費用対効果(ROI、投資収益率)とは

広告にかかった費用に対してどの程度の収益が得られたかを表す指標です。

広告によって得られた収益額から総費用を引き、その数値を総費用で割った値です。式で表すと、投資収益率=(収益額-総費用)÷総費用となります。

たとえば、原価が 1 万円の商品を 2 万円で販売するとします。AdWords で広告を掲載し、この商品を 6 個販売したとします。 総売上高は 12 万円で、AdWords で広告にかかった費用は 2 万円だったとすると、投資収益率は(12 万円-(6 万円+2 万円))÷(6 万円+2 万円)、つまり 50% となります。

投資収益率を測定するには、コンバージョン(商品の購入、申し込み、ダウンロードなど、広告をクリックした後でユーザーにウェブサイトで行ってほしい行動)を計測します。コンバージョンは、無料ツールのコンバージョン トラッキングGoogle アナリティクスを通じて計測できます。

投資収益率は一般的に、AdWords がもたらした実際の効果を表しているため、広告主様にとって最も重要な指標です。広告のクリック数やインプレッション数を知っておくことも有益ですが、ビジネスに対する広告の貢献度を把握することは、それ以上に大切です。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。