アクティブ ビュー

アクティブ ビューは広告が視認可能かどうかを判断する技術で、YouTube や一部のディスプレイ ネットワークのウェブサイトとモバイルアプリに実装されています。

  • ディスプレイ広告は、面積の 50% 以上が画面に 1 秒以上表示されると視認可能と見なされます。動画広告の場合は、面積の 50% 以上が画面に表示され、2 秒以上再生されると視認可能と見なされます。
    • 注: 242,500 ピクセル以上の大きなサイズのディスプレイ広告の場合は、面積の 30% 以上が画面に 1 秒以上表示されると視認可能と見なされます。
  • アクティブ ビューが有効なウェブサイトでは、ディスプレイ キャンペーンでの視認範囲のインプレッション単価を利用したり、視認可能な位置に表示された広告のインプレッションに対する入札単価を変えたりすることができます。
  • 動画やディスプレイ ネットワークのレポートでは、[測定可能な費用]、[測定可能なインプレッション]、[視認可能率] といった列名にアクティブ ビューと記載されている場合があります。
  • アクティブ ビューの指標は、オンライン広告の視認性を測定するための業界標準に準拠しています。
  • 注: アクティブ ビューは広告が視認可能かどうかを示す技術であり、その時点でユーザーが画面を見ていることを保証するものではありません。

関連リンク

視認性とアクティブ ビュー レポートの指標について

視認範囲のインプレッション単価について
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。