TrueView 動画キャンペーンを作成、編集する

Google 広告エディタで、TrueView 動画キャンペーンを作成、管理したり、動画キャンペーンの設定を編集したりすることができます。TrueView 動画広告を使用すれば、YouTube ユーザーやインターネット ユーザーに対して、インタラクティブなアプローチが可能です。なお、行動を促すフレーズ(CTA)や見出しを含む TrueView アクション キャンペーンはサポートされていますが、TrueView ショッピング キャンペーンや TrueView アプリ インストール キャンペーンは未サポートである点にご注意ください。

動画キャンペーンを作成する

  1. アカウント ツリーで、動画キャンペーンを表示するアカウントを選択します。
  2. タイプリストで [キャンペーン] を選択します。
  3. データパネルの上にある [キャンペーンを追加] をクリックします。
  4. データ パネルで新しいキャンペーンを選択します。
  5. [キャンペーン タイプ] メニューから、[動画]、[動画 - 行動の促進]、[動画 - バンパー広告]、[動画 - アウトストリーム] のいずれかを選択します。

動画キャンペーンを編集する

  1. アカウント ツリーで、編集するキャンペーンを含むアカウントを選択します。
  2. タイプリストで [キャンペーン] を選択します。
  3. 編集するキャンペーンをクリックします。

次に、設定を編集します。たとえば、コンテンツの除外を適用すると、広告の掲載対象から除外するコンテンツを指定できます。

  1. コンテンツの除外を適用するには、[コンテンツの除外] セクションの [編集] をクリックします。
  2. 広告を表示しないサイト、コンテンツ、広告プレースメントのカテゴリを選択します。
  3. [OK] をクリックします。

掲載ネットワークの設定を変更する場合は、[動画設定] をクリックし、[YouTube 検索]、[YouTube 動画]、または [動画パートナーを含める] を選択します。また、入札戦略を「手動の広告視聴単価」に変更する場合は、[入札戦略] にあるメニューから [手動の広告視聴単価] を選択します。

動画広告では、予算期間に [日別] か [キャンペーンの合計] を設定できます。キャンペーンを作成した後に予算タイプを変更することはできません。

Google 広告は、トラフィックが増加または減少する曜日を考慮しながら、合計予算をキャンペーンの期間全体でなるべく均等に配分することで、掲載結果を最適化します。たとえば、動画キャンペーンの広告の視聴回数が、月曜日と火曜日には減少し、週末には増加するとします。この場合は全体的な予算目標の範囲内で、動画がより多くの視聴回数を獲得する可能性が高い曜日に予算をより多く配分することで、掲載結果が自動的に最適化されます。

キャンペーンの合計予算を設定すると、Google 広告で配信された広告が予算の範囲を超える視聴回数またはインプレッション数を獲得しても、キャンペーンで入力した金額までしか請求は行われません。

広告グループを作成、編集する

  1. アカウント ツリーで、編集するキャンペーンを含むアカウントを選択します。
  2. タイプリストで [広告グループ] を選択します。
  3. [広告グループを追加] をクリックして新しい広告グループを作成するか、編集する既存の広告グループを選択します。

次に、項目を編集します。たとえば、上位のコンテンツの入札単価調整では、Google によって人気があると評価され、1 日あたりのインプレッション数が多く、トラフィックや視聴者とのエンゲージメントが多く発生しているコンテンツの入札単価調整を設定できます。

新しい広告グループを作成する場合は、その広告グループで使用する広告フォーマット(インストリームまたは TrueView ディスカバリー)を指定します。

動画広告を作成、編集する

  1. アカウント ツリーで、編集するキャンペーンを含むアカウントを選択します。
  2. 項目リストで [広告] を選択します。
    • 広告グループのフォーマット設定が「インストリーム」である場合は、[TrueView インストリーム動画広告] を選択します。
    • 広告グループのフォーマット設定が「インストリーム」であり、かつ広告グループが「動画 - アクション促進」型のキャンペーンの配下にある場合は、[TrueView インストリーム動画広告] を選択します。広告を作成する際には、行動を促すフレーズ(必須)と見出し(任意)を指定してください。
    • 広告グループのフォーマット設定が「TrueView ディスカバリー広告」である場合は、[TrueView ディスカバリー広告] を選択します。
    • 広告グループのフォーマット設定が「バンパー」である場合は、[バンパー動画広告] を選択します。
    • 広告グループのフォーマット設定が「アウトストリーム」である場合は、[アウトストリーム広告] を選択します。
  3. 編集パネルで、動画 ID、最終ページ URL、ステータスなどの項目を編集できます。また、[コンパニオン バナー] の [画像を選択] をクリックして、広告に使用する画像をアップロードすることも可能です。

留意点:


広告フォーマットは広告グループタイプと一致する必要があります。たとえば、広告グループのフォーマットがインストリームである場合、その広告グループの広告はすべてインストリーム広告にしてください。

Google 広告エディタと Google 広告との重要な違い

Google 広告エディタと Google 広告(ウェブ上の管理画面)とでは、TrueView キャンペーンの作成や編集において、いくつか重要な違いがあります。次に示す相違点にご注意ください。

  • ショッピング向け TrueView キャンペーン: 現在のところ Google 広告エディタでは、このキャンペーンを作成、ダウンロードすることはできません。
  • TrueView モバイルアプリ インストール キャンペーン: Google 広告エディタでは、このタイプのキャンペーンをダウンロードすることはできますが、その広告をダウンロードすることはできません。そのため、Google 広告エディタではモバイルアプリのインストール向けの広告やキャンペーンを作成、編集しないでください。
  • ターゲット設定: Google 広告では、すべてのユーザー属性と国や地域がデフォルトでターゲットに設定されます。しかし Google 広告エディタにそうしたデフォルト設定はなく、キャンペーン設定でデフォルトとして指定した地域がターゲットに設定されます。ターゲットとする地域を増やすには、[キーワードとターゲット設定] の [地域] セクションで追加してください。

注:

TrueView キャンペーンでは、すべてのユーザー属性(年齢層や性別)をターゲットに含める場合も、キャンペーンごとにユーザー属性の指定を行ってください。Google 広告エディタでは、ユーザー属性によるターゲット設定が一切読み込まれません。

  • コンテンツの除外: Google 広告エディタでコンテンツの除外設定(「成人」と「ラベル未設定」)をデフォルトで表示するには、デフォルトのキャンペーン タイプを [動画] に設定してください。他のキャンペーン タイプをデフォルトに設定して動画キャンペーンを作成すると、Google 広告と違ってデフォルトでコンテンツの除外を設定できません。
  • トラッキング ピクセルの削除: Google 広告エディタで TrueView 動画広告を編集しても、ピクセル トラッキング URL(別称ビーコン)は削除されません。ただし、CSV ファイルや XML ファイルを使ってエクスポートやインポートを行うと、ピクセル トラッキング URL がすべて削除されます。
  • Call-to-Action オーバーレイ: Google 広告エディタでは、動画用の Call-to-Action オーバーレイは作成できません。ただし、CTA を含む動画広告(たとえば TrueView アクション キャンペーン)はサポートされています。
  • プレースメントと動画 ID の検証: 存在しないプレースメントの URL や動画 ID は、Google 広告では拒否されますが、Google 広告エディタでは拒否されない場合があります。
  • YouTube アカウントとのリンク: Google 広告エディタから YouTube アカウントをリンクすることはできません。
     

関連リンク

 

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。