検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

ValueTrack パラメータをトラッキング テンプレートで使用する

広告に関する情報をトラッキングする最も簡単な方法は、ValueTrack パラメータを使用することです。ValueTrack パラメータは、広告のランディング ページ URL に追加できる URL パラメータの一種です。このパラメータでは、広告クリックの参照元に関する情報を収集することができます。

この記事では、ValueTrack パラメータの仕組みについて説明します。ValueTrack パラメータは、広告のクリックについての詳細を知りたい場合や、トラッキングを始めたばかりの場合に最適です。

事前準備

トラッキングの仕組みの詳細については、AdWords でのトラッキングをご覧ください。

ValueTrack の仕組み

ValueTrack パラメータは URL パラメータの一種です。URL パラメータは {matchtype} のように、テキストを中かっこ({})で囲んだものです。このパラメータは、広告の最終ページ URLトラッキング テンプレートカスタム パラメータの一部として含めることができます。

広告がクリックされると、ValueTrack パラメータは広告がクリックされた時の状況を表す値に置き換えられます。たとえばパラメータ {matchtype} は、広告表示のきっかけとなったキーワードのマッチタイプを示しています。データでは、{matchtype} の部分に、部分一致であれば「b」、フレーズ一致であれば「p」、完全一致であれば「e」という値が挿入されます。値を挿入できないときは、ValueTrack パラメータは空白スペースに置き換えられます。

この詳細データは Google アナリティクス、サードパーティ ソフトウェア、サイト分析ソフトウェアで表示できます。

http://www.example.com というサイトで、ユーザーが広告をクリックした際のデバイスを調べたい場合を考えます。

最終ページ URL を www.example.com に設定したとします。次に ValueTrack パラメータの {lpurl}{device} を、URL オプションのトラッキング テンプレートに追加します(アカウント単位で設定することをおすすめします)。トラッキング テンプレートは次のようになります。

{lpurl}?device={device}

誰かが PC またはノートパソコンで検索して広告をクリックすると、クリックされた URL は次のように表示されます。

www.example.com/?device=c

この ValueTrack パラメータを使用すると、ユーザーがどのデバイスでサイトを訪れたか、トラッキング ソフトウェアで計測できます。

「IF」関数を使用する ValueTrack パラメータ

一部の URL パラメータでは「IF」関数を利用し、広告の性質に応じて挿入したい値を具体的に指定することができます。パラメータの [value] の部分は好きなテキストに置き換えることができ、データにはそのテキストが表示されます。

{ifsearch:[value]} パラメータを使用すると、広告のクリックが発生したのが検索ネットワークかどうかが分かります。[value]search に変更すれば、検索ネットワーク(Google 検索結果ページなど)で広告がクリックされた場合に、データに「search」と表示されます。

AdWords キャンペーン タイプとの互換性

ValueTrack パラメータは、検索ネットワークとディスプレイ ネットワークの両方で使用できますが、キャンペーン タイプによっては要件があります。

動的検索広告キャンペーン

動的検索広告では、最終ページ URL は自動的に生成されますが、トラッキング テンプレートやカスタム テンプレートでは ValueTrack パラメータを使用できます。トラッキング テンプレートには、最終ページ URL が挿入される ValueTrack パラメータ{lpurl} など)を必ず含めてください。

モバイルアプリ キャンペーン

インストールの確認を使用するサードパーティの解析ソリューションを使用している場合、モバイルアプリ キャンペーンで ValueTrack パラメータを使用できます。詳細

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。