不実表示に関するポリシーの更新について(2020 年 7 月)

 

2020 年 7 月、Google は不実表示に関するポリシーを更新し、「クリックベイト広告」ポリシーを導入します。このポリシーの対象は、部分的な広告内容を意図的に表示し、残りのコンテンツへアクセスするようユーザーを促してトラフィックを増やすことを目的とした、扇情的またはクリックベイトの手法を使用したテキスト、画像を含む広告です。このポリシーが適用されると、次の広告は許可されなくなります。

次の広告は許可されません。

トラフィックを増やすためにクリックベイトの手法または扇情的なテキストや画像を使用する広告
例(すべての例を網羅するものではありません): 宣伝している商品やサービスに関する秘密やスキャンダルなどの扇情的な情報を教えると謳う広告。「詳しくはこちらをクリック」や「この驚きの事実を信じられますか」といった語句や類似の表現によるクリックベイト メッセージで、後に続く広告の内容をすべて把握するために広告をクリックするようユーザーに促す広告。商品やサービスを宣伝するために、明らかに加工された体の一部の拡大写真や犯罪者の顔写真、実際の事故や災害の写真を使用している広告。「使用前、使用後」の画像を使って、人体の大幅な変化を宣伝する広告。
 
否定的な出来事(死、事故、病気、逮捕、破産など)を取り上げて恐怖や罪悪感などの強い負の感情をあおり、すぐに行動を取るようユーザーを促す広告。
例(すべての例を網羅するものではありません): 被害を回避するために、商品やサービスの購入、申し込み、または利用停止をユーザーに促す広告。深刻な苦痛、痛み、恐怖、衝撃を描写して商品やサービスを宣伝する広告。
 

(2020 年 6 月)

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。