検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

クライアント センター(MCC)アカウントを使用してクロスアカウントの掲載結果を確認する

AdWords の MCC アカウントを使用すると、すべての子アカウントの掲載結果を簡単に確認することができます。

この記事では、MCC アカウントのページごとに異なる、アカウントの掲載結果の確認方法を紹介します。MCC アカウントのレポートの詳細については、クライアント センター(MCC)アカウントを使用した掲載結果レポートの作成とスケジュール設定をご覧ください。
 

ご利用中の AdWords が従来版、リニューアル版のどちらのバージョンかお選びください。詳細

* 留意点

非常に規模の大きいアカウントや多数のアカウントを選択すると、一部のデータが表示されない、または機能が実行されないことがあります。そのような場合は、選択範囲を絞り込んでください。

複数の通貨を管理するアカウントに関する重要事項

異なる通貨を含む複数のアカウントを管理する場合は、以下の点をご確認ください。

  • 通貨に関連する項目([費用]、[平均 CPC] など)は、通貨の種類、金額の順で並べ替えられます。
  • 異なる通貨を含む複数のアカウントのデータを表示する場合、[予算]、[費用]、[平均 CPC] などの費用に関連する項目やコンバージョン値に関連する項目の合計は表示されません。
  • サブマネージャー アカウントの場合、費用に関連する項目はサブマネージャー アカウントの通貨に変換されます。期間を長めに設定すると、集計データは変換されません。

[掲載結果] タブでデータを表示する

MCC アカウントの [掲載結果] タブには、1 つのアカウントで使用する場合と同じ統計情報列が多数あります。既定で表示されている列もありますが、必要な列は [表示項目]、[表示項目の変更] の順にクリックして追加することができます。

[直属のマネージャー] 列と [アカウント] 列では、各アカウントの管理者を一目で確認できます。MCC アカウントの下にサブマネージャー アカウントがリンクされている場合は、[掲載結果] タブの [アカウント] プルダウン メニューで、すべてのアカウントまたは直接リンクされているアカウントのみを確認できます。サブマネージャー アカウントを除外することも可能です。[アカウントのラベル] 列では、作成したカスタム アカウントのラベル別にアカウントを表示し、並べ替えることができます。

クライアント アカウントと同様に、期間選択オプションを使って、表示する統計情報の期間を限定、拡大することも可能です。

MCC アカウントの [掲載結果] タブには、子アカウントの合計費用も表示されます。合計費用が表示されるのは、すべての子アカウントが同一通貨を使用している場合に限られます。

[アカウント] タブでアカウント単位のデータを表示する

MCC アカウントの [アカウント] タブでは、直接の管理アカウントとサブマネージャー アカウントの管理アカウントのデータをアカウント単位で表示できます。データには子アカウントの費用の合計が含まれますが、合計費用が表示されるのは、すべての子アカウントが同一通貨を使用している場合に限られます。

既定で表示されている列もありますが、必要な列は [表示項目]、[表示項目の変更] の順にクリックして追加することができます。子アカウントと同様に、期間選択ツールを使って、表示する統計情報の期間を限定することも可能です。

[キャンペーン] タブでクロスアカウントのキャンペーンの掲載結果を表示する

MCC アカウントの [キャンペーン] タブでは、すべてのキャンペーンを追跡できます。[キャンペーン] タブで行える操作は次のとおりです。

  • 子アカウントのキャンペーンについて、選択した期間の AdWords 掲載結果の統計情報を詳細に表示する
  • ビューを簡単に切り替え、関心のあるデータのみを表示する
  • AdWords アカウントを個別に管理する場合と同様に、キャンペーン単位のレポートをダウンロードする
  • 予算を編集する
  • キャンペーンを一括で有効および一時停止にする
  • 新しいキャンペーンを作成する

MCC アカウントの [キャンペーン] タブには、既定では直接の管理アカウントと、リンクされた MCC アカウントの管理アカウントすべてについて、掲載結果の統計情報が表示されます。この表示は、すべてのアカウントのキャンペーンにざっと目を通すには便利ですが、データを詳しく分析するには、対象のアカウントを選択して表示した方が見やすいでしょう。[キャンペーン] タブで表示するアカウントを変更する方法をご確認ください。

留意点

特に規模の大きいアカウントについては、すべてのアカウントを表示するデフォルトのビューでは、データを表示できない場合があります。アカウントにフィルタを適用したとしても、それでもまだ規模がかなり大きければデータは表示されません。その場合は、表示するアカウントをさらに絞り込んでください。

フィルタを使用して最も関心のあるデータを表示する

MCC アカウントでフィルタと分割表示を使用すると、AdWords アカウントを個別に管理する場合と同様に、すべての子アカウントとキャンペーン、リンクされている MCC アカウントの管理アカウントから、必要なデータのみを表示することができます。

MCC アカウントの [アカウント] と [キャンペーン] のタブから、個別の AdWords アカウントの [キャンペーン] タブと同様の各種フィルタを使用します。

留意点

MCC アカウントの [キャンペーン] タブからは、AdWords アカウントを個別に管理する場合と同様に、インプレッション シェア、検索ユーザーの行動経路、オークション分析情報のフィルタを作成することができます。ただし、フィルタ結果に複数のアカウントが含まれる場合には、項目の合計は表示されません。

フィルタを作成する方法

フィルタを作成するには:

  1. [アカウント] または [キャンペーン] タブで [フィルタ] をクリックし、[フィルタを作成] を選択します。
  2. 表示されるパネルでプルダウン メニューをクリックし、フィルタの条件を選択します。選択できるオプションは、データ表の種類によって異なります。以下の点にご留意ください。
    • 費用に関連するフィルタでは、対象アカウントの通貨を選択すると、対象アカウントのフィルタ結果のみが表示されます。
    • 1 つのフィルタに複数の条件を設定できます。条件を追加するには [追加] をクリックします。条件を削除するには、その横にある [X] をクリックします。
    • 作成したフィルタを後から使用できるように保存するには、[フィルタを保存] チェックボックスをオンにします。これで、[フィルタ] ボタンの下に表示されるようになります。アカウントの範囲が変わっても、保存先は常に MCC アカウントとなります。
  3. さらにフィルタを追加する場合は、[追加] をクリックします。
  4. [適用] をクリックします。

通貨の異なる複数のアカウントでフィルタを使用する

[費用]、[平均 CPC] など通貨に基づく項目のフィルタは、同一通貨を使用するアカウント間でのみ作成できます。フィルタを作成するには、まず使用可能な通貨(管理対象アカウントから取得)から通貨を選択します。これで、選択した通貨と一致するアカウントのみがフィルタ結果に表示され、他の通貨を使用するアカウントは除外されます。

MCC アカウントで管理しているアカウントが 3 つあり、合計費用が以下のとおりだとします。

  • アカウント A: 費用 = USD 500
  • アカウント B: 費用 = USD 300
  • アカウント C: 費用 = EUR 1200

100 米ドルを上回る費用でフィルタを作成すると、結果は次のようになります。

  • アカウント A: 費用 = USD 500
  • アカウント B: 費用 = USD 300

100 ユーロを上回る費用でフィルタを作成すると、結果は次のようになります。

  • アカウント C: EUR 1200

 

フィルタを作成するには:

  1. [掲載結果] タブで [フィルタ] ボタンの矢印、[フィルタを作成] の順にクリックします。
  2. [クライアント] プルダウン メニューをクリックし、[コンバージョン]、[掲載結果]、[アカウント情報] の中から、使用するフィルタを選択します。
  3. 費用に関連するフィルタでは、対象アカウントの通貨を選択すると、対象アカウントのフィルタ結果のみが表示されます。
  4. さらにフィルタを追加する場合は、[追加] をクリックします。
  5. [適用] をクリックします。

MCC アカウント データを分割表示して整理する

AdWords アカウントを個別に管理する場合と同様に、MCC アカウントでは、すべての子アカウントとキャンペーン、およびサブマネージャー アカウントで管理されているアカウントの掲載結果データを分割表示できます。

分割表示するには、MCC アカウントの [キャンペーン] タブを開きます。[分割] をクリックして、[ネットワーク]、[クリックタイプ]、[デバイス] などを基準に分割します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
オンライン広告でより多くのお客様にアプローチ

AdWords を使うと、Google 検索に広告を掲載してローカル検索を行うユーザーにアピールできます。料金が発生するのは、広告がクリックされた場合のみです。[詳細]

AdWords に申し込む