検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

売り上げやコンバージョン数の測定

広告をクリックしたユーザーが、その後価値ある行動(携帯電話からの問い合わせや、ウェブサイトでの商品購入など)を取ることを、コンバージョンと呼びます。広告掲載の目的が、コンバージョンや売り上げの増加である場合は、「コンバージョン トラッキング」という無料ツールで重要な成果指標(コンバージョン単価やコンバージョン率など)を確認できます。

コンバージョンの定義は自由

コンバージョンとして定義する内容は、商品の購入以外にも携帯電話からの問い合わせ、保険の見積もり依頼、ホワイト ペーパーのダウンロード、詳しい資料の請求、新商品紹介ページの閲覧など、何でも自由に設定できます。

ヒント

コンバージョン データを確認するには、まずコンバージョン トラッキングの設定が必要です。設定は無料です。ご利用方法についてはこちらをご覧ください。

測定可能なコンバージョン データ

コンバージョン トラッキングを設定すると、次のようなデータを確認できます。

ヒント

データ表に表示される項目を変更する方法については、表示項目を追加する方法をご覧ください。コンバージョン トラッキングを設定すると、AdWords 管理画面のデータ表に [コンバージョン] 列を追加できるようになります。

  • コンバージョン数とコンバージョン単価: コンバージョン トラッキングの設定時に金銭的価値を設定すると、レポートで詳しい収益情報を確認できます。コンバージョンの合計数とその価値を把握することで、予算を増やすべきなのか、広告を編集すべきなのかといった判断が、的確にできるようになります。
  • コンバージョン率: 商品購入や申し込みにつながったクリックの割合を把握できます。コンバージョン率は、コンバージョン数を広告のクリック数で割った数値です。Google と Google ネットワークのパートナーで発生したコンバージョンのみがカウントされます。コンバージョン率は、Google でコンバージョンをトラッキングできる広告のクリックだけを反映するよう調整されます。
  • キーワードのコンバージョン データ: コンバージョン トラッキングを行うと、ユーザーが広告をクリックした後の行動(商品の購入や資料請求など)を把握できます。こうした行動につながったキーワードを把握して、キーワードを見直したり、成果の高いキーワードに効果的に予算を配分できます。
  • 複数のデバイスを経由したコンバージョンを把握する: 広告をクリックして情報を得た後、別のデバイスから商品を購入する人もいます。こういったコンバージョンは「デバイスをまたいだコンバージョン」(クロスデバイス コンバージョン)と呼ばれ、管理画面の [すべてのコンバージョン] 列で確認できます。
  • ランディング ページ: 多くのコンバージョンにつながっているランディング ページを確認するには、[詳細分析] タブで [表示] をクリックし、メニューから [ランディング ページ] を選択します。また、データ表でコンバージョン関連の列(表示項目)を追加しておく必要があります。

    キーワード選びや広告文の作成の際は、特定の商品やサービスにテーマを絞って作成しますが、各広告のランディング ページも、商品やサービスごとに設定すると効果的です。ランディング ページには、その広告をクリックしたユーザーにとって最も関連性の高いページを選びましょう。広告で宣伝している商品やサービスだけを扱っているページが理想的です。

東京の分譲マンションを宣伝する広告のランディング ページとしては、販売業者のホームページではなく、東京で取り扱っている分譲マンションのページが理想的です。ランディング ページでユーザーの探している情報がすぐに表示されると、購入に結び付く可能性が高くなります。

ヒント

AdWords 広告主様の多くは、無料のウェブ解析ツール「Google アナリティクス」を使ってコンバージョンをトラッキングしています。このツールでは、ウェブサイトでのユーザー行動を詳しく把握できます。Google アナリティクスと AdWords コンバージョン トラッキングの違いについて確認しましょう。

Google 検索以外のプロパティでのコンバージョン

技術的な制約により、検索向け AdSense をはじめいくつかの Google プロパティに由来するデバイスをまたいだコンバージョンは、現時点では測定できません。将来的にはこれらのプロパティでもデバイスをまたいだコンバージョンを測定できるよう、鋭意作業中です。

この記事は役に立ちましたか?
AdWords ご利用ガイド

ご利用ガイドを参照して AdWords を始めましょう。