検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

動的検索広告のトラフィック問題を修正する

動的検索広告のトラフィックが少ない場合は、設定に問題がないか確認してみましょう。動的検索広告では、広告グループごとに、動的検索広告の広告文や、動的広告ターゲットの設定が必要です。

ここでは、その設定を確認する際のポイントをご紹介します。

ご利用中の AdWords が従来版、リニューアル版のどちらのバージョンかお選びください。詳細

ウェブサイトのドメインと言語を正しく入力したことを確認する

動的検索広告キャンペーンでは、広告のターゲットにするサイトのドメイン(例: example.com)と言語を設定する必要があります。キャンペーンを新しく作成する際や、後から設定を変更する際に、ウェブサイトの情報や言語を正しく設定してください。ドメインの設定を確認する手順は次のとおりです。

  1. キャンペーンを表示した状態で [設定] タブをクリックします。
  2. ページ下部の [動的検索広告] までスクロールします。[動的検索広告] が表示されない場合は、キャンペーン タイプが [すべての機能] または [動的検索広告] に設定されていることを確認します。

過去に設定したことがあるウェブサイトのドメインと言語は、ここに表示されます。まだ設定していない場合は、[編集] をクリックして追加してください。ドメイン名の綴りが正しいことをよく確認してください。

動的検索広告キャンペーンで使用できないドメイン:

  • リダイレクトするドメイン
  • ご自身が所有していないか、こうした用途での使用許可を得ていないサブドメインやドメイン(独立した複数のウェブサイトをホストしている大規模なサイトのドメインなど)。この場合は、ご自身のサイトのドメインの完全な URL を入力してください(例: commonwebhost.com/yoursite)。
  • ターゲットとするコンテンツが十分にないドメイン:
広告のフォーマットを確認する

動的検索広告はテキスト広告とは異なります。広告のフォーマットとして、「テキスト広告」ではなく「動的検索広告」を選択していることを確認します。

広告のフォーマットに間違いがないことを確認する手順:

  1. 動的検索広告キャンペーンの [広告] タブをクリックします。
  2. 「{動的に生成されたタイトル}」という広告見出しを探します。
  3. 広告見出しに「{動的に生成されたタイトル}」が表示されない場合は、[+広告] をクリックし、メニューから [動的検索広告] を選択して、新しい広告を作成します。
  4. 広告文を入力します。サードパーティのトラッキング ソフトウェアをご利用の場合は、トラッキング テンプレート内にトラッキング URL を含めます。
  5. [広告を保存] をクリックします。
動的広告ターゲットを確認する

動的検索広告キャンペーンでは、動的広告ターゲットを通じて、サイト内のどのセクションやページを広告表示に使用するかを指定します。動的検索広告キャンペーンを作成する際、最初は推奨のカテゴリ ターゲットをすべて使用することをおすすめします。推奨ターゲットを追加する詳しい方法については、こちらの記事をご覧ください。

独自の動的広告ターゲットを設定する場合は、AdWords システムが認識できる形式で設定します。その際には、ターゲットを限定しすぎないようにしてください。たとえば「URL に次の文字列を含む: business/benefits.html」のように、サイトの 1 つのページのみを動的広告ターゲットに設定すると、そのページだけが広告掲載の対象となってしまいます。

除外キーワードと動的広告ターゲットの除外設定を確認する

除外キーワード

動的検索広告の広告グループで除外キーワードを設定すると、その語句で検索したユーザーには広告は表示されません。[キーワード] タブで設定した除外キーワードと、広告掲載の対象としたいページを見比べ、重複する語がないかチェックします。不要な除外キーワードがあれば削除します。

動的広告ターゲットの除外設定

動的広告ターゲットの除外設定では、サイト内の特定ページを広告掲載の対象に含めないように設定できます。除外されたページに結び付く語句で検索したユーザーには、広告は表示されません。

動的広告ターゲットの除外設定を確認し、不要な除外設定を解除するには:

  1. [すべてのキャンペーン] ページで [自動ターゲット設定] タブをクリックします。
  2. [表示] をクリックして [動的広告ターゲット] を選択します。
  3. ページの一番下までスクロールして、[除外設定] をクリックします。
  4. 表示される一覧で、意図しないページを除外してしまっていないかどうか確認します。
  5. 必要なページが除外されている場合は、その横にあるチェックボックスをオンにして、[削除] をクリックします。

ヒント

[ウェブサイトのカバレッジ] 列では、動的広告ターゲットの除外設定の対象となるページの割合を確認できます。このデータは、ウェブサイトのドメイン内で Google のインデックスに登録されている全ページのうち、除外されたページ(同じカテゴリに当てはまる、指定した単語がページのタイトルや URL、サイトのコンテンツに含まれているページ)の占める割合を意味します。この情報を確認するには、[自動ターゲット設定] タブの [表示項目] プルダウン メニューから [表示項目の変更] をクリックし、[ウェブサイトのカバレッジ] を追加します。新しい動的検索広告キャンペーンを開始する場合は、各自動ターゲット設定にウェブサイトのカバレッジが反映されるまでに最大で 72 時間かかることがあります。数値ではなく「--」が表示されている場合、カバレッジに対象となるページがないことを意味するため、この動的広告ターゲットではトラフィックは発生しません。

動的検索広告が表示されないその他の原因
  • 動的検索広告は、キーワードに基づくキャンペーンのキーワードが有効、一時停止、削除済みの場合に、そのキャンペーンの広告の代わりに表示される可能性があります。
  • ユーザーの検索語句が、同じアカウント内の有効な完全一致キーワードの 1 つと完全に一致する場合、動的検索広告は表示されません。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
オンライン広告でより多くのお客様にアプローチ

AdWords を使うと、Google 検索に広告を掲載してローカル検索を行うユーザーにアピールできます。料金が発生するのは、広告がクリックされた場合のみです。[詳細]

AdWords に申し込む