検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

AdWords のクライアント センター(MCC)アカウントの作成

クライアント センター(MCC)アカウントは、代理店などのお客様が、複数の AdWords アカウントを簡単に管理するためのツールです。MCC を利用すると、他の MCC アカウントや AdWords アカウントを 1 か所で管理することができます。

既存の AdWords アカウントを MCC アカウントへと変更することはできません。すでに AdWords アカウントをお持ちの方も、MCC アカウントの新規作成が必要です。MCC アカウントの下には、複数の AdWords アカウント(クライアント アカウント)を紐付けることができます。それぞれの AdWords アカウントの所有者は、それまでどおり各アカウントにログインできます。

この記事の内容:

MCC のメリット

MCC は、別の AdWords アカウントを簡単に管理するためのツールで、次のようなメリットがあります。

  • 1 回のログインで、別の MCC アカウントを含め、管理しているすべての AdWords アカウントにアクセスできる。
  • 単一のダッシュボードから、すべてのアカウントを検索、操作、管理できる。
  • MCC アカウントから、クライアント アカウント(子アカウント)のキャンペーン作成、管理を行える。
  • すべてのアカウントの掲載結果を比較したり、複数のアカウントのレポートをまとめて作成したりできる。
  • 統合請求を利用して、すべてのクライアント アカウント(子アカウント)の月々の請求書を 1 つにまとめることができる。
  • アラートを使用して、リンクされたすべてのアカウントを効率的に管理できる。
  • MCC 経由で AdWords アカウントを作成し、MCC アカウントとリンクできる。

MCC アカウントは、次のようなお客様に最適です。

  • 複数の AdWords アカウントを所有する大規模な広告主様
  • 次のようなお客様
    • 代理店
    • 検索エンジン マーケティング担当者(SEM)
    • 自動入札単価管理担当者(ABM)
    • 複数のクライアント アカウントを管理するオンラインマーケティング担当者

MCC アカウントを作成する

MCC アカウントを作成する方法:

  1. https://www.google.com/adwords/manager-accounts/ にアクセスして、[MCC アカウントの利用を開始] をクリックします。
  2. この MCC アカウント用のログイン メールアドレスを入力します。他の AdWords アカウントにログインするときとは別のメールアドレスを指定してください(メール アドレスの作成に関するヒント)。
  3. MCC アカウントに名前を付けます。この名前はクライアントの管理画面に表示されます。
  4. この MCC アカウントの使用目的を選択します(ご自身が持つ複数の AdWords アカウントの管理用、または他の人のアカウントの管理用)。
  5. 国とタイムゾーンを選択します。このタイムゾーンは、レポート作成や請求に使用され、変更することはできません。勤務地のタイムゾーンを選択することをおすすめします。
  6. アカウントで使用する通貨(変更不可)を選択します。この通貨は、この MCC アカウントのすべての請求(例: 広告料金管理ツール)で使われます。実際にご利用の通貨を選択することをおすすめします。クライアント アカウントに対する請求は、選択した通貨で個別に行われます。
  7. 利用条件に同意したことを示すチェックボックスをオンにして、[保存して続行] をクリックします。
  8. メールが確認されると、新しい MCC アカウントが有効になります。

AdWords アカウントを MCC アカウントにリンクする

MCC アカウントを作成したら、クライアントの AdWords アカウントや別の MCC アカウントとのリンクを設定します。すると MCC アカウントの管理者は、1 回ログインするだけで、複数の AdWords アカウントの情報を確認できるようになります。

1 つの AdWords アカウントにリンクできる MCC アカウントは最大 5 つまで、リンクは最大 6 階層まで設定できます。また、1 つの MCC アカウントを他の複数の MCC アカウントで直接管理することはできません。

既存の AdWords アカウントをリンクする

既存の AdWords アカウントを MCC アカウントにリンクしても、元のアカウントは変更されず、アカウント履歴はそのまま残ります。たとえば、ご請求方法やお支払い方法は変わりません。また、この AdWords アカウントを元から利用しているユーザーは、同じお支払い情報やログイン情報を引き続き利用できます。こうしたユーザーにとっては、アカウントはこれまでと何ら変わりはありません。ユーザーは以前と同じログイン情報でアクセスでき、権限も変わりません。既存の AdWords アカウントをリンクする場合、そのアカウントはデフォルトでは管理者権限を持つ所有者にはなりません。

MCC アカウントに別の MCC アカウントをリンクすることも可能です。この場合、その MCC アカウントにリンクされている AdWords アカウントのデータもすべて管理できるようになります。MCC アカウント(子)を複数の MCC アカウント(親)に直接リンクすることはできません。

既存の AdWords アカウント、または別の MCC アカウントを自分の MCC アカウントにリンクする手順:

  1. AdWords お客様 ID を入手します(AdWords 管理画面の上隅に表示されています)。
  2. https://adwords.google.co.jp から MCC アカウントにログインします。
  3. [アカウント] タブをクリックします。
  4. [掲載結果] サブタブをクリックします。
  5. [+ アカウント] ボタンをクリックします。
  6. [既存のアカウントをリンク] を選択します。
  7. アカウントのリンクに関する条件を確認のうえ、AdWords アカウントのお客様 ID を [クライアント アカウント] 欄に入力します。複数のアカウントに一括でリンクを設定するには、お客様 ID を 1 行に 1 件入力します。
  8. [続行]、[送信] の順にクリックします。
  9. [送信] をクリックすると、MCC アカウントとのリンクを招待する通知とメールが AdWords アカウントに送信されます。招待されたアカウントまたは「管理者権限を持つ所有者」であるリンク先の MCC アカウントの管理者権限をお持ちの場合は、歯車アイコン をクリックして、プルダウン メニューで [アカウント設定] を選択し、サイド ナビゲーションから [アカウントのアクセス権] を選択して、[招待を承認] をクリックします。
  10. この間、MCC アカウントのサイド ナビゲーションにある [保留中の招待メール] には、承認待ちである旨のメッセージが表示されます。招待が承認されると、確認メールが送信され、リンクが完了します。
新しい AdWords または AdWords Express アカウントを作成し、リンクする

新しい AdWords アカウントや AdWords Express アカウントを作成して MCC にリンクする手順:

  1. https://adwords.google.co.jp から MCC アカウントにログインします。
  2. [アカウント] タブをクリックします。
  3. [掲載結果] サブタブをクリックします。
  4. [+ 新しい AdWords アカウントを作成] または [+ 新しい AdWords Express アカウントを作成] ボタンをクリックして、AdWords アカウントと AdWords Express アカウントのどちらを新規作成するかを選択します。
  5. フォームに必要事項を入力し、[アカウントを作成] をクリックします。
  6. アカウントが作成されたら [完了] をクリックします。
  7. 新しいアカウントを有効にするには、新しいアカウントでお支払い情報を入力するか、新しいアカウントに統合請求を設定する必要があります。新しい管理アカウントにお支払い情報を設定するには、[クライアント] 列のアカウント名をクリックし、歯車アイコン をクリックして、[料金]、[課金設定] の順に選択します。統合請求の詳細については、こちらをご覧ください
  8. MCC アカウントの [キャンペーン] タブをクリックして、新しいアカウントに キャンペーンを作成します。詳しくは、MCC アカウントでキャンペーンを作成する方法をご覧ください

AdWords アカウントや AdWords Express アカウントを新規に作成してリンクした場合、そのアカウントでは自動的に「管理者権限を持つ所有者」設定がオンになります。

アカウント間のリンクを解除する

アカウントの管理をやめる場合は、MCC アカウントまたは子アカウントの(適切なアクセス権を持つ)ユーザーが、リンクを解除する必要があります。リンクを解除後は、その子アカウントにはアクセスできなくなります。

MCC のリマーケティング タグや、その他の共有リマーケティング リストを使用していたアカウントのリンクを解除すると、共有タグに依存するリストへはデータが追加されなくなり、子アカウントは MCC の共有リストを利用できなくなります。こういったリストをターゲットに設定している広告グループや、こういったリストを除外しているキャンペーンでは、広告の掲載が止まります。そのアカウントのリストが他のアカウントに共有されていた場合、共有先アカウントのキャンペーンや広告グループ(そのリストをターゲットとしていたもの)にも影響があります。

クロスアカウント コンバージョン トラッキング タグを使用していたアカウントのリンクを解除すると、リンク解除後に発生したクリックによるコンバージョンは、このタグによって計測されなくなります。ただし、計測期間(通常は 30 日)の間は、リンク解除前に発生したクリックによるコンバージョンが引き続き記録されます。また、子アカウントで独自のコンバージョン トラッキング タグが事前にサイトに貼られていた場合、このタグによる計測が再開されます。詳しくはクロスアカウント コンバージョン トラッキングをご覧ください。

重要: 統合請求で使用している管理アカウントからリンクを解除しても、管理アカウントの請求設定は変更されません。リンク解除後も、すべての有効な保留中の予算は有効のままとなり、広告は引き続き掲載され、元のアカウントに請求されます。

リンクを解除しようとしている子アカウントで発生した料金が MCC アカウントに請求されないようにするには、リンクを解除する前にその子アカウントに含まれる予算をすべて終了させてください。予算を終了させる前にリンクを解除すると、料金ページにアクセスできなります。このような場合は、Google にお問い合わせください。

リンクを解除する前に予算を終了するには:

  1. 子アカウントで歯車アイコンをクリックし [請求とお支払い] を選択します。
  2. [アカウントの予算] をクリックし、削除、終了、または編集する予算を見つけます。
  3. 該当する予算を見つけたら、[操作] 列を確認します。「審査中」となっている予算を削除するには、[キャンセル] をクリックします。有効化を「保留」している状態の予算を終了させるには、[削除] をクリックします。有効な予算を終了させるには、[終了] をクリックします。
  4. 設定が完了したら [送信] をクリックします。
     

該当アカウントを、すでにアクセス権を持っている別の MCC アカウントとリンクする場合は、子アカウントで発生した料金の請求先は引き続きその MCC アカウントとなるため、操作は不要です。

リンクを解除する手順:

  1. https://adwords.google.co.jp から MCC アカウントにログインします。
  2. [管理者] タブをクリックします。
  3. リンクを解除するアカウントを選択します。
  4. [編集] をクリックし、[アカウントのリンクを解除] を選択します。

アカウントにユーザーを招待する

MCC の [アカウントのアクセス権] メニューから、他のユーザーをその MCC アカウントに招待したり、招待メールを管理したり、他のユーザーのアクセス権を確認したりすることが可能です。

MCC アカウントに新しいユーザーを招待する

MCC アカウントにユーザーを招待する方法:

  1. MCC アカウントの上隅にある歯車アイコン をクリックし、[アカウント設定] を選択します。
  2. サイド ナビゲーションから [アカウントのアクセス] をクリックします。
  3. [+ ユーザー] ボタンをクリックします。
  4. 新しいユーザーのメールアドレスと名前(任意)を入力し、アクセス権を選択します。
  5. [招待状を送信] をクリックします。
  6. 招待されたユーザーは、招待を承認し、招待されたメールアドレスまたは別のメールアドレスで、新たな AdWords ログイン情報を設定する必要があります。別の AdWords アカウントですでにご利用のメールアドレスは使用できません。招待されたユーザーが応答すると、招待者に通知が届きます。
  7. 招待を承認した後でメールアドレスの確認も行ってもらいます。
  8. 招待されたユーザーが承認とメールアドレスの確認を完了したら、招待されたユーザーのアクセス権を確認し、付与します。そのためにはまず、アカウントの上隅にある歯車アイコン をクリックして、[アカウント設定] を選択します。
  9. 続いてサイド ナビゲーションから [アカウントのアクセス]、[アクセスを許可] の順にクリックします。

アカウントに招待したユーザーとアカウントへのアクセス権を付与済みのユーザーを確認するには、次の手順で [アカウントのアクセス] を開きます。

  1. MCC アカウントの上隅にある歯車アイコン をクリックし、[アカウント設定] を選択します。
  2. サイド ナビゲーションから [アカウントのアクセス] をクリックします。[保留中の招待メール] と [アカウントへのアクセス権があるユーザー] が一覧表示されます。

保留中の招待メールを取り消したり、再送信するには、[保留中の招待メール] で [操作] をクリックします。

現在のユーザーのアクセス権を削除したり、通知設定の変更を行うには、[アカウントへのアクセス権があるユーザー] で [操作] をクリックします。

アクセス権について

通常の AdWords アカウントと同様に、MCC アカウントのユーザーにも「管理者」、「標準」、「読み取り専用」、「メール専用」という 4 種類のアクセス権があります。

ユーザーが MCC アカウントやリンクされているアカウント内で表示したり操作したりできる範囲は、その MCC アカウントで割り当てられているアクセス権と、その MCC アカウントが子アカウントの「管理者権限を持つ所有者」かどうかによって決まります。

MCC アカウント

  • お客様の MCC アカウントの上に紐づいている MCC アカウントのユーザーは、お客様の MCC アカウントに変更を加えることができます。
  • お客様の MCC アカウントの下に紐づいている MCC アカウントのユーザーは、お客様の MCC アカウントに変更を加えることはできません。
  • MCC 管理者は、MCC アカウントと子アカウントとのリンクをいつでも解除することができます。ただし、その子アカウントにユーザーがいるか、別の MCC アカウントがその子アカウントの管理者権限を持つ所有者となっている必要があります。
  • 「管理者権限を持つ所有者」である MCC アカウントの管理者は、子アカウントのユーザーのアクセス権限を変更することができます。詳しくは下の「管理者権限を持つ所有者」をご覧ください

個々の AdWords アカウント

  • ユーザーは自分の AdWords アカウントにいつでもアクセスできます。また、管理者権限を持つユーザーは、いつでも MCC アカウントとのリンクを解除し、その MCC アカウントとの関係を終了できます。
  • MCC アカウントの下には複数の AdWords アカウントをリンクすることができますが、個々の AdWords アカウントのユーザーが自分以外のアカウントに直接アクセスすることはできません。
  • 個々の AdWords アカウントに対する管理者権限を持つユーザーは、通常と同様に、アカウントのユーザーのアクセス権限を管理することができ、アクセス権の付与、変更、削除が可能です。
  • MCC アカウントの管理者は、その下に紐づく AdWords アカウントで広告の掲載結果を確認したり、変更を加えたりすることができますが、ログイン情報などアカウント固有の情報を変更することはできません。

詳しくは、アクセス権の管理方法をご覧ください。

MCC ユーザーに適用できるアクセス権とその詳細:

MCC アカウントのアクセス権 MCC ユーザーが、その MCC アカウントで行なえる操作 MCC ユーザーが、その下に紐づいているアカウントで行なえる操作
管理者権限
  • 既存のアカウントをリンクし、アカウント間のリンクを新たに作成する
  • 他の MCC アカウントや AdWords アカウントとのリンクを解除する
  • ユーザーを招待する
  • 他のユーザーが送った招待を取り消す
  • ユーザーを削除する
  • ユーザーのアクセス権を変更する
  • リンク リクエストを承認または拒否する

MCC アカウントが管理者権限を持つ所有者に設定されていない場合、管理者権限を持つユーザーは次の操作が可能です。

  • アクセス権限「標準」「読み取り専用」または「メール専用」でユーザーを招待する
  • リンクされたアカウントやキャンペーンを表示、編集、管理する
  • ユーザーのアクセス権限を「標準」から「読み取り専用」に変更する
  • ユーザーのアクセス権限を「読み取り専用」から「標準」に変更する
  • リンクされたアカウントについて、通知メールを受信する
  • メーリング リストに追加された場合、メールによるレポートを受信する

MCC アカウントが「管理者権限を持つ所有者」に設定されている場合、管理者権限を持つユーザーはさらに次の操作が可能です。

  • アクセス権限「管理者」でユーザーを招待する
  • ユーザーのアクセス権限を「管理者」から「読み取り専用」または「標準」に変更する
  • ユーザーのアクセス権限を「読み取り専用」または「標準」から「管理者」に変更する
  • 別の MCC アカウントを「管理者権限を持つ所有者」に設定する
  • 「管理者権限を持つ所有者」の設定を解除する
  • 他の MCC アカウントからのリンク リクエストを承認または拒否する
  • 他の MCC アカウントとのリンクを解除する
  • リマーケティング リストの共有のオン / オフを切り替える
標準権限
  • MCC アカウントを閲覧する
  • リンクされたアカウントやキャンペーンを表示、編集、管理する
  • ログインして、リンクされたアカウントのレポートを作成する
  • リンクされたアカウントについて、通知メールを受信する
  • メーリング リストに追加された場合、メールによるレポートを受信する
読み取り専用権限
  • MCC アカウントを閲覧する
  • 表示し、ログインして、リンクされたアカウントのレポートを作成する
  • リンクされたアカウントについて、通知メールを受信する
  • メーリング リストに追加された場合、メールによるレポートを受信する
メール専用権限
  • MCC アカウントについて、通知メールを受信する
  • リンクされたアカウントについて、通知メールを受信する
  • メーリング リストに追加された場合、メールによるレポートを受信する

ユーザー アクセス レポート

MCC アカウントやそれにリンクされたアカウントへのアクセス権を持つすべてのユーザーを表示するには、ユーザー アクセス レポートをダウンロードしてください。レポートをダウンロードする手順は次のとおりです。

  1. MCC にログインします。
  2. MCC アカウントの上隅にある歯車アイコン Gear Icon をクリックし、[アカウント設定] を選択します。
  3. 左側のメニューから [アカウントのアクセス権] を選択します。
  4. [アカウントへのアクセス権があるユーザー] で、ダウンロード アイコンをクリックします。
  5. ファイル形式を選択して、[ダウンロード] をクリックします。

アクセス権を変更する

ユーザーのアクセス権を変更する方法:

  1. MCC にログインします。
  2. 歯車アイコン Gear icon をクリックし、[アカウント設定] を選択します。
  3. [アカウントへのアクセス権を持つユーザー] で、アクセス権を変更するユーザーのメールアドレスを確認します。
  4. [アクセス権] 列で、プルダウン メニューから新しいアクセス権を選択します。

個別の AdWords アカウントのアクセス権

こうしたアクセス権を付与されたユーザーは、通常の「標準」と「読み取り専用」の機能に加えて、MCC アカウントとのリンクを解除することができます。詳しくは、個別の AdWords アカウントのユーザーのアクセス権をご覧ください。

ヒント

複数の MCC 管理者が同じアカウントに対して競合する変更を加える危険性は常にあります。これを避けるには、すべてのユーザーの間で役割や責任について明確な意思疎通を図る必要があります。

管理者権限を持つ所有者

MCC アカウントは、子アカウントの「管理者権限を持つ所有者」となることができます。この権限を持っている場合、その子アカウントに対するユーザーのアクセス権限を管理することができます。「管理者権限を持つ所有者」に設定された MCC アカウントの管理者は、次の操作が可能です。

  • 子アカウントのすべてのユーザーに対するアクセス権限の付与と解除を行う
  • 子アカウントのすべてのユーザーのアクセス権限を変更する
  • 他の管理者から子アカウントへのリンク依頼を承認または拒否する
  • 他の管理者の「管理者権限を持つ所有者」設定のオン / オフを切り替える
  • 子アカウントからユーザーを削除する
  • 子アカウントのリマーケティング リストの共有のオン / オフを切り替える

MCC が新しいアカウントを作成した場合、その MCC は自動的にその子アカウントの「管理者権限を持つ所有者」となります。その後管理者権限を持つユーザーを追加しても、その MCC は「管理者権限を持つ所有者」のままです。

MCC を「管理者権限を持つ所有者」にする方法:

  1. 子アカウントの上隅にある歯車アイコン Gear Icon をクリックし、[アカウント設定] を選択します。
  2. 左側のメニューから [アカウントのアクセス権] を選択します。
  3. [クライアント マネージャー] セクションで、該当する MCC の行の [管理者権限を持つ所有者] 列で [オン] または [オフ] をクリックします。

アカウントの階層構造

MCC 同士をリンクできる機能を活用すれば、一部の担当者には一部のアカウントのアクセス権のみを付与するといった、柔軟な対応が可能です。

ユーザー A の MCC アカウントには、直接販売 2 つ、チャネル販売 3 つ、合計 5 つのアカウントが紐づいています。そのうちの 3 つをユーザー B に管理してもらうとします。手順は次のとおりです。

  1. ユーザー B は自分の MCC アカウントを作成します。
  2. ユーザー B の MCC アカウントをユーザー A の MCC アカウントの下に紐付けます。これで、ユーザー B の MCC アカウントはユーザー A の MCC アカウントに管理されることになります。
  3. ユーザー A は、3 つのチャネル販売アカウントをユーザー B の MCC アカウントにリンクし直します。

これでユーザー B は 3 つのアカウントにアクセスできるようになります。一方、ユーザー A は引き続き、最上位の MCC アカウントから、5 つのアカウントを表示できます。

MCC アカウントとのリンクを解除する

MCC アカウントと AdWords アカウントのリンクを解除しても、その AdWords アカウントの履歴が失われることはありません。また、AdWords のすべての機能を引き続き利用することができます。手順は次のとおりです。

  1. https://adwords.google.co.jp から AdWords にログインします。
  2. 上隅にある歯車アイコン をクリックします。
  3. [アカウント設定] をクリックします。
  4. サイド ナビゲーションから [アカウントのアクセス権] をクリックします。
  5. [クライアント マネージャー] セクションまでスクロールします。リンクを解除する MCC アカウントの行で [操作] メニューをクリックし、[アクセス許可の取り消し] を選択します。
  6. [OK] をクリックします。

リンクの解除後、別の MCC 管理者に依頼して、ご利用の AdWords アカウントを別の MCC アカウントに紐付けることができます。

リンクの解除とクロスアカウント コンバージョン トラッキング

クロスアカウント コンバージョン トラッキング タグを使用していた子アカウントを別の MCC 配下に移行したものの、その子アカウントが引き続き同じアカウント構造に含まれる場合は、クロスアカウント コンバージョン トラッキング タグもその子アカウント上で引き続き動作します。一方、その子アカウントをアカウント構造の範囲外に移行した場合、移行後に発生したクリックのコンバージョンはクロスアカウント コンバージョン トラッキング タグによって記録されなくなります。また、計測期間(通常は 30 日)の間は、クロスアカウント コンバージョン トラッキング タグは、アカウントを移行する前に発生したクリックによるコンバージョンを記録し続けます。

子アカウントが独自のコンバージョン トラッキング タグを事前にサイトに設置していた場合、このタグによる計測が再開されます(別の MCC アカウントのクロスアカウント コンバージョン トラッキング タグに置き換えられた場合を除く)。詳しくはクロスアカウント コンバージョン トラッキングをご覧ください。

リンクの解除と統合請求

重要: 統合請求の対象となっている子アカウントを、別の MCC アカウントに移動しても、その子アカウントの請求設定は変わりません。子アカウントを移動した後、新しい MCC アカウントはアカウントの予算にアクセスできません。すべての有効な保留中の予算は有効のままとなり、広告は引き続き掲載され、元のアカウントに請求されます。

移動させる子アカウントで発生した料金が MCC アカウントに請求されないようにするには、移動を行う前にその子アカウントに含まれる予算をすべて終了させてください。予算を終了させる前にアカウントを移動すると、料金ページにアクセスできなくなります。その場合は、Google にお問い合わせください。

アカウントを移動する前に予算を終了する手順:

  1. 子アカウントで歯車アイコンをクリックし [請求とお支払い] を選択します。
  2. [アカウントの予算] をクリックし、削除、終了、または編集する予算を見つけます。
  3. 該当する予算を見つけたら、[操作] 列を確認します。「審査中」となっている予算を削除するには、[キャンセル] をクリックします。有効化を「保留」している状態の予算を終了させるには、[削除] をクリックします。有効な予算を終了させるには、[終了] をクリックします。
  4. 設定が完了したら [送信] をクリックします。
     

該当アカウントを、すでにアクセス権限を持っている別の MCC アカウントに移動させる場合は、子アカウントで発生した料金の請求先は引き続きその MCC アカウントとなるため、操作は不要です。

オプションのログイン用 AdWords アカウントを MCC アカウントから作成する

追加のメールアドレスやパスワードなしで、MCC アカウントから直接新しい AdWords アカウントや AdWords Express アカウントを作成することができます。この AdWords アカウント自体にはユーザーは存在しないため、直接招待しない限り、ユーザーがこのアカウントに直接ログインすることはできません。

この方法でアカウントを作成しても、日々の管理運用に関して、MCC アカウントのユーザーが行える範囲が広がるわけではありません。ただし、「管理者権限」を持つユーザーをアカウントに招待する、ユーザーの招待を承認する、別の管理ユーザーのアクセスを取り消す、別の管理ユーザーの招待を承認する、別の管理ユーザーのアクセスを拒否する、といったことはできます。

オプションのログイン用 AdWords アカウントに関する重要なアラートは、MCC アカウントのメールアドレスに送られます。ただしデフォルトでは、MCC アカウントは、クライアント アカウントについてのその他の通知を受信しない設定となっています。メール通知を受信するには、歯車メニュー から [アカウント設定] に進み、サイド ナビゲーションにある [通知設定] をクリックして、必要に応じて設定を変更します。

MCC アカウントでログイン情報不要のアカウントを作成する方法:
  1. https://adwords.google.co.jp から MCC アカウントにログインします。
  2. [アカウント] タブをクリックします。
  3. [掲載結果] サブタブをクリックします。
  4. [+ アカウント] をクリックします。
  5. AdWords アカウントと AdWords Express アカウントのどちらを作成するかを選択します。
  6. 新しいアカウントに名前を付けます(この名前がお客様とクライアントに表示されます)。
  7. 国とタイムゾーンを選択します。この設定は後で変更できません。
  8. このアカウントで使用する通貨(変更不可)を選択します。ご利用通貨で選択可能なお支払い方法をあらかじめご確認ください。一部の通貨は、ご利用いただけない地域があります。
  9. この MCC アカウントで新しい AdWords アカウントに関連する [お客さまのアカウント向けの提案やおすすめサービスの紹介] か [おすすめの設定や新しいサービスについてお知らせする AdWords ニュースレター] を受け取りたい場合は、該当するチェックボックスをオンにします。
  10. この AdWords アカウントに他のユーザーがアクセスできるようにするには、[このアカウントにユーザーを招待(オプション)] をクリックします。また、ユーザーを含めずにアカウントを作成することもできます。他のユーザーを招待するには、そのユーザーのメールアドレスを入力して、アクセス権(「管理者権限」「標準権限」または「読み取り専用権限」)を選択します。MCC アカウントにおけるアクセス権限

留意点

  • MCC アカウントで作成したログイン情報不要のアカウントのリンクを解除するには、まず「管理者権限」を持つユーザーをアカウントに招待する必要があります。詳しくは、アカウントにユーザーを招待する方法についてご覧ください。
  • AdWords Editor から、ログイン情報不要のアカウントを作成することはできません。アカウントは、AdWords の管理画面で作成する必要があります。

ヒント

1 つのメールアドレスで、最大 5 つの AdWords アカウント(クライアント センター(MCC)アカウントを含む)を利用できます。5 つ以上のアカウントを管理している場合や、掲載結果を確認したり、複数のアカウントを対象にコンバージョンを計測したりする場合は、クライアント センター(MCC)アカウントを利用することをおすすめします。詳しくは、複数のアカウントの関連付けに関する記事をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。