検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

広告のターゲット地域の設定

  • AdWords のターゲット地域設定では、国、国内の地域、特定の地点を中心とした一定範囲、地域グループなど、選択した地域でのみ広告を表示することができます。
  • 関連性の高い顧客がいる地域に狙いを定めて広告を表示し、それ以外の地域には広告を表示しないよう設定できるため、投資収益率を高めることができます。

どんなに優れた広告でも、適切な場所に表示されなければ効果は期待できません。ユーザーの所在地と、商品を提供できる場所に応じた広告掲載に役立つのが、AdWords のターゲット地域設定です。ターゲット地域は後からいつでも変更できます。

ビジネスに合った地域をターゲットに設定する

ターゲット地域の選択のヒント:

ターゲット地域の種類別の比較: 国、国内の地域、半径

ターゲット地域の種類と、それぞれに適したビジネスの種類:

ターゲット地域 説明 この設定が適している広告主様 この設定が適していない広告主様
国全体または複数の国に対して商品やサービスを提供している場合は、国単位のターゲット設定が有効です。国単位のターゲット設定では、国内の地域や都市を個別に指定する場合と比べ、より多くの顧客に広告を表示できます。
  • 国全体にサービスを提供している全国展開のビジネス
  • 海外にも商品を出荷しているオンライン ショップ
  • 複数の国で商品やサービスを販売している国際的なビジネス
販売対象にならない地域や都市がある場合。そうしたケースでは、地域や都市を個別にターゲット地域に指定する方が有効です。
国内の地域 ビジネスの対象とならない地域や都市がある場合や、国内の特定の地域に絞って広告を表示したい場合は、より精密なターゲット設定が有効です。国によっては、ターゲット地域に地域や都市、郵便番号を設定することができます。
  • 近隣地域を対象に商品やサービスを提供している場合
  • 一部の地域を対象とした特典を提供している場合
  • 一部の地域や都市でのみ商品やサービスを販売している場合
わずかな例外を除く国内のほぼすべての地域に広告を表示する場合(アラスカを除くアメリカ全域など)。この場合は、国全体をターゲットに設定してから、必要に応じて掲載対象外の地域を除外することをおすすめします。
特定の地点を中心とした一定範囲 半径を指定したターゲット設定(近隣地域ターゲット)を利用すると、特定の都市や地域、国ではなく、店舗から一定の距離内にいる顧客に広告を表示できます。
  • 一定の範囲内を対象に商品やサービスを提供しているビジネス
  • 顧客ベースが店舗から一定範囲内に限られているビジネス
広告の表示対象が特定の都市、地域、または国に限定されているビジネス
ビジネスに合った地域を選択する

ターゲット地域を選択する際のポイント:

  • 顧客がいる地域をターゲットに設定することが大事ですが、それは事業拠点がある場所と同じとは限りません。たとえば e コマース企業を運営している場合は、会社の物理的な拠点だけでなく、配送先のすべての地域をターゲットに設定します。
  • ご自身の所在地とは別の地域をターゲットにした広告は、ご自身で Google 検索を行っても表示されませんが、広告プレビュー ツールを使用すれば確認することができます。
  • 狭い範囲をターゲットに設定すると、広告が表示されにくくなくなる場合があります。範囲が狭すぎると、ターゲティング条件にそぐわない場合があるからです。
  • 通常はターゲット言語とターゲット地域の設定を連動させた方が有効です。たとえばイギリスにいる英語話者をターゲットに設定している場合は、ターゲット言語を英語に設定し、広告を英語で書いてください。

スペインのホテルの広告を、イギリスにいる英語話者に表示するとします。この場合、イギリスをターゲットに設定して、英語で広告を作成します。

ターゲット地域を設定する


以下のリンクをクリックすると、ターゲット地域の設定手順を確認できます。なお、利用できるターゲット地域の種類は国によって異なります

設定時間の目安: 5~7 分

国全体をターゲットに設定する方法
  1. https://adwords.google.co.jp から AdWords にログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. 編集するキャンペーンの名前をクリックします。
  4. [設定] タブをクリックします。
  5. 地域の横にある [編集] をクリックします。地域設定
  6. ターゲットに設定する国の名前を入力します。国を追加
  7. [追加] をクリックして地域を追加します。国を追加
  8. [保存] をクリックして設定を保存します。
実際に試す
国内の地域をターゲットに設定する方法
  1. https://adwords.google.co.jp から AdWords にログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. 編集するキャンペーンの名前をクリックします。
  4. [設定] タブをクリックします。
  5. 地域の横にある [編集] をクリックします。地域設定
  6. ターゲットとする場所の名前を入力します。なお、他の国に同名の都市が存在する場合があります。たとえばフランスのパリ(Paris)を指定するつもりで、アメリカのテキサス州パリス(Paris)を選択してしまわないよう、十分ご注意ください。地域を指定
  7. [追加] をクリックして地域を追加します。地域を指定
  8. [保存] をクリックして設定を保存します。

実際に試す

複数のキャンペーンのターゲット地域を一括で設定する

複数のキャンペーンのターゲット地域を一括で設定する方法

  1. https://adwords.google.co.jp から AdWords にログインします。
  2. 上部にある [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. [設定] サブタブをクリックします。
  4. 設定を変更するキャンペーンの横のチェックボックスをオンにします。
  5. [編集] メニューで [地域] を選択します。
  6. 表示されるボックスで、選択したキャンペーンのターゲット地域を追加するか、既存のターゲット地域を置き換えるかを選択します。
  7. 入力欄に地域を入力します。地域を 1 つ入力すると、入力欄が新たに開くので、さらに地域を追加することができます。
  8. オプション: [変更をプレビュー] をクリックして、地域がどのように変わるのか確認することをおすすめします。
  9. [変更] をクリックします。

ヒント

キャンペーンの設定タブで [フィルタ] をクリックすると、指定した条件に一致するキャンペーンのみを表示できます。特定のキャンペーンを一括で変更する場合に便利です。

特定の地点を中心とした一定範囲をターゲットに設定する

範囲を選択する

範囲をターゲットに設定する際は、その範囲内に含まれる地域([このターゲット内の場所])のリストが表示されます。このリストに表示された地域がターゲット地域として想定した地域かどうかを確認してください。狭い範囲をターゲットに設定すると、広告が表示されにくくなる場合があるのでご注意ください。これは、狭い範囲をターゲットに設定すると、ターゲッティング条件にそぐわなくなる場合があるからです。範囲内の都市や地域を個別に選択してターゲットを絞り込むことも可能です。

  1. AdWords アカウントにログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. 編集するキャンペーンの名前をクリックします。
  4. [設定] タブをクリックします。
  5. 地域の横にある [編集] をクリックして、[検索オプション] をクリックします。
  6. [半径を指定] をクリックします。半径を指定
  7. 半径の中心地点の住所を検索ボックスに入力します。ターゲットに設定する半径を入力し、プルダウン メニューから単位を選びます。半径を指定
  8. [検索] をクリックします。指定した半径が地図上に示されます。半径を指定
  9. 適切なターゲット範囲を指定できているかどうかを地図で確認します。問題がなければ、[追加] をクリックしてターゲット範囲を追加します。[すべて追加] をクリックすると、ターゲット範囲を追加する代わりに、指定した半径に含まれる個々の地域をすべて追加することができます。広告を表示するエリアを絞り込みたい場合は、[このターゲット内の場所] リストから特定の場所を選んでターゲットに設定したり、ターゲットから除外したりすることができます。ただし、範囲が小さすぎる地域や、データが十分にない地域では、リーチを表示できない場合があります。半径を指定
  10. ウィンドウの下部にある [完了] をクリックします。
  11. [保存] をクリックして設定を保存します。
ターゲット地域の候補について

ターゲット地域の設定を編集する際には、ターゲットの候補となる他の地域が自動的に表示されます。提案された地域を確認して、有効かどうかを検討することができます。

ターゲット地域の候補:

  • 次を含む地域: 選択した地域を含むより大きな地域が、[次を含む地域] として表示されます。この拡大地域を追加すると、より多くのユーザーに広告を表示できます。
  • 関連する場所: 入力した地名の近隣地域や同じような地名の場所、同じような地名の場所のある地域が関連地域として表示されます。関連する場所は、キャンペーンに追加するか、キャンペーンから除外することができます。
  • 付近の場所: リストアップされた場所の名前の横に、[付近] というリンクが表示されることがあります。付近の場所とは、文字どおり近くにある場所のことで、キャンペーンのターゲットに追加したり除外したりできます。

地域グループ

地域グループでは、ユーザーがよく訪れる場所の種類やその地域のユーザー属性に基づき、特定の顧客にアプローチできます。また、住所表示オプションを使用して、ビジネスの拠点、またはその付近にいるユーザーを対象とすることもできます。[地域グループ] タブは、[設定] タブで地域の横にある [編集] をクリックしてから、[検索オプション] をクリックすると表示されます。

対象場所をターゲットに設定する方法

対象場所をターゲットに設定し、空港、大学、繁華街にいるユーザーにアプローチします。

個別の空港や大学をターゲットに設定する

単一の空港をターゲットに設定するには、空港コードまたは正式な(略称でない)空港名と国名(例: サンフランシスコ国際空港, アメリカ合衆国)を指定します。AdWords でターゲットに設定できる空港の全一覧をご覧ください(ターゲット タイプで「空港」を選択してください)。

単一の大学をターゲットに設定するには、略称でない正式な大学名を入力します。

特定の地域に存在するすべての空港、繁華街、大学をターゲットに設定する

  1. https://adwords.google.co.jp から AdWords にログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. 編集するキャンペーンの名前をクリックします。
  4. [設定] タブをクリックします。
  5. 地域の横にある [編集] をクリックして、[検索オプション] をクリックします。
  6. [地域グループ] をクリックします。
  7. [地域グループのタイプを選択してください] をクリックします。
  8. [対象場所] に、ターゲットに設定する対象場所を入力します。
  9. [タイプを選択] をクリックして、空港、繁華街、大学のいずれかを選択します。
  10. [追加] をクリックします。
  11. ウィンドウの下部にある [完了] をクリックします。
  12. [保存] をクリックします。
ユーザー属性別地域をターゲットに設定する方法(現在は平均世帯収入のみ)

ユーザー属性別地域をターゲット設定すると、地域の平均世帯所得の概算額に基づき、特定のユーザー グループにアプローチできます。US Internal Revenue Service(IRS)が一般公開しているデータによる平均世帯所得をもとに、地域をターゲット設定できる機能です。この機能は現在アメリカ国内の地域でのみ利用可能です。

利用可能な世帯収入の階層(アメリカのみ)

  • 下位 50%
  • 31~40%
  • 21~30%
  • 11~20%
  • 上位 10%

ユーザー属性別地域のターゲット設定の手順

  1. https://adwords.google.co.jp から AdWords にログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. 編集するキャンペーンの名前をクリックします。
  4. [設定] タブをクリックします。
  5. 地域の横にある [編集] をクリックして、[検索オプション] をクリックします。
  6. [地域グループ] をクリックします。
  7. [地域グループのタイプを選択してください] をクリックします。
  8. [ユーザー属性別地域] に、ターゲットに設定する地域を入力します。
  9. [タイプを選択] をクリックしてから、[平均世帯収入額] または [平均世帯消費額] をクリックします。
  10. [追加] をクリックします。
  11. ウィンドウの下部にある [完了] をクリックします。
  12. [保存] をクリックします。

 

ユーザー層別の地域や関心のある場所のターゲット設定

ユーザー層別の地域や関心のある場所のターゲット設定を利用する場合は、最も多くのユーザーに広告を表示できるよう、同時により幅広いエリアもターゲットに設定することをおすすめします。その上で、ユーザー層別の地域や関心のある場所に対して地域に基づく入札単価調整を設定すると効果的です。たとえば、ニューヨーク州の平均収入の高い地域のユーザーに広告を表示したい場合、ニューヨーク州全体と州内の高収入エリアの両方をターゲットに設定した上で、高収入エリアに対して +50% の地域に基づく入札単価調整を設定する方法がおすすめです。

高度な設定: 複数の地域を一括でターゲットに設定する

AdWords では、ターゲットに設定する地域のリストを追加できます。1 つのリストで最大 1,000 件の地域を指定できるため、この機能を使えば地域を 1 つずつ追加する必要がありません。このほかに、一括編集用のツールも用意されています。以下のリンクをクリックすると、詳細をご覧いただけます。

複数のターゲット地域を一括で追加する方法
  1. https://adwords.google.co.jp から AdWords にログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. 編集するキャンペーンの名前をクリックします。
  4. [設定] タブをクリックします。
  5. 地域の横にある [編集] をクリックして、[検索オプション] をクリックします。
  6. [地域の一括指定] をクリックします。
  7. ボックスに、ターゲットに設定する地域の名前(最大 1,000 個)を貼り付けるか入力します。1 つの国の中の地域であれば、複数まとめて追加することが可能です。ターゲットに設定できる地域の一覧をご確認ください。
    • 1,000 件より多くの地域をターゲットに設定する場合は、地域名の入力を繰り返します。たとえば、1,200 の地域をターゲットに設定したい場合、最初に 1,000 の地域を追加し、その操作を終えてから、残りの 200 件の地域を追加します。
    • 都市をターゲットにする場合は、国や都道府県名も省略せずに入力してください(例: 「千葉市、千葉県、日本」)。
  8. 追加した地域セットの国コードを選択します。
  9. 地域を入力したら、[検索] をクリックします。
  10. 検索条件に一致したすべての地域が確認パネルに表示されます。結果を確認してから、[一致した地域をすべて追加] をクリックして、検索条件に一致したすべての地域をターゲットに設定します。
    • 検索した条件に一致するターゲット地域が検出されなかった場合は、地域を入力するボックスにその旨が表示されます。
    • [一致した地域をすべて削除] を選択すると、確認パネル内だけでなく、既存のターゲット地域設定や除外地域設定からもすべての地域が削除されますのでご注意ください。
  11. 追加したターゲット地域が [選択されている地域] 欄に表示されます。
  12. [完了] をクリックします。
  13. 変更内容を確認したら、[設定] タブの [保存] をクリックします。

実際に試す

キャンペーンをまたいで複数の地域をターゲットに設定する方法

ターゲット地域のデータのテンプレート(CSV をダウンロード)

属性 仕様 サンプル値
Address line 1 ターゲット地域の完全な住所と正しい番地(全角 40 文字まで)。 緑区寺山町 1-1
Address line 2 建物名と部屋番号(必要な場合)(全角 40 文字まで)。 コーポ寺山 101
City ターゲット地域の都市。 横浜市
State/province ターゲット地域の都道府県。 神奈川県
Postal code ターゲット地域の郵便番号。郵便番号がゼロから始まる場合、スプレッドシートの形式の設定時に先頭のゼロを削除しないようにご注意ください。 2260013
Country 国コード。ISO 3166-1 alpha-2 の国コードも使用できます。 JP

地域ターゲティング表を使用すると、ターゲットに設定できるすべての地域とテンプレートで参照する方法を確認できます。

ターゲット地域のデータを作成、アップロードする

まず、オフラインでターゲット地域のデータを .csv、.tsv、.xls、.xlsx のいずれかのファイル形式で作成します。作成したファイルを、管理画面の [ビジネスデータ] セクションにアップロードします。

  1. AdWords アカウントで [共有ライブラリ] に進みます。
  2. [ビジネスデータ] で [表示] をクリックします。
  3. [+ データ] をクリックし、[ターゲット地域フィード] を選択します。
  4. データファイルの名前を入力します。
  5. [ファイルを参照] をクリックし、データファイルを添付します。
  6. [アップロード] をクリックします。
  7. アップロードしたデータにエラーがないかどうかを確認します。住所のエラーは 3~4 時間経過しなければ表示されない場合があります。

注: 現在、1 つのファイルでサポートされる地域は 10,000 個までです。地域が 10,000 個を超えるデータファイルでもアップロードすることは可能ですが、ターゲット地域は無効になります。そのため、こうした場合は地域数の上限内に収まるようにデータを分割し、複数のファイルを作成することをおすすめします。

AdWords API を使って、データ内の項目を取得、追加、更新、削除することもできます。アップロード エラーが発生した場合は、修正方法をご覧ください。

その他の一括編集オプション

キャンペーンで設定できるターゲット地域数の上限をご覧ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。