検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

リマーケティング リストの共有を設定する

クライアント センター(MCC)アカウントでは、自身が作成し所有するタグやリマーケティング リストを子アカウントの一部またはすべてと共有できます。また、子アカウントのリマーケティング リストを他の子アカウントと共有することもできます。

MCC アカウント A が複数の子アカウント B、C、D を管理しているとします。子アカウント B が自分のリマーケティング リストを MCC アカウント A と共有すると、MCC アカウント A はそのリストを他のすべての子アカウント C、D と共有できるようになります。さらに、MCC アカウント A が他の MCC アカウント E を管理しているとすると、MCC アカウント A は子アカウント B([リマーケティング] 設定が [この MCC 内で共有] の場合)のリマーケティング リストを MCC アカウント E の子アカウントと共有できます。逆の場合も同様です。

MCC アカウントはツリー構造になっており、最上位の各 MCC アカウントでは、個々のアカウントや他の MCC アカウントを管理できます。下位の MCC アカウントでも、個々のアカウントや他の MCC アカウントを管理することができます。

はじめに

MCC アカウントで、個々の子アカウントが作成し所有するリマーケティング リストを共有する場合は、これらの子アカウントから許可を得る必要があります。リストの共有を許可するかどうかは子アカウントの管理ユーザーのみが設定できます。リストの共有を有効にする手順については下記をご覧ください。

重要: 複数のアカウントでリマーケティング リストを共有すると、機密データや独自のデータも共有される可能性がありますのでご注意ください。他のアカウントとのリマーケティング リストの共有は、リストを所有するアカウントから許可を得ている場合、および対象のアカウントとの契約に違反していない場合にのみ行うようにする必要があります。

検索広告向けリマーケティング リストについての要件や詳細については、検索広告向けリマーケティング リストのポリシーをご覧ください。

ご利用中の AdWords がリニューアル版、従来版のどちらのバージョンかお選びください。詳細

一般的なシナリオ

  • MCC アカウントが子アカウントにタグとリストを共有している場合、その子アカウントでは、MCC で作成したすべてのリスト(これから作成するリストも含む)を利用できます。
  • 子アカウントが MCC アカウントにリストを共有している場合、MCC アカウントはそのリストを他の子アカウントに共有することができます。
  • リマーケティング タグが正しく実装されていないと、ウェブサイトを訪れたユーザーはリマーケティング リストに追加されません。その結果広告の表示が制限されたり停止されたりする場合があり、このリストが適用されている子アカウントにも影響を与える可能性があります。
  • 子アカウントがリストの共有を無効にした場合、このリストをターゲットに設定している他の子アカウントの広告グループや、このリストを除外しているディスプレイ ネットワーク キャンペーンでは広告掲載が止まります。
  • 子アカウントの [リマーケティング] 設定が別の MCC アカウントに変更された場合、その子アカウントでは、これまで関連付けられていたタグやリストにアクセスできなくなります。このリストが適用されていた広告グループやディスプレイ キャンペーンでは広告掲載が止まります。
  • 子アカウントの [リマーケティング] 設定を [この MCC 内で共有] から [クライアント] に変更すると、その子アカウントは MCC 単位のタグやリストを利用できなくなります。その子アカウントのリストが他のアカウントに共有されていた場合、共有先アカウントのキャンペーンや広告グループ(そのリストをターゲットとしていたもの)にも影響があります。

注意点

  • 共有リストの所有者のみがリストを編集できます。
  • 共有リストに加えた変更は、アカウントをまたいで適用されます。
  • リスト所有者は、[共有ライブラリ] の [ユーザーリスト] で、リストを利用できるアカウントを確認できます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。