コンテンツ ターゲットについて

コンテンツ ターゲットは、ディスプレイ ネットワーク上のサイト、アプリ、ウェブページにディスプレイ広告を掲載するターゲティング方法の 1 つです。この方法では、広告主様が指定したキーワードやトピックを使用して、関連するサイトに広告を表示します。注: この方法は、キーワードの設定で [コンテンツ] を選択した場合にのみ利用できます。

1. 広告主様がキーワードやトピックを指定する

コンテンツ ターゲットは、ディスプレイ ネットワーク キャンペーンの広告グループでコンテンツに関連するキーワードやトピックを指定することから始まります。キーワードは個々の単語ですが、トピックはウェブページのコンセプトやメインテーマであり、個々の単語ではありません。

2. AdWords システムでディスプレイ ネットワーク内のウェブページを分析する

AdWords システムは、ディスプレイ ネットワークのすべてのウェブページや URL のコンテンツを分析します。分析の対象には次のような要素が含まれます。

  • テキスト
  • 言語
  • リンクの構造
  • ページの構造

こうした分析に基づいて、個々のウェブページのメイン テーマが割り出されます。

3. 広告が掲載される

コンテンツに関連するキーワード

[コンテンツ] に設定したキーワードがウェブページのコンセプトやメインテーマと一致すると、広告がそのウェブページの掲載候補となります(この仕組みを自動プレースメントといいます)。該当するウェブページに広告が実際に掲載されるかどうかは、さまざまな要因(ターゲットとする言語や地域など)で決まります。

 

自動車販売店が新型車を宣伝する広告グループを作成し、「燃費のよい車」や「2015年 電気自動車」といったキーワードを設定したとします。この場合、システムではコンテンツ ターゲットが使用され、これらのキーワードとテーマが一致するディスプレイ ネットワークのページが特定され、そこに広告が掲載されます。

トピック

指定したトピックがウェブページのメイン テーマと一致すると、広告はそのウェブページの掲載候補となります。該当するウェブページに広告が実際に掲載されるかどうかは、さまざまな要因(ターゲットとする言語や地域など)で決まります。

先ほどの例に戻って、ここでは販売している電気自動車の広告を掲載するケースを考えましょう。この場合、広告グループにサブトピック([自動車] > [自動車販売] > [車両の仕様、評価、比較])を追加すると、ディスプレイ ネットワークで自動車の評価や比較に関連しているすべてのページをターゲットに設定できます(ページの中で指定したキーワードが使われているかどうかは問題になりません)。

次のステップ

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。