検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

ディスプレイ ネットワーク キャンペーンのキーワードを選択する

ディスプレイ ネットワーク用のキーワードを指定すると、商品やサービスの購入見込みが高いユーザーにキャンペーンの広告を表示できます。

たとえば、ハイキング好きなユーザーが購入する見込みが高い場合には、ハイキングやアウトドアに関連するキーワードを追加するとよいでしょう。すると、そのキーワードを含む関連性の高いサイトや、そのキーワードに関心のあるユーザーに広告が表示されます。キーワードを選ぶ際には、1 つの広告だけでなく広告グループ全体に関連するキーワードを選ぶようにしましょう。

この記事では、ディスプレイ ネットワークでのキーワードの用途を解説します。

仕組み

キーワードは、ディスプレイ ネットワークでのターゲット設定オプションの 1 つです。広告は、指定したキーワードと関連性がないようなプレースメントに表示されることもあります。それはキーワードの設定によって、ユーザーが閲覧しているページのコンテンツではなく、ユーザーの最近の閲覧履歴などに基づいて広告が表示される場合があるためです。詳しくは、コンテンツ ターゲットについてをご覧ください。

ディスプレイ ネットワーク キャンペーンのキーワードを選ぶ場合:

  • 商品やサービスごとに広告グループを作成して、関連性の高い広告を表示できるようにします。
  • ターゲット ユーザーが集まりやすいサイトで広告表示につながりそうなキーワードを指定します。
  • 広告グループやキーワードの候補を確認します。

広告グループを作成する

ディスプレイ ネットワーク キャンペーン用のキーワード選びに入る前に、各キャンペーンの広告グループを商品やサービス別に分類します。そのうえで、宣伝するそれぞれの商品やサービスを表すキーワードを設定すれば、そのキーワードと関連性の高い広告を作成できます。

パン屋の広告キャンペーンを作成するとします。キャンペーンを設定する際は、販売する商品の種類に沿って広告グループを個別に作成します。

以下は広告グループの構造の悪い例と良い例です。

効果的でない広告グループ   効果的な広告グループ

広告グループ: ベーカリー

キーワード:

チョコチップ クッキー
オートミール クッキー
スニッカードゥードル
生チョコ ブラウニー
ナッツ入りブラウニー
ダークチョコレート ブラウニー
レッド ベルベット カップケーキ
バニラ カップケーキ
チョコレート カップケーキ

 

広告グループ: クッキー
キーワード:

チョコチップ クッキー
オートミール クッキー
スニッカードゥードル

広告グループ: ブラウニー
キーワード:

生チョコ ブラウニー
ナッツ入りブラウニー
ダークチョコレート ブラウニー

広告グループ: カップケーキ
キーワード:

レッド ベルベット カップケーキ
バニラ カップケーキ
チョコレート カップケーキ

キーワードを選ぶ

広告グループ単位のキーワードを指定すると、そのキーワードと関連性の高いウェブサイトやユーザーに広告を表示できます。ここでは、キーワード選びのヒントをご紹介します。

  • 商品やサービスに関連するキーワードを選びます。
  • 広告グループ内の広告と関連性の高いキーワードを 5~20 個指定します。2、3 語から成るキーワード(フレーズ)が効果的です。
  • キーワードは互いに関連性のあるものにします。たとえば、花の販売業者が「バラ」と「フラワー アレンジメント」をキーワードに追加すれば、バラの花束やフラワー アレンジメントの購入を検討しているユーザーに広告を表示できます。
  • ターゲット ユーザーがよく閲覧するサイトと関連したキーワードを選びます。
  • 認知度の高い有名なブランドがある場合は、ブランドに関連するキーワードを設定します。

広告グループ: ブラウニー

キーワード: チョコレート ブラウニー、ダーク チョコレート ブラウニー、チューイー ブラウニー、デザートレシピ、ブラウニー レシピ

ご利用中の AdWords が従来版、リニューアル版のどちらのバージョンかお選びください。詳細

広告グループやキーワードの候補を確認する

ディスプレイ キャンペーン プランナーを使用すると、キャンペーン作成時には自分では思いつかなかったような、テーマを絞った広告グループやキーワードの候補を確認できます。ディスプレイ キャンペーン プランナーの使用方法は次のとおりです。

  1. [運用ツール] タブ、[ディスプレイ キャンペーン プランナー] の順に選択します。
  2. ターゲット ユーザーの興味や関心、またはターゲット ユーザーがよく閲覧するランディング ページを入力します。
  3. [広告グループの候補を取得] をクリックします。
  4. キーワード候補を確認するには [個別のターゲット候補] タブをクリックして、[キーワード] サブタブをクリックします。

キーワードの掲載結果を継続的に確認して改善する

ディスプレイ ネットワークのキーワードの成果を確認するには、[ディスプレイ ネットワーク] タブに移動して、[ディスプレイ ネットワークのキーワード] をクリックします。表示回数、クリック数、その他の結果を含む表が表示され、広告掲載の目標に対するキーワードの貢献度を確認できます。こうした成果を参考にして、キーワードの顔ぶれを改善していくと効果的です。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
オンライン広告でより多くのお客様にアプローチ

AdWords を使うと、Google 検索に広告を掲載してローカル検索を行うユーザーにアピールできます。料金が発生するのは、広告がクリックされた場合のみです。[詳細]

AdWords に申し込む