適格性の確認について

Google は参考用としてヘルプセンターの翻訳版を提供していますが、翻訳版の内容によって実際のポリシーが変更されることはありません。ポリシーに基づく措置は、公式言語である英語版の記述に沿って実施いたします。この記事を別の言語で閲覧するには、ページ末尾のプルダウン メニューから言語を選択してください。

安全で信頼できる広告エコシステムをユーザーに提供するため、Google は広告主様に 1 つまたは複数の適格性確認プログラムを完了するよう要請することがあります。Google が要請する可能性のある適格性確認プログラムの例を以下に示します。詳細なリストは、こちらからご確認いただけます。

また、広告主様は Google 広告ポリシーを遵守する必要があります。ポリシーに違反した場合

広告主適格性確認プログラム

広告主適格性確認プログラムは、身元確認とビジネス オペレーションの適格性確認をひとつのフローに統合したプログラムです。プログラムの対象となった広告主様には、いくつかの手順を完了していただきます。本プログラムでは、広告主様のビジネス内容や身元について、基本的な情報をご提供いただきます。確認手続きは 30 日以内に開始し、その後 30 日以内に完了する必要があります。

広告主適格性確認プログラムの対象に選ばれると、メールおよび管理画面内の通知でご案内があります。広告主適格性確認プログラムの詳細は以下のとおりです。

ビジネスの概要

広告主適格性確認プログラムの最初のステップでは、[ビジネスの概要] セクションで、広告主様の Google 広告アカウントとビジネスについて、いくつか基本的な質問をさせていただきます。質問の目的は、広告主様のビジネス内容に対する理解を深めることにあります。たとえば次のようなことをお伺いします。

  • 広告主様のビジネスが広告代理店かどうか
  • 広告の費用を支払っているのは誰か
  • 宣伝している商品 / サービスは自社のものか他社のものか
  • 広告主様の業種

このセクションの入力は、Google 広告アカウントに関係するビジネス オペレーションや広告手法について十分な知識を持つ、Google 広告アカウント管理者の方がご担当ください。回答の提出期限は 30 日後で、30 日目を過ぎるとアカウントが一時停止されます。詳細: アカウントの一時停止措置

[ビジネスの概要] でのご回答内容によって適格性確認の要件が決まり、追加の確認手続きのご案内があります。これには、広告主様の身元確認、ビジネス オペレーションの適格性確認、あるいはその両方が含まれることがあります。

広告主様の身元確認

[ビジネスの概要] での回答が完了すると、広告主様の身元確認プロセスまたはビジネス オペレーションの適格性確認プロセスにより、広告主様の正式名の確認を求められることがあります。この確認の対象は Google 広告アカウントの設定に応じて異なり、ご自身の所属組織、クライアント様の組織、あるいはその両方となることがあります(広告代理店にお勤めの場合)。身元確認が済むと、広告主様のお名前と所在地域を含む広告開示情報が生成され、以降掲載されるすべての広告に表示されます。透明性と広告開示について詳しくは、こちらをご覧ください。

この確認手続きは、正式な代表者(該当する Google 広告アカウント、広告の料金支払いを担当するお支払いプロファイル、あるいはその両方の管理者)の方がご担当ください。プロセス開始から 30 日以内に、この確認手続き、および要請のあったその他の確認手続き(該当する場合)をすべて成功させる必要があります。期間内に適格性確認の手続きを完了できなかった場合や、要件を満たすことができなかった場合は、アカウントが一時停止されます。アカウントが一時停止措置を受けるのは、30 日目が過ぎた時点で手続きを完了できていない、または要件を満たすことができていない場合のみです。詳細: アカウントの一時停止措置

身元確認手続きについて詳しくは、こちらをご覧ください。

ビジネス オペレーションの適格性確認

[ビジネスの概要] でのご回答内容に応じて、広告主様のビジネス オペレーションの詳細、たとえばビジネスモデル、ビジネスの登記情報、提供しているサービスの種類、ビジネス手法、宣伝しているもの(ブランド、商品、サードパーティ)との関係などをお伺いするとともに、裏付けとなる書類のご提出もお願いすることがあります(いずれも該当する場合のみ)。

プロセス開始から 30 日以内に、ビジネス オペレーションの適格性確認、および要請のあったその他の確認手続き(該当する場合)をすべて成功させる必要があります。期間内に適格性確認の手続きを完了できなかった場合や、要件を満たすことができなかった場合は、アカウントが一時停止されます。アカウントが一時停止措置を受けるのは、30 日目が過ぎた時点で手続きを完了できていない、または要件を満たすことができていない場合のみです。詳細: アカウントの一時停止措置

ビジネス オペレーションの適格性確認について詳しくは、こちらをご覧ください。

広告主適格性確認プログラムの選定基準

広告主適格性確認プログラムの対象となる広告主様は、たとえば次のような基準で選ばれます。

  • たとえば、広告活動や広告の内容が誤解を招き得ると見なされた場合に、適格性確認の対象に選ばれることがあります。Google 広告で宣伝されている商品やサービスの提供者を、ユーザーが把握できるようにするためです。
  • 透明性に関する Google の取り組みの段階的ロールアウトに伴い、最終的にはすべての広告主様が、Google の広告主適格性確認プログラム(上記の手順を含む)の完了を求められることになります。現在 Google では、これらの地域で登録された広告主様の身元確認をサポートしています。
  • ユーザーの保護を強化するため、たとえばブランド関連の検索や、不正・詐欺などの起こりやすい業種や業界(旅行関連サービス、カスタマー サポートや技術サポートのサービス、金融サービスなど)に関係する検索に対して広告を表示している場合に、広告主適格性確認プログラムの対象に選ばれることがあります。追加の確認手続きを完了するよう求められた場合、Google が制限している一部の検索語句を対象とした広告掲載において、キャンペーンのパフォーマンスに影響が出ることがあります。確認手続きを成功させると、キャンペーンのパフォーマンス改善に役立ちます(該当する場合)。
広告主適格性確認プログラムによるアカウントの即時一時停止

状況によっては、広告主適格性確認プログラムの開始と同時に、Google 広告アカウントを一時停止させていただくことがあります。この場合、プログラムを問題なく完了するまでは広告を配信できません。

アカウントが即座に一時停止されるのは次のような場合です。

  • 広告が Google 広告のポリシー(誤解を招く表現信頼できない文言不明なビジネスビジネス名の要件寄付金の募集デリケートな事象組織的な欺瞞行為など)に違反している疑いがある場合。
  • 広告掲載の手法やビジネス手法が原因で、ユーザーに物理的または金銭的な損害が生じるおそれがある場合。たとえば、不実表示を含む広告コンテンツ、金融商品やサービスの虚偽表示、許可されていないカスタマー サポート サービスを第三者の代理として提供することなどが挙げられます。
  • 広告主様が確認手続きを回避しようとしている疑いがある場合。
  • 広告主様の身元や広告掲載における行動が不明瞭と判定された場合。

適格性確認プロセスにおいて、広告主様のアカウントを一時停止する必要があるかどうかを判断する際には、複数の情報源(広告主様のビジネス手法に関する規制当局による警告または判断、なりすましや詐欺についてユーザーや企業などの当事者から寄せられた申し立てなど)から得た情報を参照することがあります。

適格性確認プロセスが成功すると、広告主様のアカウントは一時停止を解除され、Google 広告のポリシーに準拠した広告は配信できるようになります。適格性確認プログラムの要件を満たさないアカウントは、一時停止されたままとなります。

ご提供いただいた情報の用途

ご提供いただいた情報は次の目的で使用させていただきます。

  1. 広告主様の身元確認やビジネス オペレーションの適格性確認に使用します。
  2. 広告主様のお名前(代表者名または社名)と所在地域を含む開示情報を、該当アカウントから配信されるすべての広告にリンク経由で表示します。

詳しくは、透明性と広告の開示をご覧ください。

Google が取り組んでいる透明性の向上の一環として、Google 広告アカウントおよび広告キャンペーンに関する以下のような情報を公開することがあります。

  • 広告主名の変更履歴
  • 広告クリエイティブ
  • 広告が配信された日付と地域
  • 法的な理由またはポリシー違反により削除された広告および停止されたアカウント
  • ビジネスの連絡先情報

個人の連絡先情報、電話番号、メールアドレスは公開されません。

広告フォーマット別の開示方法

Google 検索では、「この広告主について」に開示事項が表示されます。

YouTube では、情報アイコン またはその他アイコン からアクセスできる「広告の表示について」に開示事項が表示されます。

Google と提携してディスプレイ広告を掲載しているウェブサイトやアプリでは、AdChoices アイコン AdChoices アイコン からアクセスできる「広告の表示について」に開示事項が表示されます。

留意点
  • 選挙広告を掲載する場合、国によっては選挙広告の適格性確認も完了する必要があります。
  • 広告主様が Google 広告ポリシーに違反しているか、確認プログラムで虚偽の情報を提出したことが判明した場合、確認ステータスは取り消され、アカウントが停止される可能性があります。
  • Google は、広告主様の身元確認やビジネス オペレーションの適格性確認を再度行う権利を有します(再確認が必要な場合には通知が届きます)。たとえばご利用の Google 広告アカウントに大幅な変更があった場合に、身元確認やビジネス オペレーションの適格性確認を再度お願いすることがあります。
  • Google はこれらの審査要件をいつでも更新できるものとします。

制限付きコンテンツ

Google ではユーザー保護のため、正当な適格性を有する広告主様のみに、ギャンブル、ゲームヘルスケア、医薬品金融商品や金融サービスといった規制対象の特定の業界に関連するコンテンツの宣伝を許可しています。Google のプラットフォームでこのようなコンテンツを宣伝される場合、お客様が地域の認可要件を満たしている証明として、適格性確認プログラムを完了していただくことがあります。また、追加の身元確認手続きが必要な場合もあります。

Google では、業界の変化や不正使用の傾向を考慮して定期的に広告ポリシーの見直しを行っており、特定のコンテンツに新しい適格性の確認要件を導入する場合があります。

広告のフォーマットと機能

広告の品質を確保するため、Google 広告の高度な広告フォーマットや機能(HTML5 広告ローカルサービス広告など)を利用できるように、広告主様に追加の適格性確認を完了していただくよう要請する場合があります。Google ではすべての広告フォーマットに対して、ポリシー違反や不正行為があるかどうか審査を行っています。また、特定の広告フォーマットへのアクセスに関して新たな適格性の確認要件を導入する場合があります。

広告主様の責任

Google 広告の利用規約に定めるとおり、Google 広告のご利用については広告主様が責任を負います。確認プログラムの一環として虚偽の情報を送信した場合、YouTube の広告掲載システムの回避に関するポリシーに違反していると見なされます。確認プログラムの一環として広告主様から提供された情報については、Google が最善を尽くして審査し確認していますが、広告主様のコンテンツや活動について保証する、または責任を負うものではありません。

ご不明な点がある場合

ポリシーについてご不明な点がありましたらお知らせください。Google 広告サポートに問い合わせる
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false