検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

掲載結果の分析と改善

掲載結果を評価する

効果の高いキーワードを見つける

キーワードはキャンペーンの動力源であり、目的のユーザーに広告を表示するには、適切なキーワードを選択する必要があります。広告掲載の目標達成に貢献しているキーワードを把握するために、キーワードの掲載結果を定期的に評価してください。

キーワードが期待通りの効果を上げているかどうかはどうしたらわかるでしょうか。まず、次の 2 点を確認します。

1. コンバージョン データで並べ替えて、最も効果的なキーワードを特定

キーワードの成果を一目で確認するには、コンバージョンの基本的な統計情報でキーワードを並べ替えます。次の例をご覧ください。

  • コンバージョンでキーワードを並べ替えると、コンバージョン数が最も多いキーワードを特定できます。
  • コンバージョン率でキーワードを並べ替えると、コンバージョンにつながる可能性の高いキーワードを特定できます。
  • コンバージョン単価でキーワードを並べ替えると、1 回のコンバージョンの平均費用を把握できます。

コンバージョン データを分析すると、どのキーワードが成果に結びついているのかが明確になります。一般的には、コンバージョン率が高く費用の低いキーワードがあれば、そのキーワードへの投資を続け、コンバージョン率が低く費用の高いキーワードがあれば見直すことをおすすめします。

手作りのチョコレート菓子を宣伝する場合を考えてみましょう。以下のキーワードについてコンバージョンの統計情報を確認します。掲載結果に基づいて(すべてのコンバージョンが同じ値だと仮定)、各キーワードの扱い方を検討します。

 
キーワード コンバージョン数 コンバージョン率 コンバージョン単価
高級 チョコレート 10 2% 1,000 円
チョコレート ショップ 5 0.5% 2,000 円
チョコレート ギフト 5 5% 500 円

キーワード: 高級 チョコレート
このキーワードは、堅実なコンバージョン率でコンバージョンが発生していますので、今後も使用するこ可能性が高いでしょう。
キーワード: チョコレート ショップ

このキーワードは他のキーワードよりもコンバージョン率が低く、費用が高くなっているため、成果改善に向けて見直したほうがよいでしょう。

キーワード: チョコレート ギフト

このキーワードは他のキーワードよりもコンバージョン率が高く、費用も安くなっています。かなり効率のよいキーワードですので、このまま使い続けるべきでしょう(個別単価設定を使用している場合、広告の表示回数やクリック数を増やすために入札単価を引き上げてもいいかもしれません)。

特定期間のキーワードの掲載結果を表示、ダウンロードすることができます。

今すぐ試す: キーワードの掲載結果をコンバージョンを基準に並べ替える

ご利用中の AdWords がリニューアル版か従来版のどちらのバージョンかお選びください。詳細

AdWords 従来版
  1. AdWords にログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. [キーワード] タブをクリックします。必要な列がレポートに表示されていることを確認します(掲載結果データの表に列を追加、削除するには、[表示項目] ボタン、[表示項目を変更] の順にクリックします)。
  4. データを並べ替えるには、並べ替えの基準とする列の名前をクリックします。たとえば、コンバージョン数でデータを並べ替えるには、[コンバージョン] 列の名前をクリックします。
  5. レポートをダウンロードするには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。

今すぐアカウントで試す

AdWords リニューアル版
  1. AdWords にログインします。
  2. [キーワード] をクリックします。必要な列がレポートに表示されていることを確認します(掲載結果データの表に列を追加、削除するには、[表示項目] ボタン(Columns)、[表示項目を変更] の順にクリックします)。
  3. データを並べ替えるには、並べ替えの基準とする列の名前をクリックします。たとえば、コンバージョン数でデータを並べ替えるには、[コンバージョン] 列の名前をクリックします。
  4. 大きなカテゴリに含まれる列では、他のオプションをクリックしてフィルタに含めることができます。

今すぐアカウントで試す

2. 品質スコアを確認して関連性を評価する

AdWords では、広告の表示につながる検索が行われるたびに、その検索に対する広告の品質が計算されます。品質スコアは、広告、キーワード、ランディング ページの関連性の高さを算出した価値ある推定値です。これは、広告とキーワードが顧客の利便性を高めているかどうかを判断する材料にもなります。

以下は、品質スコアに影響を与える主な要素の例です。

  • 推定クリック率: 該当するキーワードで表示された広告がクリックされる可能性を表す指標であり、算出時に広告の掲載順位は考慮しません。
  • 広告の関連性: キーワードと広告の関連度を表す指標です。
  • ランディング ページの利便性: 広告をクリックしたユーザーに対する、ウェブサイトのランディング ページの関連性と利便性を表す指標です。

他のすべての条件が同じであれば、キーワードの品質スコアが高いほど各クリックについてお支払いいただく金額が低くなり、広告の掲載順位も向上します。広告の品質を高めれば、現状の予算のままでも広告の表示回数やクリック数を増やすことができ、投資収益率が向上します。

アカウント内のキーワードは、どれについても品質スコアを確認できます。

今すぐ試す: 品質スコアを確認する

ご利用中の AdWords がリニューアル版か従来版のどちらのバージョンかお選びください。詳細

AdWords 従来版
  1. AdWords にログインします。
  2. 画面上部の [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. [キーワード] タブを選択します。
  4. 任意のキーワードのステータスの横にある白い吹き出し(Ad disapproval bubble)をクリックすると、そのキーワードの品質スコアの詳細情報として、推定クリック率広告の関連性ランディング ページの利便性に関する評価を確認できます。

今すぐアカウントで試す

AdWords リニューアル版
  1. AdWords にログインします。
  2. [キーワード] をクリックします。
  3. キーワードの品質スコアは [ステータス] 列に表示されます。キーワードのステータスをクリックすると品質スコアの詳細情報として、推定クリック率広告の関連性ランディング ページの利便性に関する評価を確認できます。

今すぐアカウントで試す


広告表示につながった検索語句を把握する

キャンペーンの成果を評価するには、キーワードをチェックすることも 1 つの方法ですが、もっと踏み込んだやり方もあります。ユーザーが検索に使っている検索語句を分析すれば、さらなる対策を講じて成果を高めることができます。

それには検索語句レポートを使って、お客様の広告をクリックしたユーザーがよく使っている検索語句を把握します。このレポートから、ユーザーがお客様のビジネスを認知したときに、何を探していたのか把握することができます。

それでは、検索語句とキーワードの違いを確認しましょう。

  • キーワードは広告主様が設定する語句のことで、いつどこに広告を表示するかを決める要素となります。
  • 検索語句は、広告が表示されたときに、ユーザーが検索で実際に使用した語句を指します。たとえば、キャンペーンでキーワード「サッカー シューズ」を設定している場合は、ユーザーが「ユース サッカー シューズ」で検索を行うと広告が表示される可能性があります。この場合は、「ユース サッカー シューズ」が検索語句となります。

検索語句レポートを確認する際には、以下の点についてご注意ください

1. 目的の検索語句で広告が表示されているかどうか

キーワードによって、ビジネスの目標に合った検索語句で広告が表示されているかどうかを確認します。広告が関連性の高い検索で表示され、コンバージョンが発生していれば、適切なキーワードに投資していることを示します。そうでなければ、他のキーワードに予算を配分するべきかもしれません。

[追加済み/除外済み] 項目は、レポートの検索クエリがキーワード(追加済み)または除外キーワード(除外済み)かどうかを示します。

2. 検索語句は関連性が高いかどうか

検索語句レポートでは、これまで考えもしなかった新しいキーワードを見つけることができます。異なるキーワードを使用することで、より多くの顧客に広告を表示するチャンスが生まれます。

ビジネスと関連性が低い、収益につながっていない検索語句がある場合は、その語句を除外キーワードとして追加します。これにより、取り扱っていない商品を探しているユーザーを広告の掲載対象から除外し、キャンペーンの費用対効果を改善できます。たとえば、ユース向けのサッカー シューズだけを販売しているのに、検索語句「メンズ サッカー シューズ」で広告が表示されている場合は、「メンズ」を除外キーワードに設定できます。

3. 適切なキーワード マッチタイプを使用しているかどうか

検索語句レポートの [マッチ タイプ] 項目では、Google での広告表示につながった検索語句と、アカウント内の実際のキーワードとの関連性を確認できます。たとえば、検索語句「サッカー シューズ」が「完全一致」としてリストされていれば、その検索語句がキーワード「サッカー シューズ」と一致していることを示します。

手作りのチョコレート菓子を宣伝する場合を考えてみましょう。以下の検索語句のサンプルデータをご覧ください。この情報に基づいて今後キーワードをどのように扱うかを検討します。

 
検索語句 キーワード キーワードのマッチタイプ 追加済み / 除外済み
高級 チョコレート ギフト チョコレート ギフト 部分一致 なし
チョコレート ショップ チョコレート ショップ 完全一致 追加済み
チョコレート アイス クリーム チョコレート 部分一致 なし

検索語句: 高級 チョコレート ギフト

これは、宣伝している商品に合った語句のようです。「チョコレート ギフト」というキーワードが関連する検索で広告の表示に役立っていることがわかります。より厳密にこの語句を管理したければ、それをキーワード リストに追加することもできます。

検索語句: チョコレート ショップ

この検索語句は [追加済み] となっており、既にキーワード リストに追加されていることを示します。追加の必要はありません。

検索語句: チョコレート アイス クリーム

チョコレート アイス クリームを販売しているのでなければ、この検索語句は関連性が低いと考えられます。関連性の高い検索に絞って広告を表示するには、「アイス クリーム」を除外キーワードとして設定するか、「チョコレート」という一般的な単語をもっと具体的な単語に置き換えるとよいでしょう。


今すぐ試す: 検索語句レポートを表示する

ご利用中の AdWords がリニューアル版か従来版のどちらのバージョンかお選びください。詳細

AdWords 従来版
  1. AdWords にログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. [キーワード] タブをクリックします。
  4. [検索語句] タブをクリックします。検索クエリ
  5. 広告の表示やクリックにつながった検索語句のデータが表示されます。レポートのデータをダウンロードするには、[ダウンロード] ボタン(Download icon)をクリックします。

なお、レポートに表示される検索語句は、24 時間前までの検索で使用され、過去 30 日間にクリックが発生したか、有意な人数のユーザーによって検索された語句のみです。この条件に合わない検索語句のデータは、[その他の検索語句] 行にまとめて表示されます。

今すぐアカウントで試す

AdWords リニューアル版
  1. AdWords にログインします。
  2. [キーワード] をクリックします。
  3. [検索語句] をクリックします広告の表示やクリックにつながった検索語句のデータが表示されます。

なお、レポートに表示される検索語句は、24 時間前までの検索で使用され、過去 30 日間にクリックが発生したか、有意な人数のユーザーによって検索された語句のみです。この条件に合わない検索語句のデータは、[その他の検索語句] 行にまとめて表示されます。

今すぐアカウントで試す

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords ご利用ガイド

AdWords の基本を学びましょう。