット」セクションの仕様に従って作成されたリッチメディア広告を除き、広告ユニットのスペースを超えて広告を展開することはできません。
  • 広告はすべて、ActiveX、ウィルス、イグジット ポップアップ、スパイウェア、マルウェアなど(これらに限定されません)を一切含まない状態である必要があります。
  • 広告をコーディングする際に、複数ドメインにわたるスクリプトを使用したり、未承認のドメインに Cookie を設定したりすることはできません。
  • 広告はすべて別ウィンドウで開く必要があります。リンク先 URL のターゲット ウィンドウを「_blank」に設定し、クリックすると新しいウィンドウが開くようにしてください。ターゲット ウィンドウは必ず指定してください。
  • すべてのサウンドとアニメーション(動画を含む)は、終了ボタンのクリックで停止する必要があります。
  • 背景が部分的に黒や白、透明の広告には、クリエイティブのメインの背景色とは異なるはっきりした色の枠線(部分的に黒の場合は黒以外、部分的に白の場合は白以外)を追加します。
  • デフォルトの画像を指定する必要があります。

HTML5 広告の場合:

  • ファイル要件
    • Flash コンテンツと Flash 代替(SWF と FLV)を HTML5 広告と共に配信することはできません。
  • HTML5 広告の必須要素: 
    • <!<!DOCTYPE html> 宣言と、<html> タグ、<head> タグ、<body> タグを追加します。
    • ゆがみを防ぐため、広告のサイズとプレースメントのサイズを同じにしてください。<head> タグ内に広告サイズの <meta> タグを追加します。
    • 主要なすべてのブラウザで互換性を確保するため、HTML5 広告に動画コンテンツが含まれている場合は、MP4 形式に加えて、WebM または Ogg 形式の動画アセットを用意する必要があります。
  • リッチメディアとその他の機能
    • 次の機能がどの端末でも使用できることを十分にテストし、事前に gTech の承認を受ける必要があります(対象となる機能はこれがすべてではありません)。このポリシーの仕様を満たさない広告要素はすべて見直しのため差し戻されるので、キャンペーンの遅延につながる場合があります。

      • エキスパンド広告ユニット
      • インバナー動画
      • リサーチ(インバナー調査または招待を含む)
      • 位置情報
      • フォーム
      • ドラッグ&ドロップ操作、またはマウスオーバー操作
      • 3D 変換
エキスパンド広告ユニット

2016 年 10 月 1 日より、新しいエキスパンド広告は作成できなくなりました。現在認定を受けているエキスパンド広告ベンダーについては、そのクライアント(広告主様)を専任のアカウント マネージャーがサポートし、そのアセットが 2016 年 9 月 30 日以前に Google に届いている場合に限り、サポートが 2016 年 12 月 31 日まで継続されます。エキスパンド広告は、必ず次のポリシーに準拠させてください。

技術仕様

    展開方法        
ユニットサイズ 展開方向 展開 閉じる 最大ファイルサイズ パネルあたりの最大サイズ 必要なコントロール 音声
728×90~728×270 上または下 クリック時のみ クリック時またはマウスオフ時 150 K(ポライト: 2.2MB) 200 K パネルユニットの隅に、16 pt 以上のフォントの「X(閉じる)」をはっきりと表示する ユーザーのクリックによる再生に限る
468×60~468×180
120×600~240×600 左右
200×200~400×200
250×250~500×250
336×280~672×280
160×600~320×600
300×250~600×250
300×600~600×600

エキスパンド広告に関するガイドライン

  • エキスパンド広告は多方向に対応し、Google のエキスパンド広告 API を使用できる必要があります。
  • プレースメントに応じて、広告は上下、左右のいずれかに平面展開できる必要があります。広告を 2 方向に同時展開することはできません。
  • 広告の展開前のレイヤーでは Z-index 値を 9,010 未満に、展開後のレイヤーでは 11,101 以上に設定する必要があります。これは、Google や第三者配信事業者がオンライン行動ターゲティングでの広告配信オプションとして提供するアイコンに合わせた仕様です。このアイコンの詳細については、以下のオンライン行動ターゲティングでの広告配信オプションのアイコンのセクションをご覧ください。
  • 現在、エキスパンド広告は JavaScript タグの使用を前提としており、iframe タグでは適切に動作しません。
  • 展開を促すフレーズ(CTA): 展開前のパネルは、展開を促すフレーズが視認可能になるまで展開できません。展開操作を促す明確なフレーズ(「クリックして展開」を推奨)を含める必要があります。

    注: 第三者配信のエキスパンド広告は、現時点ではアプリ内配信できません。アプリ内でエキスパンド クリエイティブを配信する場合は、ライトボックス広告フォーマットをご検討ください。

モバイルアプリ内広告

クリエイティブ

  • AdMob アプリ内ネットワークへの広告配信では、標準形式の画像タグ、iframe タグ、JavaScript タグを使用できます。
  • どのクリエイティブを配信するかは第三者広告サーバーが決定します。サポート対象外のファイル形式(SWF など)がタグに含まれている場合、代替クリエイティブまたはデフォルトのクリエイティブが配信されます。同様に、第三者配信のクリエイティブに Cookie などの他の機能が含まれている場合、これらの機能がモバイルアプリ環境では無効になることがあります。
  • モバイルアプリ内エキスパンド広告に使用できる広告枠はインタースティシャルのみです。現時点で、インタースティシャルは第三者広告配信に使用できません。
SSL 準拠の広告ユニット

Google ディスプレイ ネットワークでは、次の要件を満たす SSL 準拠の広告ユニットを使用できます。(YouTube を含め)SSL 広告枠をターゲットとするすべての広告とトラッキング ピクセルが SSL に準拠している必要があります。

SSL 準拠の広告に関するガイドライン

  • すべての広告レスポンスは SSL 準拠(「HTTPS」)である必要があります。関連するすべてのサーバーは完全な SSL 証明書を要求します。
  • 広告タグでは、HTTP や HTTPS プロトコルのリクエストを自動検出し、必要に応じて SSL 準拠となるようレスポンスを自動調整する仕組みが適しています。こうした機能がない場合は、必要に応じて Google で URI や広告タグにプロトコル マクロを挿入し、「http」を「https」に自動更新します。
  • 広告ユニット内で認定第三者以外の呼び出しを使用して他の技術を呼び出す場合、その呼び出しも Google で認定された SSL 準拠の事業者のものである必要があります。
  • 広告の審査にあたっては SSL 準拠の広告を送ることを Google のアカウント担当者にお知らせください。なお、SSL 準拠として宣言された広告でも、SSL に準拠しないレスポンスをする場合は不承認となりますのでご注意ください。
  • SSL 準拠のサイトの広告枠に広告を配信する事業者は、専用の認定を受ける必要があります。認定済みの SSL 準拠の広告配信事業者は、事業者リストに列挙されています。
第三者トラッキング

Google ディスプレイ ネットワークで第三者トラッキング(ピクセル(ビーコン)など)を使用する場合は、必ず以下のポリシーを遵守してください。また、「SSL 準拠の広告ユニット」に関するポリシーも遵守する必要があります。

フォーマット

サイトに掲載される広告ユニットの第三者トラッキングでは、1×1 ピクセルのみ使用できます。JavaScript は許可されていません。

一部のサイトに掲載される広告ユニットの第三者クリック トラッキングでは、クリック トラッカーを使用できます。詳細については、「広告フォーマット」の説明をご覧ください。

認定事業者

AdWords では、Google ディスプレイ ネットワークでの認定事業者による第三者トラッキングをサポートしています。お近くの地域の認定事業者については、事業者リストのセクションでご確認ください。ご利用いただける事業者は Google が認定した技術事業者に限ります。また、利用する事業者の指定は Google の指示のもとで行ってください。

なお、クリック トラッキング事業者は認定不要です。

第四者呼び出しと複数事業者のトラッキング

AdWords 広告が配信されるディスプレイ広告ユニットでは、各種のイベントで複数のインプレッション ピクセルを使うことはできません。ただし、AdWords 広告が配信される動画広告ユニットでは、1 種類のイベントで最大 3 個のピクセルを送信できます(インプレッション 3 回、ビュー 3 回、スキップ 3 回など)。その他のピクセルでは、デイジー チェーン接続による複数の事業者トラッキングや、単一アセットの第四者呼び出しが可能です。その場合は、標準フォーマット(1×1 ピクセル)を使用し、広告配信の時点で各事業者を同時に呼び出してください。複数のピクセルのピギーバック接続やデイジー チェーン接続は、クライアントまたは代理店の責任のもとで行っていただくようお願いいたします。第三者タグで使用できる第四者呼び出しの最大数は、使用するベンダーのタイプによって異なります(認定広告サーバーまたはリッチメディア ベンダーは 1、リサーチ商品は 3、オンライン行動ターゲティングでの広告配信オプションのアイコンは 1 です)。

広告フォーマット

次の広告フォーマットで第三者のピクセルを使用できます。また、一部の広告フォーマットでは複数のイベントをトラッキングできます。ただし、AdWords 広告が配信されるディスプレイ広告ユニットに追加できるピクセルは 1 つのみ、動画広告ユニットに追加できるピクセルは各種イベントごとに 3 つまでです。

広告フォーマット ピクセルの使用 クリック トラッカーの使用
ディスプレイ(ライトボックスを含む)広告 可 - インプレッション ピクセル 1 個
GDN レスポンシブ広告 可 - インプレッション ピクセル 1 個
TrueView インストリーム広告 可 - インプレッション、ビュー、スキップの各ピクセルそれぞれ 3 個まで
TrueView ディスカバリー広告 不可 不可
テキスト広告 不可

コンパニオン バナー

オークション動画広告のコンパニオン バナーだけをトラッキングすることはできません。動画とそのコンパニオン バナーは同じトラッキング情報を使用します。

Google ディスプレイ ネットワークのポリシー要件(AdWords 利用)

一般的なガイドラインと広告の編集に関するポリシー

Google は、閲覧の邪魔になるか不適切と判断した広告を削除する権利を有しています。詳細については、広告掲載のポリシーをご覧ください。

広告は次の要件を満たしている必要があります。

次のような広告は許可されません。

  • 偽のハイパーリンクが含まれている。
  • Windows、Unix、Mac のダイアログ ボックスに似ている。
  • 操作できるように見せかけている。
  • 成人向けコンテンツが含まれている。
  • 音声が含まれている(ユーザーが再生できるリッチメディア広告は除く)。
  • ダウンロードが開始される。
  • 閲覧の邪魔になる。
  • 競合するコンテンツを宣伝している。
  • 誤解を与えるコンテンツが含まれている。
第三者による広告配信
  • Cookie とターゲット設定: Cookie を利用したレポートの作成や、ユーザーに適した広告の選択が可能です。ただし、次の業界標準に従ってデータを収集することが条件となります。
    • NAI Self-Regulatory Code of Conduct for Online Behavioral Advertising(オンライン行動ターゲティングでの広告配信に関する NAI の自主的行動規範: www.networkadvertising.org
    • IAB UK Good Practice Principles for Online Behavioral Advertising(オンライン行動ターゲティングでの広告配信に関する IAB UK の推奨運用原則: www.youronlinechoices.com

    NAI と IAB UK のポリシーに矛盾が生じる場合は、より厳格なほうのポリシーが適用されます。また Google では、お客様がこれらの基準に準拠しているかどうかについて、独自の裁量により判断を下す権利を有しています。

    特に、認定プロセスにおいては、次の要件を満たしている必要があります。

    • サイトにプライバシー ポリシーが掲載されている
    • Cookie を使用した情報収集が行われないように設定するためのリンクが、プライバシー ポリシーのページに目立つように掲載されている
    • 個人を識別できる情報(PII)を属性分けのために使用していない(ユーザーの携帯端末に関連する PII を含む)
    • 機密性の高い属性情報や 13 才未満の子供をターゲットとするために属性情報を使用していない
    • 収集した行動データに対してパケット スニッフィング(盗聴)を行っていない

    行動ターゲティング、広告掲載、レポート作成、複数サイトへの広告掲載を目的として、Flash Cookie、ブラウザ ヘルパー オブジェクト、HTML5 LocalStorage などの LSO(ローカル共有オブジェクト)技術や、端末のフィンガープリントを使用することはできません。

  • データの収集: リーチ、フリークエンシー、コンバージョン数の集計レポートを作成する場合は、この目的についての認定を受けた第三者事業者を利用する場合に限り、Cookie、ウェブビーコン、その他のトラッキング メカニズムを使用して、匿名のトラフィック データを収集することができます。リターゲティングやインタレスト カテゴリの分類を行う目的で、また Google ディスプレイ ネットワークの広告から他のパートナー サイトへのシンジケーションを行うために、Cookie などのメカニズムを使って表示に関するデータを収集することは禁止されています(この制限事項はビュー単位、クリック単位、コンバージョン単位のデータには適用されません)。Cookie やウェブビーコンなどのトラッキング メカニズムは、いかなる目的でも個人を識別できる情報(PII: Personally Identifiable Information)と関連付けることはできません。また、行動ターゲティングにおいて、ユーザーがあらかじめ承知して明示的に許可している場合を除き、これらのメカニズムでユーザーの正確な位置情報を関連付けることもできません。ただし、IP アドレスはここに記載する個人を識別できる情報やユーザーの詳細な位置情報には含まれません。Google が所有、運営するドメイン(DoubleClick ドメインなど。ただし、これに限定されません)上で Cookie を設定したり Cookie の設定を変更、削除したりすることはできません。また、第三者によるこうした行為を支援したり、承知のうえで許可したりすることはできません。データ収集のために Cookie やウェブビーコンなどのトラッキング メカニズムを使用する場合は、これらを使用しないようユーザー側で設定できるオプションをプライバシー ポリシーと併せて目立つように表示する必要があります。

  • 認定第三者以外の呼び出し: 広告で使用できるトラッキング要素は、第三者配信の認定事業者か Google が承認したリサーチ ベンダーの提供するものに限られます。認定第三者以外による呼び出しは許可されません。ただし、認定第三者サーバーまたは Google が明確に認定したリサーチ ベンダー、Google がホストし承認したコード ライブラリの呼び出し、Google と Amazon ストレージへの jQuery、クリエイティブの表示のみを目的とする jQuery に関連付けられたトラッキング要素は除きます。AJAX post() メソッドを使用する必要があり、AJAX get() メソッドは使用できません。詳細については、ユーザーの特定に関するポリシーの遵守ガイドをご覧ください。各タグに関連付けられるのは、1 広告主様のみです。1 つのタグで複数の広告主様を表すことはできません。第三者タグで使用できる認定第三者以外の呼び出しの最大数は、使用するベンダーのタイプによって異なります(認定広告サーバーまたはリッチメディア ベンダーは 1、リサーチ商品は 3、オンライン行動ターゲティングでの広告配信オプションのアイコンは 1 です)。

  • 広告の承認: 第三者配信事業者やリサーチ ベンダーの要素を呼び出す広告やタグでは、必ず事前に十分なテストを行い、キャンペーン開始日の 72 時間前までに Google から事前承認を受ける必要があります。

  • 広告テキストの変更: すべての広告は、事前に Google の承認を受ける必要があります。第三者配信の機能を利用し、広告テキストの置換や変更を行う場合も、Google による事前承認が必要です。 内容が動的に変化する広告については、最初に必ず審査を受けて Google の事前承認を得る必要がありますが、追加の審査や承認は Google の裁量により免除される場合があります。

  • 見直しによる遅延: このポリシーの仕様を満たしていない広告要素はすべて見直しのため差し戻されるため、キャンペーンの遅延につながる場合があります。

  • タグのパフォーマンス: タグの動作は安定している必要があります。タグのパフォーマンスや信頼性が Google の基準を満たしていない場合、Google はキャンペーンを一時停止や中止にする権利を有します。

  • タグの送信: タグを送信する場合は、必ずテキスト形式の添付ファイルとしてメールで送信します(メールの本文では送信しません)。

  • レポート: Google がトラフィックや表示回数に関して提供するレポートは、Google と広告パートナーとの間で記録されたレポートです。第三者配信事業者から広告パートナーに配信されるレポートが、Google と広告パートナーの権利や義務に影響を与えることは一切ありません。

  • コンテキスト認識マクロからのデータ: Google から書面によって許可されている場合を除き、コンテキスト認識マクロからのデータを、そのデータに関連付けられた表示と関係なく使用することはできません。コンテキスト認識マクロからのデータを他の目的や状況で使用することはできません。

  • サイトレベルのタグ設定: Google のプレースメント ターゲット機能を使用している場合は、個別に広告タグが設定されている 4 つ以上のウェブ プロパティのデータを集約し、各プロパティの表示回数を適切に配分する必要があります。個々のサイトにインプレッション レベルで Cookie やウェブビーコンなどのトラッキング メカニズムを関連付けることはできません。
  • ブランドと宣伝: Google の事前の書面による承認なしに、このプログラムへの参加や適合性、Google との関係について公表することはできません。
  • Google アナリティクスの自動タグ設定: Google アナリティクスの自動タグ設定機能は、現時点では第三者配信による広告との互換性がありません。自動タグ設定を使用している場合は、第三者配信による広告と AdWords による広告には別々のアカウントを使用することをおすすめします。自動タグ設定を有効または無効にする場合は、こちらの手順に従って操作してください。
  • ポリシー:
    • 広告を作成する際に、複数ドメインにわたるスクリプトを使用したり、未承認のドメインに Cookie を設定したりすることはできません。
    • 広告は Google のクリック トラッキングに対応し、必要に応じてすべてのクリック イベントを Google に渡す必要があります。
    • Google のクリック トラッキング URL の HTTP ヘッダーは、ユーザーのブラウザによって送信されなければなりません。Google のクリック トラッキング URL には、サーバーサイド リクエストではなく、クライアント サイドの HTTP リクエストを送信してください。
ポップアップ ウィンドウ

ポップアップについて

  • ポップアップとは、元のウィンドウとは別に開くウィンドウを指します。
  • これには、ポップアンダー、定期的または繰り返し表示されるポップアップ、見せかけのシステム警告、自動的にダウンロードを開始するページが含まれます。
  • ポップアップは、その内容に関係なくすべて禁止されています。
音声

音声に関する要件

  • 音声はユーザーのクリックで再生されるようにする必要があります。自動再生することは許可されません。
  • 音声設定は、デフォルトでオフに設定されている必要があります。
  • 広告の音声はすべてユーザーがミュートできるようにする必要があります。
  • 音声は -12dB 以下のボリュームでエンコードする必要があります。
個人を特定できる情報

広告では、個人を特定できるユーザー情報を直接取得することは許可されていません。個人情報には、メール アドレス、電話番号、クレジット カード番号などがあります。広告を通じて機密性の高い情報を収集することはできません。

Cookie、ウェブ ビーコン、その他のトラッキング メカニズムと個人を識別できる情報(PII: Personally Identifiable Information)または行動ターゲティング広告のユーザーの詳細な位置情報は、ユーザーが承知して明示的に利用している場合を除き、いかなる理由でも関連付けることはできません。ただし、IP アドレスはここに記載する個人を識別できる情報やユーザーの詳細な位置情報には含まれません。

リサーチ

Google が承認した場合は、広告キャンペーンに関する調査を実施できます。Google の明示的な許可がある場合、これらの調査では上記の第三者配信事業者に対する制限事項の一部が適用外となります。

すべての調査は次のように実施される必要があります。

  • 相互に合意し、Google を通じて購入した、広告が配信される広告掲載箇所の有効性を測定する目的についてのみ調査を実施することができます。
  • キャンペーン固有のデータを一般公開したり、Google に帰属する複数のキャンペーン データを収集、集計したりする際には、事前に Google から書面による承認を得る必要があります。
  • 調査が認められる第三者リサーチ プロバイダは、Google の認定プロバイダ リストに掲載されている事業者に限られます。
  • 広告タグ内で使用できるリサーチ商品(分析と掲載結果、ブランド認知度の調査、ベリフィケーション サービスなど)は最大で 3 つです。Google 支払いの調査が実施される場合も、この 3 つの制限内に含まれる必要があります。
  • 採用プロセス、インセンティブ、勧誘や招待の内容、アンケートの内容、データ収集、調査の体裁など、すべての方法と調査ツールについては、Google の事前承認が必要となります。
  • ブランドに関する調査の場合は、アンケート内容に関するガイドラインを参照してください。
  • 調査者の責任で、すべての調査結果と関連データを極秘として厳重に管理します。個人を識別しうるデータの要求や収集を行うことはできません(ただし、調査参加者にインセンティブを付与するために必要となる場合を除く)。個人を特定しうるすべてのデータの使用は関連するインセンティブの配布目的のみに限定し、当該データは関連するインセンティブの配布終了後直ちに破棄する必要があります。
  • Google により検証やユーザー指標の調査を行うサービス プロバイダとして分類されている場合は、第三者による正式な監査を受けていることを証明できる必要があります。収集したデータの用途は、広告主様のキャンペーンに関するレポート作成のみに限定されます。Cookie を利用して、サイトレベルの情報(ドメインやURL)を収集することはできません。また、自社のサービスを通じて収集した情報を他者に販売することや、再販売できるようにすることは許可されません。レポートの提出先である広告主様のキャンペーンと無関係なデータを共有、集計することは認められません。なお、ベリフィケーション サービスでは Cookie を設定できません。
  • 検証やユーザー指標の調査を行うサービス プロバイダは、調査や分析の目的にのみ利用できます。広告配信に影響を与えたり、広告が配信されないようにしたりする技術は一切使用できません。これには広告をブロックするサービスなどが含まれますが、これらに限定されません。Google のプログラムに参加する調査ベンダー(検証やユーザー指標の調査を行うサービス プロバイダ、およびその他のベンダー)に与えられる認定は、クライアントが Google ネットワークでこれらのベンダーを利用してもよいとの Google の許可を示すだけのものであり、当該ベンダーが報告するデータや分析の精度を Google が保証するものではありません。また、Google は、Google のレポートと第三者のレポート間で生じる差異や、これらのサービスにより発生する問題に対してクレジットの提供は一切行っていません。
オンライン行動ターゲティング広告配信オプションのアイコン

第三者によるオンライン行動ターゲティングでの広告配信オプションのアイコンを表示するには、次の要件に準拠する必要があります。

  • Google ディスプレイ ネットワークのほとんどのサイトに掲載される広告については、Google の広告配信オプションのアイコン(「AdChoices」)が業界標準に従って広告ユニットの右上に表示されます。
  • Google の広告配信オプションのアイコンに第三者配信オプションのアイコンをレイヤーとして重ねる場合、その第三者配信事業者は Self-Regulatory Program for Online Behavioral Advertising(オンライン行動ターゲティングでの広告配信に関する自主的行動規範: www.aboutads.info)に記載された要件に準拠する責任を負います。これには次の要件が含まれますが、これらに限定されません。
    • レイヤーには、広告配信オプションのアイコンとして正式な 76×15 の「AdChoices」画像を使用する。代わりに 19×15 の「i」画像を使用する場合でも、マウスオーバー時にはフルサイズの 76×15 の「AdChoices」画像に切り替わるようにする。
    • アイコンを広告の右上に表示する。
    • 上部に Google と第三者配信事業者のアイコンを表示できるよう、広告の Z-index 値は 9010 未満に設定する。エキスパンド広告ユニットを使用する場合は、広告の展開前の画像では Z-index 値を 9,010 未満に、展開後の画像では 1,111 以上に設定する。
  • さらに、第三者による広告配信オプションのアイコンで Google の広告配信オプションのアイコンが隠れてしまう場合、第三者のアイコンには、ユーザーのデータ収集や広告内での使用に関連する企業として Google Inc. を含める必要があります。また、Google による Cookie の使用をオプトアウトする機能をユーザーに提供する必要があります。
  • プライバシーに関するメッセージはすべて、広告ユニットの枠内に表示するか、新しいウィンドウを開いて表示する必要があります。ポップアップは使用できません。
  • Google により広告配信オプションのアイコンの表示を許可された事業者が、アイコンの機能に関連付けられた Cookie の読み書きを行うことはできません。
  • 第三者配信オプションとして表示できるアイコンは、Google 認定事業者のものに限られます。AdWords 認定第三者事業者のリストをご覧になり、「サービス内容」の列に「広告配信オプションのアイコン」と記載されている事業者をお探しください。
事業者リスト(全世界)

Google ディスプレイ ネットワークの要件(DoubleClick Ad Exchange 利用)

DoubleClick Ad Exchange を介して Google ディスプレイ ネットワークに広告を掲載するには、次の要件に準拠する必要があります。

第三者による広告配信
  • Cookie とターゲティング: Cookie はレポートを作成したり広告のターゲットを設定したりする目的で使用できます。ただし、使用するデータが次の業界基準に沿って収集される場合に限ります。
    • NAI Self-Regulatory Code of Conduct for Online Behavioral Advertising(オンライン行動ターゲティングでの広告配信に関する NAI の自主的行動規範: www.networkadvertising.org
    • IAB UK Good Practice Principles for Online Behavioral Advertising(オンライン行動ターゲティングでの広告配信に関する IAB UK の推奨運用原則: www.youronlinechoices.com

    NAI と IAB UK のポリシーに矛盾が生じる場合は、より厳格なほうのポリシーが適用されます。また Google では、お客様がこれらの基準に準拠しているかどうかについて、独自の裁量により判断を下す権利を有しています。

    特に、認定プロセスにおいては、次の要件を満たしている必要があります。

    • サイトにプライバシー ポリシーが掲載されている
    • Cookie を使用した情報収集が行われないように設定するためのリンクがプライバシー ポリシーのページに目立つように掲載されている
    • 個人を識別できる情報(PII)を属性分けのために使用していない(ユーザーの携帯端末に関連する PII を含む)
    • 機密性の高い属性情報や 13 才未満の子供をターゲットとするために属性情報を使用していない
    • 収集した行動データに対してパケット スニッフィングを行っていない

    行動ターゲティング、広告掲載、レポート作成、複数サイトへの広告掲載を目的として、Flash Cookie、ブラウザ ヘルパー オブジェクト、HTML5 LocalStorage などの LSO(ローカル共有オブジェクト)技術や、端末のフィンガープリントを使用することはできません。

  • データの収集: リーチ、フリークエンシー、コンバージョン数の集計レポートを作成する場合は、この目的についての認定を受けた第三者事業者を利用する場合に限り、Cookie、ウェブ ビーコン、その他のトラッキング機能を使って匿名のトラフィック データを収集することができます リターゲティングやインタレスト カテゴリの分類のほか、Google ディスプレイ ネットワークの広告から他のパートナー サイトへのシンジケーションを行う目的で Cookie などの機能を使って表示に関するデータを収集することは禁止されています(この制限事項はクリックやコンバージョンに関するデータには適用されません)。Cookie やウェブ ビーコンなどのトラッキング機能は、いかなる目的でも個人を識別できる情報(PII: Personally Identifiable Information)と関連付けることはできません。また、ユーザーがあらかじめ承知して明確に許可している場合を除き、行動ターゲティングにおいてユーザーの正確な位置情報と関連付けることもできません。ただし、IP アドレスはここに記載する個人を識別できる情報やユーザーの詳細な位置情報には含まれません。Google が所有、運営するドメイン(DoubleClick ドメインなど。ただし、これに限定されません)上で Cookie を設定したり Cookie の設定を変更、削除したりすることはできません。また、第三者によるこうした行為を支援したり、承知のうえで許可したりすることはできません。データ収集のために Cookie やウェブビーコンなどのトラッキング機能を使う場合は、これらを使わないようユーザー側で設定できるオプションをプライバシー ポリシーと併せて目立つように表示しなければなりません。なお、第三者事業者のレポートに表示されるモバイル プラットフォームでのリーチやフリークエンシーの数値は、精度が低くなる傾向がありますのでご注意ください。
  • 認定第三者以外の呼び出し: 広告で使用できるトラッキング要素は、第三者配信の認定事業者か Google が承認したリサーチ ベンダーの提供するものに限られます。認定第三者以外による呼び出しは許可されません。ただし、第三者配信の認定事業者や Google が明確に承認したリサーチ ベンダーに関連付けられているトラッキング要素は除きます。
  • タグのパフォーマンス: タグの動作は安定している必要があります。タグのパフォーマンスや信頼性が Google の基準を満たしていない場合、Google はキャンペーンを一時停止や中止にする権利を有します。
  • レポート: Google がトラフィックや表示回数に関して提供するレポートは、Google と広告パートナーとの間で記録されたレポートです。第三者配信事業者から広告パートナーに配信されるレポートが、Google と広告パートナーの権利や義務に影響を与えることは一切ありません。
技術仕様と広告

DoubleClick Ad Exchange を介してウェブサイトに表示される広告枠を購入するには、Adwords に関する技術仕様と広告に記載されているポリシーに準拠する必要があります。

DoubleClick Ad Exchange でモバイル アプリケーションに表示される広告枠(「アプリ内広告」)を購入する場合は、以下の技術仕様と広告に準拠する必要があります。

アプリ内広告の技術仕様

端末タイプ(Android または iOS のみ) ユニットサイズ タグタイプ ファイル形式 静止画像の最大ファイルサイズ
スマートフォン 320×50
300×250
336×280
インタースティシャル
アンカータグで囲まれた画像タグ JPEG
PNG
GIF
40 KB
JavaScript タグ
MRAID
HTML5
タブレット 300×250
728×90
468×60
336×280
インタースティシャル
アンカータグで囲まれた画像タグ JPEG
PNG
GIF
150 KB(2.2 MB ポライト ダウンロード)
JavaScript タグ
MRAID
HTML5

アプリ内広告

第三者配信事業者によって配信されるアプリ内広告は、イメージ広告のポリシーと次のポリシーの両方に準拠する必要があります。

  • 標準のイメージ広告フォーマット(JPEG、PNG、GIF)のみ、第三者配信が許可されます。
  • 第三者配信による広告に Flash や Javascript を含めることはできません。
  • 標準のイメージ バナー広告は、標準のリダイレクト タグ(<a href="..."><img src="..." /></a>)を使用して配信する必要があります。
SSL 準拠の広告ユニット

Google ディスプレイ ネットワークでは、次の要件を満たす SSL 準拠の広告ユニットが許可されます。

SSL 準拠の広告に関するガイドライン

  • すべての広告レスポンスは SSL 準拠(「HTTPS」)である必要があります。関連するすべてのサーバーは完全な SSL 証明書を要求します。
  • 広告タグでは、HTTP や HTTPS プロトコルのリクエストを自動検出し、必要に応じて SSL 準拠となるようレスポンスを自動調整する仕組みが適しています。こうした機能がない場合は、必要に応じて Google で URI や広告タグにプロトコル マクロを挿入し、「http」を「https」に自動更新します。
  • 広告ユニット内で認定第三者以外の呼び出しを使用して他の技術を呼び出す場合、その呼び出しも Google で認定された SSL 準拠の事業者のものである必要があります。
  • AdX 購入者はリアルタイム ビッダーや管理画面を使用して、広告が SSL に準拠していることを宣言する必要があります。なお、SSL 準拠と宣言されているにもかかわらず、SSL に準拠しないレスポンスを返す広告は、不承認となりますのでご注意ください。
  • SSL 準拠の VAST 広告の仕様については、インストリーム動画広告ユニット(VAST 準拠)のセクションをご覧ください。
  • SSL 準拠のサイトの広告枠に広告を配信する事業者は、専用の認定を受ける必要があります。認定済みの SSL 準拠の広告配信事業者は、事業者リストに列挙されています。
エキスパンド広告ユニット

Google ディスプレイ ネットワークでは、次の要件を満たすエキスパンド広告ユニットが許可されます。

広告の仕様

  • ユーザーがクリックし、ロールオーバーすると展開する
  • クリックまたはマウスオフで閉じる
  • 最大ファイルサイズ: 150 K(初回)、2.2 MB(ポライト)
  • パネルユニットの隅に 16 pt 以上のフォントの「X(閉じる)」をはっきりと表示

認定事業者

  • DoubleClick Rich Media
  • EyeWonder
  • Flashtalking
  • MediaMind
  • PointRoll
  • Unicast
  • Mediaplex
  • Weborama
  • Adform
  • Flite
  • Kpsule
  • Linkstorm

最大展開サイズ

Interactive Advertising Bureau 標準サイズ 展開サイズ
468×60 468×210
728×90 728×300
300×250 600×300
160×600 400×600
120×600 420×600
インストリーム動画広告ユニット(VAST 準拠)

DoubleClick Ad Exchange では、次の要件を満たす第三者配信のインストリーム動画広告が許可されます。

技術仕様

インストリーム動画広告
  ファイル形式 最大ファイルサイズ 動画の長さ 最大フレームレート
ユニットサイズ 動画 音声   最長 推奨  
480×360(4:3)
640×360(16:9)
1920×800(5:2)
H.264(動画 / mp4 のみ)、WebM(動画 / webm のみ)動画ファイル形式すべてを含める必要があります(それ以外の形式も含めることはできますが使用されません) MP3 または AAC を推奨 10 MB 60 秒 15 秒以下
(YouTube を含め、ほとんどの広告枠に配信可能)
30 fps
コンパニオン広告(推奨オプション)
  ファイル形式 最大ファイルサイズ アニメーションの長さ 最大フレームレート
ユニットサイズ 画像 フラッシュ   ホスト側で開始する動画の再生時間 ユーザーがロールオーバーやクリックで開始する動画の再生時間  
300×250 GIF、JPG、PNG 形式の静止画像 SWF と代替 GIF / JPG(Flash 7~11.2、AS2、AS3) 50 K 30 秒 4 分 24 fps
300×60

クリエイティブ

  • 第三者配信のインストリーム広告は、DoubleClick Ad Exchange の VAST 認定事業者が Linear VAST タグ(事前に取得されたタグ)を使用して配信することになっています。
  • VAST タグは、Google の VAST 広告サーバーのレスポンスに関する XML の概要に準拠している必要があります。
  • VAST タグで配信される動画広告では、少なくとも 2 つの動画フォーマット用ノード(MP4 と WebM)を含める必要があります。それ以外の形式も含めることはできますが使用されません。
  • <AdSystem> ノード値の統一: すべての VAST タグでノード値を統一し、VAST XML の <AdSystem> ノードで企業を表す固有の統一値を使用してください。たとえば Google の場合、すべての VAST タグで「<AdSystem>Google</AdSystem>」を使用します。
  • 固有の広告 ID 値: 生成される各 VAST タグには、 ノードの「id」属性に対応する固有の値が含まれます。2 つの異なる VAST タグに同じ Ad id 値が含まれることはありません。次の例をご覧ください。
    - VAST タグ 1:  <Ad id="3947179">
    - VAST タグ 2:  <Ad id="8741831">
  • VAST XML の ノードでは、次の種類のリソースのみを使用できます。
    • StaticResource: 画像や SWF ファイルなどの静的ファイルの URI
    • IFrameResource: コンパニオン要素を表示する iFrame 対応ソース URI

    今後、HTMLResource タイプは使用できなくなります。

  • Google の Flash SDK を使用して第三者配信事業者の動画広告を掲載するには、その第三者配信事業者が、Google の関連ドメインすべて、またはすべてのドメインへのアクセスを許可する仕様を crossdomain.xml に含めなければなりません。また、secure 属性を「false」に設定する必要があります。crossdomain.xml の形式は次のとおりです。

    <cross-domain-policy>
     <!-- Allow access to ALL domains
       <allow-access-from domain="*" secure="false"/>
     <!-- OR allow access to the domain from originating request
    </cross-domain-policy>

    重要: ウェブサイトの crossdomain.xml ファイルにドメインを追加すると、該当のドメイン内にホストされている Flash ファイルによって、ウェブサイトにログインしているユーザーのデータが参照されます。そのため基本的には、ユーザー プロフィールなどの認証機能を含むウェブサイトの crossdomain.xml ファイルには広告ネットワークのホストを追加しないでください。

  • Google の HTML5 SDK を使用して第三者配信事業者の動画広告を掲載するには、その第三者配信事業者が CORS ヘッダーをすべてのレスポンスに含める必要があります。CORS ヘッダーの形式は次のとおりです。

    Access-Control-Allow-Origin: [リクエスト請求元からドメインへのアクセスを許可]
    または Access-Control-Allow-Origin: *

    注: Access-Control-Allow-Origin: * と Access-Control-Allow-Credentials: true を組み合わせて使用することはできません。

  • コンパニオン広告では音声は許可されません。
  • 広告ユニットの枠を超えて広告を展開することはできません。
  • 背景が部分的に黒や白、透明の広告には、メインの背景とは異なるはっきりした色の枠線を追加してください。
  • 広告はすべて、ActiveX、ウィルス、イグジット ポップアップ、スパイウェア、マルウェアなど(これらに限定されません)を一切含まない状態である必要があります。
  • コンパニオン広告で Flash を使用する場合は、ユーザーのパソコンの CPU 使用率で 50% を超えないようにしてください。CPU 使用率が高くなる一般的な原因としては、継続的なアニメーション表示、負荷の高いアニメーション構成、30 秒の制限を超えるアニメーション表示などが挙げられます。広告で Flash を使用している場合は、Windows のタスク マネージャー機能を使用して、CPU 使用率の制限を満たしているかどうかをご確認ください。
  • 広告をコーディングする際に、複数ドメインにわたるスクリプトを使用したり、未承認のドメインに Cookie を設定したりすることはできません。
  • 広告はすべて別ウィンドウで開く必要があります。リンク先 URL のターゲット ウィンドウを「_blank」に設定し、クリックすると新しいウィンドウが開くようにしてください。ターゲット ウィンドウは必ず指定してください。
  • Flash 広告の場合:
    • 広告は Flash のバージョン 7~11.2(AS2 と AS3)を使って作成します。
    • デフォルトの画像を指定してください。広告で使用する Flash のバージョンがブラウザでサポートされていない場合は、デフォルトの画像が表示されます。
    • 動画の最後のフレームのアクション スクリプトには「stop()」を含める必要があります。
    • clickTag レイヤーを含め、これを最上位レイヤーとします。
    • 1 つの広告で使用できる clickTag は 2 つまでです。
    • 広告は Google のクリック トラッキングに対応し、必要に応じてすべてのクリック イベントを Google に渡す必要があります。
  • VAST ラッパーの場合:
    • 複数の VAST ラッパーが 1 つの VAST インラインにリダイレクトすることは許可されません。
    • サポートされる TrackingEvents は次のとおりです(ラッパーにはイベントごとに複数のノードを含めることができます)。
      • start
      • firstQuartile
      • midpoint
      • thirdQuartile
      • complete
      • mute
      • unmute
      • pause
      • resume
  • SSL 準拠の VAST 広告の場合:
    • SSL 準拠のサイトの広告枠に VAST 広告を配信する事業者は、個別に証明書を取る必要があります。
    • すべての広告レスポンスは SSL 準拠(「HTTPS」)でなければなりません。関連するすべてのサーバーは完全な SSL 証明書を要求します。
    • VAST タグでは、HTTP や HTTPS プロトコルのリクエストを自動検出し、必要に応じて SSL 準拠となるよう URI やコンパニオン バナーを自動調整する仕組みが適しています。こうした機能がない場合は、必要に応じて Google で VAST タグにプロトコル マクロを挿入し、「http」を「https」に自動更新します。
    • 事業者や AdX 購入者は、主要 VAST 事業者以外が管理している VAST XML 内の URI(、 などのノード)も、SSL 準拠の広告配信またはトラッキングとして Google が承認している事業者のものであることを確認してください。
    • コンパニオン広告バナーに加え、コンパニオン広告バナー内でその他の技術を呼び出す認定第三者以外の呼び出しも、Google が認定した SSL 準拠の事業者のものである必要があります。
    • AdX 購入者はリアルタイム ビッダーや管理画面を使用して、広告が SSL に準拠していることを宣言する必要があります。なお、SSL 準拠と宣言されているにもかかわらず、SSL に準拠しないレスポンスを返す広告は、不承認となりますのでご注意ください。
  • VPAID は GDN 以外のアド エクスチェンジの広告枠でもご利用いただけます。その際、次のポリシーに準拠する必要があります。
    • ライブフィードやユーザーが作成したコンテンツは許可されていません。
    • オーバーレイやリニア以外のフォーマットは現在許可されていません。
    • VPAID タグはすべて AdX VAST 2.0 と 3.0 の最新ポリシーに準拠している必要があります。
一般的なガイドラインと広告の編集に関するポリシー

DoubleClick Ad Exchange 購入者は、AdWords の広告掲載ポリシーの一般的なガイドラインと広告の編集に関するポリシーのセクションに準拠する必要があります。

ポップアップ ウィンドウ

DoubleClick Ad Exchange 購入者は、AdWords の広告掲載ポリシーのポップアップ ウィンドウに関するセクションに準拠する必要があります。

音声

DoubleClick Ad Exchange 購入者は、AdWords の広告掲載ポリシーの音声に関するセクションに準拠する必要があります。

個人を特定できる情報

DoubleClick Ad Exchange 購入者は、AdWords の広告掲載ポリシーの個人を特定できる情報に関するセクションに準拠する必要があります。

調査

Google が承認した場合は、広告キャンペーンに関する調査を実施できます。Google の明示的な許可がある場合、これらの調査では上記の第三者配信事業者に対する制限事項の一部が適用外となります。リサーチタグはアプリ内広告キャンペーンでは使用できません。

すべての調査は次のように実施される必要があります。

  • 調査は、Google を通じて購入し、互いの合意の下で広告が掲載された広告プレースメントの効果を測定する目的でのみ実施できます。ユーザーに対する広告表示をトラッキングする場合に限り、ウェブビーコンなどのトラッキング メカニズムを使用できます。DoubleClick Ad Exchange を使用して Google ディスプレイ ネットワークで調査や調査依頼を行うことは許可されません。第三者配信事業者のタグを調査の実施や依頼に使用する場合は、管理画面の [広告技術の選択] プルダウンで適切なリサーチ ベンダーを選択する必要があります。これにより、Google ディスプレイ ネットワーク以外の Ad Exchange 広告枠で調査の実施や依頼を行うことが可能になります(Google ディスプレイ ネットワークではできません)。
  • キャンペーン固有のデータを一般公開したり、Google に帰属する複数のキャンペーン データを収集、集計したりする際には、事前に Google から書面による承認を得る必要があります。
  • 調査が認められる第三者リサーチ プロバイダは、Google の認定プロバイダ リストに掲載されている事業者に限られます。
  • 調査者の責任で、すべての調査結果と関連データを極秘として厳重に管理します。個人を識別しうるデータの要求や収集を行うことはできません(ただし、調査参加者にインセンティブを付与するために必要となる場合を除く)。個人を特定しうるすべてのデータの使用は関連するインセンティブの配布のみに限定し、当該データは関連するインセンティブの配布終了後直ちに破棄する必要があります。
  • Google により検証やユーザー指標の調査を行うサービス プロバイダとして分類されている場合は、第三者による正式な監査を受けていることを証明できる必要があります。収集したデータの用途は、広告主様のキャンペーンに関するレポート作成のみに限定されます。Cookie を利用して、サイトレベルの情報(ドメインやURL)を収集することはできません。また、自社のサービスを通じて収集した情報を他者に販売することや、再販売できるようにすることは許可されません。レポートの提出先である広告主様のキャンペーンと無関係なデータを共有、集計することは認められません。なお、検証サービスで Cookie を設定することは許可されません。
  • 検証やユーザー指標の調査を行うサービス プロバイダは、調査や分析の目的にのみ利用できます。広告配信に影響を与えたり、広告が配信されないようにしたりする技術は一切使用できません。これには広告をブロックするサービスなどが含まれますが、これらに限定されません。このようなベンダーに対する認定は、クライアントが Google ネットワークでこうしたベンダーを利用することを Google が許可したことを示すだけのものであり、Google のプログラムに参加する調査ベンダー(検証やユーザー指標の調査を行うサービス プロバイダ、およびその他のベンダー)が報告するデータや分析の精度を Google が保証するものではありません。また、Google は、Google のレポートと第三者のレポート間で生じる差異や、これらのサービスにより発生する問題に対してクレジットの提供は一切行っていません。
オンライン行動ターゲティングでの広告配信オプションのアイコン

第三者によるオンライン行動ターゲティングでの広告配信オプションのアイコンを表示するには、次の要件に準拠する必要があります。

  • 第三者広告配信オプションのアイコンを使用する場合は、その第三者広告配信事業者が Self-Regulatory Program for Online Behavioral Advertising(オンライン行動ターゲティングでの広告配信に関する自主的行動規範: www.aboutads.info)に記載された要件に準拠する責任を負います。これには次の要件が含まれますが、これらに限定されません。
    • レイヤーには、広告配信オプションのアイコンとして正式な 76×15 の「AdChoices」画像を使用する。代わりに 19×15 の「i」画像を使用する場合でも、マウスオーバー時にはフルサイズの 76×15 の「AdChoices」画像に切り替わるようにする。
    • アイコンを広告の右上に表示する。
  • プライバシーに関するメッセージはすべて、広告ユニットの枠内に表示するか、新しいウィンドウを開いて表示する必要があります。ポップアップは使用できません。
  • Google により広告配信オプションのアイコンの表示を許可された事業者が、アイコンの機能に関連付けられた Cookie の読み書きを行うことはできません。
  • 第三者配信オプションとして表示できるアイコンは、Google 認定事業者のものに限られます。Ad Exchange 認定事業者のリストをご覧になり、「サービス内容」の列に「広告配信オプションのアイコン」と記載されている事業者をお探しください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

表示中のページは広告掲載のポリシーです。AdWords の一般的なサポート情報については、AdWords ヘルプセンターをご覧ください。