URL パラメータ

URL を介してクリックについての情報を渡す方法。

  • URL パラメータを URL に挿入して URL がクリックについての情報を追跡するようにできます。
  • URL パラメータは、等号(=)によって区切られ、アンパサンド(&)によってつながれたキーと値によって構成されています。
  • 最初のパラメータは URL で常に疑問符(?)の後にきます。
    • 例: http://example.com?product=1234&utm_source=google
  • URL パラメータは、広告の最終ページ URLトラッキング テンプレート、またはカスタム パラメータに含めることができます。
  • AdWords で使用できるものには次の 3 つの異なるタイプがあります。
    • 一般 URL パラメータは情報をウェブサイトに渡します。
      • たとえば、http://example.com?productid=1234 をクリックすると直接ウェブサイトの商品 1234 のページに移動します。
    • 一般 URL トラッキング パラメータは、広告に関するトラッキング情報を記録しますが、Google が作成するものではありません。
      • たとえば http://example.com?utm_source=google は、ユーザーが元々見ていたサイトを記録する共通パラメータ(“utm_source=xyz”)を使用しています。
    • ValueTrack パラメータは、使用しているパラメータに基づいて広告の情報を記録します。
      • このパラメータは URL パラメータの値を表しています(例: URL パラメータ “network={network}” の “{network}”)。{network} パラメータは、ランディング ページ URL でクリックが発生したネットワーク(検索ネットワークディスプレイ ネットワーク)を記録します。詳細

URL オプションでトラッキングやリダイレクトを管理する

ValueTrack でクリックをトラッキングする

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。