バージョン 11.5

Google Ads Editor バージョン 11.5 では、拡張テキスト広告、複数のアカウントへの送信、モバイルアプリのエンゲージメント広告、構造化スニペット表示オプションなどの新しい機能が追加されました。

拡張テキスト広告

このバージョンでは、拡張テキスト広告が全面的にサポートされています。

レスポンシブ広告

Google Ads Editor を使ってレスポンシブ広告を一括編集できるようになりました。
 

検索機能の改善

アイテムの検索がしやすくなるよう、検索バーに複数の改善が加えられました。

複数アカウントへの送信

複数のアカウントに同時に変更を送信できるようになりました。

モバイルアプリのエンゲージメント広告

バージョン 11.5 では、モバイルアプリのエンゲージメント広告の作成と編集が可能になりました。

構造化スニペット

このバージョンでは、広告内で商品やサービスの特定の側面を強調できる構造化スニペット表示オプションが全面的にサポートされています。

複数アカウントのインポートとエクスポート

1 つの CSV ファイルを複数のアカウントにインポートしたり、複数のアカウントを 1 つの CSV ファイルにエクスポートしたりできるようになりました。

タイプによるフィルタ

キャンペーンをダウンロードする際に、[タイプで選択] を使って特定のタイプのキャンペーン(すべてのショッピング キャンペーンなど)を選択できるようになりました。

複数の列の並べ替え

バージョン 11.5 では、複数の列を並べ替えられるようになりました。

ターゲティングの積極的な拡張による最適化

モバイルアプリのインストール キャンペーンで作成した新しい広告グループは、デフォルトで [ターゲティングの積極的な拡張による最適化] に設定されるようになりました。

アプリ インストール広告向けの横向き画像

バージョン 11.5 では、アプリ インストール広告の作成時に横向きの画像もアップロードできるようになりました。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。