検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

動画キャンペーンのターゲティングについて

動画広告は、Google ディスプレイ ネットワークを通じて、YouTube とウェブ全体に掲載されます。YouTube では、70 を超える国々の 10 億を超えるユーザーが、60 を超える言語で世界中の高品質コンテンツを利用しています。200 万以上のサイトとアプリで構成されるディスプレイ ネットワークでは、世界中のインターネット ユーザーの 90% 以上に広告を表示できます(出典: comScore)。

YouTube とディスプレイ ネットワークの動画広告をターゲットにすることで、最適なタイミングでユーザーに商品やサービスを宣伝できます。ユーザー層グループ、興味 / 関心、プレースメント、リマーケティング リストなどのさまざまなターゲティング方法を使用し、ユーザーの属性、関心、表示コンテンツに基づいて、特定のユーザーに広告を表示できます。

動画広告で利用できるターゲティング方法

動画広告のターゲティングに利用できる方法は次のとおりです。これらのターゲティング方法は、広告グループ単位で追加します。なお、ターゲティング方法を追加するたびに、掲載対象の範囲は広がるのではなく、狭くなりますのでご注意ください。

オーディエンス ターゲティングを指定すると、広告の表示対象とするユーザーを指定できます。このターゲティングには次のような種類があります。

  • ユーザー属性グループ: 広告を表示したいユーザー層の年齢や性別、子供の有無、世帯収入を指定します。
  • 興味 / 関心: 表示されたカテゴリからトピックを選択して、そのトピックに関心があるユーザーをターゲットに設定できます。そのユーザーが別のトピックに関連するページにアクセスしているときでも広告を表示できます。詳しくは、ユーザーの興味や関心に基づくターゲティングの説明をご覧ください。
    • アフィニティ カテゴリ: 関連するトピックにすでに強い関心を持っているユーザーに動画広告を表示して、ブランドの認知度を高めたり購入を促すことができます。
    • カスタム アフィニティ カテゴリ: カスタム アフィニティ カテゴリを利用すると、テレビ広告のように広い範囲ではなく、ブランドに合わせてよりターゲットを絞ったアフィニティ カテゴリを作成できます。たとえばランニング シューズを販売している企業が「スポーツファン」ではなく、「熱心なマラソン愛好者」に広告を表示したい場合などに、カスタム アフィニティ カテゴリを作成します。
    • 購買意向の強いユーザー層: 広告主様が提供するサービスや商品に似たものを調べていたり購入しようと積極的に考えているユーザーを見つけるには、このユーザーリストを選択します。
  • 動画リマーケティング: 動画、TrueView 広告、YouTube チャンネルの操作履歴に基づいて特定のユーザーに広告を表示できます。すでに YouTube アカウントを AdWords アカウントにリンクしている場合は、リマーケティング リストが自動的に作成されます。詳しくは、YouTube 視聴者へのリマーケティングについての説明をご覧ください。

コンテンツ ターゲティングでは、広告を表示する場所を指定できます。このターゲティングには次のような種類があります。

  • プレースメント: 特定のチャンネル、動画、アプリ、ウェブサイト、サイト内のプレースメントをターゲットに指定できます。たとえば、トラフィックの多いブログ全体や、人気ニュースサイトのトップページだけをターゲットに設定できます。プレースメントには次のような要素を指定できます。
    • YouTube チャンネル
    • YouTube 動画
    • ディスプレイ ネットワークのウェブサイト
    • ディスプレイ ネットワークのアプリ

      ディスプレイ ネットワークのプレースメントを追加しても、YouTube の掲載可能な場所には広告が掲載されることがあります。また、YouTube のプレースメントを指定しても、ディスプレイ ネットワークの掲載可能な場所には広告が掲載されることがあります。

      : [ネットワーク] で [ディスプレイネットワークの動画パートナー] を指定し、ディスプレイ ネットワークのプレースメントのみを設定している場合でも、YouTube には広告が掲載されることがあります。

  • トピック: YouTube とディスプレイ ネットワーク上の特定のトピックを動画広告のターゲットに指定できます。トピック ターゲティングを使用すると、選択したトピックに関連するさまざまな動画、チャネル、ウェブサイトに広告を表示することができます。たとえば、「自動車」トピックをターゲットに指定すると、自動車に関する動画を視聴しているユーザーに広告が表示されます。
  • キーワード: 動画広告フォーマットによっては、ターゲット ユーザーの関心が高いサイトの種類や YouTube 動画、YouTube チャンネルに関連する単語やフレーズ(キーワード)に基づいて動画広告を表示できます。

次のステップ: 動画キャンペーンにターゲティングを追加する方法

2017 年の 1 月から夏にかけて順次、ターゲティング方法が指定されていないディスプレイ広告グループと動画広告グループで、Google ディスプレイ ネットワークと YouTube が広告の掲載対象になります。
また、プレースメント ターゲティングのみをご利用の動画広告グループでは、ディスプレイ ネットワークが自動的に広告の掲載対象になり、ディスプレイ ネットワークのプレースメントのみをターゲットとしている場合は、YouTube も自動的に広告の掲載対象になります。
これに伴い、掲載するつもりのない広告が表示される事態を防ぐため、ターゲティング方法が指定されていない既存の広告グループでは、今回限りの例外措置として、広告掲載が自動的に一時停止されます。今後、広告掲載の準備が整っていない広告グループは手動で一時停止にしてください。詳しくは、広告グループを一時停止、再開するをご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。