金融商品およびサービスに関するポリシーの更新(2020 年 7 月)

 

2020 年 7 月に金融商品およびサービスに関するポリシーが更新されました。これに伴い、インドネシア、イスラエル、ブラジルにおいて差金決済取引、ローリング スポット FX、金融スプレッド ベッティングの宣伝が許可されます。また、マレーシアでは、差金決済取引およびローリング スポット FX のプロモーションが許可されます。該当するサービスを提供する広告主様は、Google 広告で広告を掲載するために Google の認定を受けていただく必要があります。

Google の認定を得るには、広告主様は次のことを行う必要があります。

  • ターゲットとする国で、関連する金融サービス当局からの認可を取得する
  • 広告とランディング ページを、すべての Google 広告 ポリシーに準拠させる
  • 関連する法的要件(複雑な投機的金融商品に関連するものを含む)を遵守する

2020 年 7 月 16 日に申請フォームが公開され次第、Google に認定を申請できます。

このポリシーは、これらの金融商品を宣伝するすべてのアカウントに、世界の全地域で適用されます。詳しくは、制限付き金融商品の承認についてをご覧ください。

 

(2020 年 7 月)

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。