検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

不正なソフトウェア

Google のポリシー

Google では、不正なソフトウェアに感染しているサイトや不正なソフトウェアを販売するサイトの宣伝を認めておりません。

不正なソフトウェアは、場合によっては気付かないうちにサイトに組み込まれてしまうこともありますが、ユーザーの安全を守るため、不正なソフトウェアが発見されたサイトにリンクする広告は一律に掲載停止させていただきます。不正なソフトウェアに関する問題を修正する方法については、後のセクションで解説します。

許可される 許可されない
  • 不正なソフトウェアに感染していないサイト
  • 不正なソフトウェアに感染しておらず、正当なソフトウェアを販売するサイト
  • 不正なソフトウェアに感染しているサイト
  • サイトにアクセスしたユーザーのパソコンに不正なソフトウェアをインストールするサイト
  • 感染しているサイトからコンテンツ(画像、Flash、iframe など)を取り込むサイト
  • 不正なソフトウェアを含むドメインにリダイレクトするサイト

不正なソフトウェアの危険性

不正なソフトウェアはマルウェア(「malicious software」(不正なソフトウェア)に由来)とも呼ばれ、特にコンピュータやソフトウェアに悪影響を与えるために作成されたあらゆるソフトウェアを指します。不正なソフトウェアは、クレジット カード番号やパスワードなどの個人情報を盗んだり、メール アカウントから本人の知らないうちに偽装メールを送信したりします。不正なソフトウェアにはウィルス、ワーム、スパイウェア、トロイの木馬が含まれますが、これらに限定されません。

サイトが感染する経路

気付かないうちにサイトが不正なソフトウェアに感染し、サイトにアクセスしたユーザーに不正なソフトウェアの被害を拡散している可能性もあります。サイトが不正なソフトウェアに感染する場面としては、たとえば次のようなものがあります。

  • サイトで使用するテンプレートをダウンロードした
  • サイト上のさまざまなアプリケーションのためにコードをインストールした
  • 使用しているプラグインやコンテンツ管理システムに、セキュリティ面で既知の脆弱性がある
  • サイトがハッキングを受け、有害なコードに感染した
  • Google が不正なソフトウェアと考えるバイナリがサイトで使用されている

不正なソフトウェアに感染した場合の一般的な症状としては、意図しない URL のリダイレクト、ポップアップ広告、Google 検索結果の改ざん、不要なブラウザ ツールバーやサイド検索バーの追加、パソコンの処理速度の低下などが挙げられます。

不正なソフトウェアに関する問題によってサイトが強制停止された場合の対処方法

下の手順に従って、ご利用のコンピュータに不正なソフトウェアがないか確認し、サイトから悪意のあるコードをすべて削除したうえで、審査用にサイトと広告を送信していただく必要があります。

手順 1: Google ウェブマスター ツール でサイトのステータスをチェックします。

  1. google.co.jp/webmasters にアクセスしてログインします。
  2. ウェブマスター ツールを初めて利用する場合は、入力欄にウェブサイトの URL を入力して [サイトを追加] をクリックします。ご自身のサイトであることの確認をお願いする場合があります。
  3. 該当サイトのステータス表示で、どのような問題があるか確認します。

手順 2: 下のシナリオのうち当てはまるものをクリックすると、次の手順の詳細が表示されます。

ウェブマスター ツールでサイト上に不正なソフトウェアが見つかった
必要な手順の概要は次のとおりです。
  1. サイトを隔離する
  2. 被害の程度を確認する
  3. サイトをクリーンアップする
  4. Google にサイトの再審査を依頼する
こちらの詳しい手順に従って作業を進めます。プライマリ ドメイン、すべてのサブドメイン、リダイレクト先であるすべての確認済みサイトについて、不正なソフトウェアに感染していないようにしてください。

技術的な手順の実施が難しい場合、ウェブ ホスティング プロバイダに相談するか、stopbadware.org(英語サイト)で情報を得てください。

感染したコードやコンテンツをサイトからすべて排除できたら、再審査を依頼してください。自動システムによって 24 時間以内にサイトの再審査が行われます。スキャンで問題が見つからなければ Google が確認を行い、広告の掲載を再開できるかどうかお知らせします。

ウェブマスター ツールでサイト上に不正なソフトウェアが見つからなかった
ウェブマスター ツールが問題を発見できなかった場合も、AdWords のシステムが検出したセキュリティ上の問題がサイトに残っている可能性はあります。サイトのウェブマスターやウェブ ホスティング プロバイダに問題の確認を依頼してください。また、stopbadware.org(英語サイト)でも情報が得られます。解決できない場合、お問い合わせいただければ喜んでサポートいたします。

ポリシーに違反した場合

広告や広告表示オプションの不承認: このポリシーに準拠していない広告や広告表示オプションは不承認となる場合があります。不承認となった広告は、ポリシー違反を修正して承認を得るまで掲載されません。

サイトの強制停止: このポリシーに違反しているウェブサイトは強制停止となる場合があります。その場合、違反が修正されるまで、そのサイトの広告を掲載することはできません。

アカウントの強制停止: 複数の違反や重大な違反があった場合は、アカウントが強制停止されることがあります。強制停止された場合、そのアカウントのすべての広告掲載が停止され、今後お客様の広告掲載が許可されなくなる可能性があります。さらに、場合によっては、関連するその他のアカウントもすべて強制停止され、新たにアカウントを作成しても開設時点で自動的に強制停止されることもあります。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

その他の情報

不正なソフトウェアを検出、削除できる Google のプログラム

Google は不正なソフトウェア削除するプログラムは提供していませんが、Chrome および Firefox で利用できる Google セーフ ブラウジングというサービスを提供しています。このサービスでは、Google で定期的に更新される、フィッシングや不正なソフトウェアの感染が疑われるページのリストと照合して URL をチェックできます。また、よく知られている他社のプログラムを下にいくつかご紹介します。Google はこれらの企業と提携しているわけではありませんので、その有効性について言及することはできませんが、該当するプログラムの最新バージョンを必ず使用するようおすすめいたします。なお、一部の言語や地域ではご利用いただけない場合もあります。

これらのプログラムで問題が解決しない場合は、HijackThis などの高度なトラブルシューティング プログラムを試すことをおすすめします。

不正なソフトウェアについて政府機関に申し立てを行う方法

米国では、連邦取引委員会(FTC)が米国内の不正または不当なビジネス慣習(米国内でホストされているサイトが配布する不正なソフトウェアを含む)についての申し立てを処理します。申し立てを行うには、https://www.ftccomplaintassistant.gov/ をご覧ください。

米国以外の国で申し立てを行うには、21 の国の消費者保護機関を代表する http://www.econsumer.gov/ をご覧ください。

お問い合わせ

このポリシーについてご不明な点がある場合は、次のリンクからお問い合わせいただけます。フォームにお問い合わせの内容をご記入ください。
AdWords サポートに問い合わせる

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。