検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

請求額と 1 日の予算の関係

お客様の広告掲載の目標(クリック数やコンバージョン数など)を達成しやすくするため、2017 年 10 月 4 日より、キャンペーンの 1 日の平均予算の 2 倍まで広告を掲載できるようになります。

これにより、質の高いトラフィックが多い日には、1 日の予算の最大 2 倍の広告費用が使われる可能性があります。こうした日に発生した費用は、広告費用が 1 日の予算に満たない日との兼ね合いで 1 か月の費用全体として調整されます。

なお、実際に請求される額が 1 か月の請求額の上限を超えることはありません。この上限は、1 日の平均予算に 1 か月の平均日数(30.4)を掛けた額です。

インターネットのトラフィックは、日々変動します。このため AdWords では、トラフィックが少ない日にあまり広告が表示されなければ、トラフィックの多い別の日に、より多く広告を表示します。

1 日の予算の 2 倍の費用までの広告掲載を可能にしているのはそのためです。こうした 1 日の予算を超える額は、超過分と呼ばれます。このシステムは広告主様にとって損のない仕組みになっており、広告を表示しすぎて請求期間内の費用が 1 日の予算を基準とする額を超えてしまった場合は、その分の費用がクレジットとしてアカウントに付与されます。

超過分と 1 日の予算の関係

前述のとおり、1 日に発生する広告費用は、設定した 1 日の予算を少し上回ったり下回ったりすることがありますが、1 か月の請求期間全体で見ると、1 日の予算の 30.4 日分を超える請求が発生することはありません。

この数字についてもう少し説明しましょう。

30.4 というのは、1 か月の平均日数です(365 日÷12 か月=30.417)。AdWords では、1 日の予算にこの数を掛けることで、1 か月分の予算を計算しています。

たとえば 1 日の予算は 500 円、請求期間は 30 日間とします。1 か月の間に発生する費用は日によって異なり、200 円の日もあれば 1,000 円の日もあります。しかし月末に請求される額は、15,200 円(予算額の 500 円×30.4)を超えることはありません。つまり、キャンペーンの広告費用が日によって 500 円を超えたり下回ったりすることがあっても、1 か月の請求額は予算に応じた額に収まることになります。

インターネットのトラフィックの変動によって、1 日の費用は上下しますが、月末にお支払いいただく料金は、こうした変動の影響を受けることなく、ご希望どおりの金額となります。

超過分を確認する

1 か月の予算を超えて広告が掲載されることもあります。この場合、超過分の費用はクレジットとして払い戻されます。超過分の払い戻しが発生したかどうか確認する方法は次のとおりです。

ご利用中の AdWords がリニューアル版、従来版のどちらのバージョンかお選びください。詳細

  1. AdWords にログインします。
  2. 画面上部の [レポート] タブをクリックします。
  3. 画面左上の [既定のレポート] メニューをクリックします。
  4. [基本]、[超過分] の順に選択します。

超過分を計算するには、[掲載料金] から [請求額] を差し引きます。この計算を一括して行うには、レポートの右上にあるダウンロード アイコンをクリックし、.csv ファイルとして保存します。

デフォルトでは、データは日別に表示され、掲載料金順に並べ替えられます。特定の期間を表示する場合は、[日] フィルタを削除し、表の左上で期間を指定します。

2017 年 9 月 30 日より、[取引] ページの [ご利用の詳細] リンクが無効になり、掲載費用と請求額がアカウントのレポート セクションに表示されるようになります。超過分もそのレポートでご確認いただけます。

重要: 新しいレポート機能で遡ってご確認いただける過去のデータは、2015 年 9 月までのものに限られます。それより前のご利用の詳細を残しておく場合は、印刷機能を使ってこの情報を保存してください。

実際に試す

次のステップ

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。