動画広告の要件

動画広告では、ユーザーの興味を引き付ける動画が使用されます。動画広告には、標準の AdWords ポリシーと以下の要件が適用されます。これらの要件が適用されるフォーマットは、TrueView インストリーム広告、TrueView ディスカバリー広告、バンパー広告です。
To find specs and related details for creating video ads, see the Display Specs Help Center.

動画広告の長さ

次のようなケースは許可されません。

15 秒を超えるスキップ不可のインストリーム広告

: 一部の国では、スキップ不可のインストリーム広告が最長 20 秒まで認められ、公開元によっては 30 秒の動画も許可されます。スキップ可能なインストリーム広告に時間制限はありませんが、動画は 3 分未満に収めることをおすすめします。

不承認となった広告や広告表示オプションを修正する方法をご確認ください。 これらの要件に合うように動画を編集できない場合は、ポリシーに準拠する別の動画をアップロードしてください。

動画広告におけるデータ収集

次のようなケースは許可されません。

トラッキング ピクセル(後続の呼び出しも含む)が SSL に対応していない

トラッキング ピクセルがミッドポイント イベントや完了イベントで使用されている

: トラッキング ピクセルはインプレッション、ビュー、およびスキップのイベントには使用できます。

1 つのイベントに複数のトラッキング ピクセルが含まれている

: 1 つのイベントに複数のベンダーのトラッキング ピクセルを含めるには、クライアントまたは代理店がピクセルをピギーバック接続するか、デイジー チェーン接続する必要があります。

データ収集に Javascript を使用している

: サードパーティ クリック リダイレクトやクリック コマンドは使用可能です。

不承認となった広告や広告表示オプションを修正する方法をご確認ください。 これらの要件に合うように動画を編集できない場合は、ポリシーに準拠する別の動画をアップロードしてください。

関連するポリシーと不承認となる一般的なケース

次の AdWords ポリシーは、特に動画広告との関連性が高く、不承認の原因となることが多いものです。ポリシーに違反した場合に適用される措置をご確認ください。

許可されない動画フォーマット

すべての動画は承認された形式でアップロードする必要があります。詳しくは、許可されない動画フォーマットに関するポリシーをご覧ください。

利用できない動画

すべての動画は一般公開する必要があります。詳しくは、利用できない動画に関するポリシーをご覧ください。

関連性が不明確

情報はすべて宣伝するサービスや商品と関連性があるものでなければなりません。たとえば、送信する広告クリエイティブの各フィールドには、宣伝する商品と関連性があり、同一の広告主様に対応した情報を入力する必要があります。詳しくは、関連性が不明確なケースについてのポリシーをご覧ください。

不明確なコンテンツ

広告や広告表示オプションに含める情報やメディアはすべて容易に理解できる内容であり、宣伝する商品、サービス、エンティティが明確に識別できなければなりません。詳しくは、不明確なコンテンツに関するポリシーをご覧ください。 動画には、広告主や商品、サービスを明確に表す名前またはロゴを含める必要があります。

動画の品質

広告で使用する動画は一定の品質基準を満たしている必要があります。詳しくは、動画の品質に関するポリシーをご覧ください。

アダルト コンテンツ

関連性の高い、安全な広告をユーザーに提供するために、Google は特定の状況においてアダルト コンテンツを制限しています。詳しくは、アダルト コンテンツに関するポリシーをご覧ください。 動画広告に成人向けのコンテンツを含めることはできません。

著作権

著作権で保護されたコンテンツを宣伝するには、その著作権を所有しているか、コンテンツを宣伝する権限が法律的に認められている必要があります。詳しくは、著作権のポリシーをご覧ください。

衝撃的なコンテンツ

ユーザーに強いショックを与える可能性のあるコンテンツを広告で使用することはできません。これには、わいせつな言葉、陰惨な表現、残虐な映像などが該当します。詳しくは、衝撃的なコンテンツに関するポリシーをご覧ください。

第三者による広告配信

第三者のトラッキング ピクセルはすべて、第三者配信に関する要件を満たしている必要があります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。