検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

Google アナリティクスでリンク先ページをテストする

AdWords 広告を掲載してウェブサイトにユーザーを呼び込んだら、今度はユーザーが簡単に必要な情報や商品ページにアクセスできるように配慮することが大切です。Google アナリティクス ウェブテストを使用すると、ウェブページのさまざまなデザインやレイアウトをテストして、ビジネス目標(ユーザーの購買行動を促すなど)を達成するのに効果的なパターンを特定できます。これにより、ウェブサイトに訪問する見込み顧客をできるだけ多く新規顧客として獲得し、収益を向上するのに役立ちます。

Google アナリティクス ウェブテストとは

Google アナリティクス ウェブテストでは、ウェブページのさまざまなデザインやレイアウトをテストして、サイト訪問者の行動にどのような変化があるかを把握できます。このデータを参考に改善を図ると、売り上げ数や申し込み数の増加など、オンライン ビジネスの目標達成につながります。

Google アナリティクス ウェブテストの利点と活用法

Google アナリティクス ウェブテストの主な機能は次のとおりです。

  • ランダムに抽出されたユーザーを対象に、ウェブページの複数のパターンを表示して成果を比較できます。
  • テスト結果の指標となるビジネス目標のタイプを選べます。
  • テスト対象とするウェブサイトのトラフィック量を指定してテスト規模を調整できます。

ビジネス成果の改善に役立つウェブテストの活用例

たとえば、ハウス クリーニング サービスを提供するウェブサイトを運営しているとします。サービスは「スタンダード」、「アドバンス」、「プレミアム」の 3 つのコースから選べます。この中で最も収益性が高い「プレミアム」コースを AdWords 広告で宣伝することにします。このコースを選ぶ顧客を増やすことで、収益を増加して投資収益率を引き上げるのが目標です。

現時点では、「プレミアム」コースの AdWords 広告をクリックすると、3 つのコースについて紹介するトップページが表示されます。これが広告のリンク先 URL または最終ページ URL であるため、このページを最初のテスト対象とします。Google アナリティクス ウェブテストを実施するにあたって、テスト対象のページのパターンをいくつか用意します。たとえば、赤い文字で大きく「プレミアム」と表示するパターン、「プレミアム」コースのメリットを詳しく説明するパターン、「プレミアム」コース申し込み用リンクの横にアイコンを表示するパターンのページを作成します。

この 3 つのパターンを使用するようテストを設定して開始すると、リンク先 URL または最終ページ URL の訪問者がランダムに抽出され、元のウェブページを含めた 4 つのページのいずれかが表示されます。そのまましばらく様子を見ると、「プレミアム」コースへの申し込みの割合が最も高かったのはどのパターンか把握できるわけです。

ビジネス目標の達成に最も効果的なパターンを特定したら、そのパターンを実際のページに設定し、以降はすべてのサイト訪問者にこのページを表示するようにできます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
オンライン広告でより多くのお客様にアプローチ

AdWords を使うと、Google 検索に広告を掲載してローカル検索を行うユーザーにアピールできます。料金が発生するのは、広告がクリックされた場合のみです。[詳細]

AdWords に申し込む